foods、drink

ポテチではなく、にんにくです。カルビーの極じゃが<塩と揚げにんにく味>レビュー感想

極じゃが<塩と揚げにんにく味>パッケージ

 

「ごく(極)じゃが」かと思っていましたけど、「きわ(極)じゃが」でした。

多分ですが、表面が極みカットという波型なので、きわじゃがなんだと思います。

 

詳細は分かりませんけど。

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>

 

開封時の香りは、ニンニクがかなり強烈です。

ポテチとは思えないくらいに、完全にニンニクですね。

 

見た目はポテチ、中身はにんにくって感じで、香りだけではポテチとは判断できないと思います。

この極じゃがを、会社や室内の公共空間で食べる勇気はありませんね。笑

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>は、にんにくの香りが強烈

 

見た目は、にんにくチップっぽく、割れて小さくなっているものが多い気がします。

実際は、ギザポテチ1枚を、さらに縦に切って食べやすくした形になっていますけど。

 

それに、厚みがあって堅めで、波切りされた極みカットをほどこされています。

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>波切りされた極みカット

 

食べてみても期待を裏切りませんね。

ニンニクとしか思えないくらい、強烈なにんにくです、いやポテチです。

 

とにかくすごいです。

これを普通とかいう人は、日ごろから食べなれた人だと思いますね。

 

時々食べる程度の私からすると、強烈に感じます。

ニンニクをサクサクに揚げたら、こんな感じなんだろうなって感じがします。

 

ですから、一枚の満足感は半端ないです。

若干、喉にくるくらいの、強烈なパンチ力がありますよ。

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>喉にくるくらいの、強烈なパンチ力

 

それに、厚切りってだけあって、歯応えは、ゴリゴリと力強いですね。

強烈なニンニクに負けないくらいの、力強さがしっかりあります。

 

それに加えて極みカットなので、さらに食べてる感を感じることができます。

ポテチ自体の味わいとしては、本当に本当に極微かですけどね。

 

といいますか、ほとんど、分かりません。笑

とにかく、ポテチではなく、にんにく食べてるといっても、全く違和感ないです。

 

小さな割れポテチ一枚食べるだけで、口の中は完全にニンニク臭になりますので。

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>は、欠片一つで、口の中は完全にニンニク臭

 

そして、その強烈なにんにくに、塩がまたいい感じで効いてるんですよね。

いい感じといっても、中途半端さは、全くないですよ。

 

にんにくに対して、いい塩加減なので、バチッときまっています。

濃いめの味に仕上げているって書いてあるんですけど、ここまでとは…って感じですね。

 

中途半端さは全くないので、にんにく好きな人も納得する味になっているかと思います。

ちなみに、食べているときは、にんにく臭がすごいですが、食べ終わっていっときすると、匂いがそこまで残っていない気がします。

 

あくまでも気がするだけで、近くにいる人にとっては、どうだか分かりませんけど…。

 

原材料やカロリーなど

極じゃが<塩と揚げにんにく味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、デキストリン、ぶどう糖、にんにくパウダー、たん白加水分解物(大豆を含む)、酵母エキスパウダー、赤唐辛子/調味料(アミノ酸等)、香料(乳成分・ごまを含む)、酸味料、酸化防止剤(V.C)

 

栄養成分表示 1袋(30gあたり)はこちら

エネルギー163kcal、たんぱく質1.9g、脂質9.9g、炭水化物16.5g、食塩相当量0.2g

 

極じゃが<塩と揚げにんにく味>

 

ポテチとは思えない、にんにくぶりです。

元気がでそうなくらいの、味わいになっていますよ。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ