foods、drink

ほくほくなんてありえねー!湖池屋の「じゃがいも心地」が別格な件【おすすめポテチ】

じゃがいも心地

 

湖池屋の「じゃがいも心地」が別格な件

 

ポテトチップスは、そりゃーもう沢山の種類がありますが、その中でも、湖池屋が作っている「じゃがいも心地」は別格だと思うんですよね。

湖池屋のプライドをかけた、本当に、おいしいポテトッチプス製法、新プライドポテト製法で作られた、プライドポテトよりもうまいと思うんです。

 

確かに、じゃがいも心地は、他のポテチのパッケージと比べても、パッケージの見た目とか袋の素材が貧祖(言い過ぎ)に見えてしまうのですが、見た目と違って、かなりうまいんですよね。

高級感がないんですけど(言っちゃいけない)、味は抜群に美味いんです。

 

褒めているのか貶しているのか分かりませんが、ポテチ語るなら、これは外せない一品ですね。

人それぞれなのかもしれないですけど、湖池屋の中でもプライドポテトや、ストロングなどありますが、明らかに、じゃがいも心地の方がうまいです。

 

といいますか、ポテチの中で一番うまいと思います。

 

ポテチ自体のうまさが別格

じゃがいも心地のポテチ自体のうまさが段違い

 

何がそんなにうまいかって、ポテチ自体のうまさが、断然に違いすぎます。

○○味とか、あとでくっつける味で、うまさが変わるのは当然ですが、元々がうまいので、何味にしてもいいんじゃね?みたいなうまさがあるのが、「じゃがいも心地」なんです。

 

ポテチ自体といっても、じゃがいもの旨みだけの問題ではなく、見た目もそうですし、口に入れた時の舌触りだったり、噛み心地だったり、サクサクと頭に響く音だったりですね。

とにかく一口目のインパクトから凄いんですよね。

 

違いがこんなにもハッキリ分かるのかってくらい、違いが分かるのが、じゃがいも心地なんです。

何より本当に、食べることが心地いいんです。

 

食べてて気持ちがいいポテチなんて、そうそうないですよね。

舌触りが滑らかで、癒されますし、それに噛み心地までホクホクなんです。

 

ポテチでホクホクって、ありえないと思ってしまうんですけど、ほんとにホクホクなのでビビります。

食べた時の音は、サクサクとはしているんですけど、普通のサクサクではなくて、厚切りで、表面なめらかなせいなのか、ほくほくに感じるんです。

 

嚙み心地も、しっかりしている重めの食感でありながら、生の柔らかさや、みずみずしさを感じてしまいます。

それに、見た目も蒸かしたようなキレイな断面↓だったりするので、口に入れる前からうまい!みたいな。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>は、本当にうまいポテチ

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>は、のり塩味で一番うまい

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>ほくほくした食感がします

 

ポテチ自体が、そういう感じなので、うまさが段違いっていうのは、その土台の部分から全く違うからなんです。

食べている時の心地よさが違うので、じゃがいも心地って商品名自体が、うまい!って感じですね。

 

じゃがいもの、ホクホクとしたみずみずしさを感じられるので、まさに「PURE POTATO」です。

はじめて買ったときは、パッケージに「厚切りカットのほくほく感」って書いてあるのを見て、ポテチでほくほくはないだろうって思っていましたけど、見事にほくほくしていました。

 

とにかく、じゃがいも心地は、土台のポテチがうまいので、きっと何味でもうまく感じる気がします。

それに、湖池屋は、面白い組み合わせをしてきますからね。

 

飽きないですよね。

 

じゃがいも心地は、「塩」推し!?

 

じゃがいも心地は、サブタイトルに、なにかと塩を持ってくるんですよね。

サブタイトル=●●味

 

じゃがいも心地の5品中、4品が○○味に塩を入れてますからね。

塩にこだわってる感じもします。

 

サブタイトルに塩が多い

  • オホーツクの岩塩
  • 一番搾りごま油と岩塩
  • 瀬戸内青のりと天海の塩
  • 王道ポテトサラダ
  • ペペロンチーノソルト

 

それに、塩ばかり続くとイマイチだと思ったのか、英語まで使ってきています。

そのうちザルツとか、他の言語でいってくるかもしれませんので、要注意です。(何が!?)

 

担当者が塩好きなのか、ポテチの旨みを引きだすために、あえて塩にこだわっているのか。(後者だと思う)

もしくはポテチは、塩入れとけば、うまそうに感じるだろうって、思っているのか。(言いたい放題)

 

ポテトサラダも塩が入っているので、王道ポテトサラダと雪塩みたいな感じだったら、面白かったかもですね。(面白さを追求しているわけではない)

 

じゃがいも心地を食べるときは味わいたい

 

じゃがいも心地

 

一息つきたいときに食べると、よりおいしく感じますよね。

せかせか何かをしながらというよりは、リラックス時間に、ポテチのうまさを味わいながら癒されたいみたいな。

 

ゲームをしながらだったり、映画をみながらだったりとか、何かしながら食べるより、力を抜いているときに食べることで、より癒されますね。

口に入れた時の感覚を味わった方が、じゃがいも心地はお得だと思うんです。

 

リラックス時間を、さらにいい時間にしてくれると思いますよ。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>のパッケージ

 

シンプルな味と香りがたまらない!

間違いない完璧な心地よさと、安定の味ですよね。

 

ポテチでじゃがいもを味わうなら、塩が王道だと思います。

何もいうことないです。

 


 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>のパッケージ

 

土台のポテチ自体がうまい上に、青のりがうますぎる。

においを嗅いだ瞬間に分かるんですよね、あーこれは間違いなく美味いやつだって。

 

のり塩味の中で、一番うまいんじゃないですかね。

ほくほく食感に、のり塩ですからね。

 

ある意味最強です。

これ食べると、たくさんあるのり塩の中で、どののり塩にしようかって、迷わなくなります。

 


 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>のパッケージ

 

ごま油の香ばしい匂いで、食欲が上がりますよね。

それに、ポテチの見た目が一番ピュアな感じがします。

 

すごくキレイで、うまそうに見えるんです。

今、蒸かしたんじゃないかって思えるくらいの、ほくほく感が見た目からも味わえますよ。

 

ごま油は、結構香りも味も強いので、それだけの味に染まりそうな感じがしますけど、さすがじゃがいも心地です。

ポテトの旨みも十分に分かるようになっています。

 


 

まとめ

 

まとめる必要があるのか分かりませんが、とにかく土台のポテチがうまいので、これ食べてれば問題なし!って感じです。

いろいろなポテチを、食べ比べてみれば違いが分かりますよ。

 

ん~どっちがうまいかな?ではなく、これがうまい!ってハッキリわかります。

といっても、今後はもっとうまいのが出るかもしれないので、現時点ではって感じですね。

 

好みの問題もありますが、一度は食べておいて損しないので、おすすめです。

ポテチのほくほく感を味わってみては、いかがでしょうか。

 

残念ながら、まだ王道ポテトサラダと、ペペロンチーノソルトは食べれていませんが。

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ