本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

ONE PIECE(ワンピース)実写版でのコビーの入隊がゆるすぎる件

ONE PIECE(ワンピース)実写版でのコビーの入隊がゆるすぎる件

ワンピース実写版の1話で、ルフィーとともに、アルビダの海賊船から、海軍第153支部のある、シェルズタウンに向かったコビーですが、2話では、すでに海軍に入隊し夢をかなえています。

1話でも、海軍とのかかわりが一切描かれていないコビーが、漫画と違って、どうやって入隊できたのかといえば、ルフィーたちに、ピストルを向けていたヘルメッポを、コビーが殴って、気絶させたことが入隊へのきっかけになっているみたいです。

 

海軍への入隊きっかけ

コビーがヘルメッポを殴って気絶させる

 

何それ!?って感じがしますが、モーガン大佐がガープに説明している内容から、海賊からヘルメッポを助けたという形で、うまくおさまっている感じなんですよね。(うまくおさまって?いるように感じるのかは、人それぞれかもしれませんが…)

ですから、海軍に入隊する基準は一体、どうなっているんだ!?って話になると思います。

 

海賊から助けたことにするだけで、誰でも入れる海軍って…、みたいな感じに思った人もきっと多いと思うんですよね。

 

偉い人間がやることは、すべて正しい

斧手のモーガンは、偉い人間がやることは、すべて正しいと思っているような男です。

ですから、海軍第153支部では、モーガンこそが絶対で、なんでもありだったことから、そういった入隊が可能だったのだと思うしかありません。

 

助けた相手が、一応モーガン大佐の息子だったので、大佐の一存で、簡単に海軍へ入隊できたってことなんだと思います。(多分)

ただちょっと疑問なのは、モーガンは息子を大事にしている人物とはいえないので、息子を助けたという理由だけで、入隊を許すのかは疑問です。

 

コビーの入隊に、納得できるようなストーリーがないので、原作ファンとしても、ちょっと悲しい感じが出てくるかもですね。

自らの強い信念で、勝ち取るような入隊とはなっていないので、ちょっと残念ですが、実写では迫力に欠けたモーガンでも、支部の中では、やはり権力が強いってことで納得する感じでしょうか。

 

コネ入隊みたいな、そんな感じになっているのかなと、思わざる負えないのかもしれません…。

 

なぜかガープにまで気に入られている

そんなコビーですが、ガープ中将に気に入られた理由も、よくわかりません。

海賊船で働いていたコビーの、船乗りとしての能力をかっているみたいなので、能力がないわけでもないですし、いい感じでおさまっているのかなとは思いますけど、なぜそこまで?って疑問が消えないわけではないですね。(何目線!?って感じなコメントですが…)

 

ただ、ガープが真面目過ぎる気がしてなりません。

自由人な雰囲気が全くなく、海兵としてまともで、真面目な部分しか出していないので、序盤では、こんな感じだった気がしなくもないって感じですが、ガープのシーンがわりと多いだけに、そんな気がしてしました。

 

ガープの魅力が出てくるのは、この先にまっているのかも?って感じですね。

 

リアルコビーの成長を気にしてしまう件

 

それにしても実写版で、よく思います。

コビーが、めちゃくちゃ似すぎていると。

 

実写キャラクターの中で、漫画と遜色ないくらい似ている一人がコビーですが、海軍の制服を着た姿や、帽子をかぶった時の見た目は、もうコビー以外の何物でもないくらいのクオリティです。

しかも立ち振る舞いが、うますぎますよね。

 

ですから、コビー役が、リアルで成長して変わってしまう前に、続編もバンバン制作してほしいと願ってしまいます。

 

無料期間のある7つも含めVODの魅力を徹底解説
現実を忘れる映画・アニメ【見放題】のVOD(動画配信サービス)12社比較したおすすめ

5年以上、「毎月複数の」動画見放題サービス(VOD)を、継続して契約中です。(常に契約しているのは現在4つ) 毎日、隙あらば(トイレでも)視聴してしまうくらいの、動画見放題サービス中毒なので、どこの見 ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス