本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

映画-累で本当にひどいのは誰!?演技力のなさを裏付けるダメ押し


 

映画-累は、簡単にいってしまうと、2人の女性が顔を奪い合う物語です。

欲に目のくらんだ、二人の女の醜い争いが前面にでていますので、どちらが悪いのか?って考えてみるのも面白いかもですが、実際のところ、どちらも大して悪くありません。

ってことを解説してみました。

 

映画-累(かさね)のあらすじ

 

顔にひどい傷のある淵累(ふちかさね)(芳根京子)は、大女優の娘だけあって、女優として人を惹きつける演技の才能があります。

かたや、圧倒的な美貌を誇る丹沢ニナ(土屋太鳳)は、女優でありながらも演技に難があるのです。

 

そんな2人が、不思議な能力をもつ口紅によって、顔を入れ替えることになってしまったらどうなるのか!?

圧倒的な美貌を誇る丹沢ニナの顔で、人を引き付ける圧倒的な演技をする淵累という、2人で1つの完璧な女優が誕生するのですが…。

 

2人の利害が一致するけど…

女優の丹沢ニナは、演技もそうですが、健康面でもマイナスな特異体質をしています。

そこでニナは、累の演技力を利用し、自分では何もせずに、大女優への階段を駆け上り、名声を高めていくことになります。

 

一方で累は、ニナの顔を使うことで、表舞台に立つことができ、自分を表現し認められる世界へと、足を踏み入れることができるのです。

そんな利害の一致していた2人ですが、顔が入れ替わっていくうちに、心に変化が表れてくるのです。

 

後半では、累を利用していたつもりが、いつの間にか累に、人生を奪われていくような気になり、怖くなったニナは、自分の人生を取り戻そうとします。

そして累は、自分を表現できる世界を知ってしまったがために、元に戻りたくなくなっていくのです。

 

自分を取り戻したい高飛車で偉そうな丹沢ニナ(土屋太鳳)

VS

元の生活に戻りたくない、顔にコンプレックスのある、大人しい淵累(芳根京子)

 

この2人は、顔をめぐっての争いに発展していくのです。

 

一体どちらが酷い女なのか!?

労せず女優として成功していくニナと、努力してニナを大女優へと持ち上げていく累。

この点に関しては、人それぞれ思うところがあるんでしょうけど、実際本当にひどいのは誰!?と考えた時に、ある一人の人物が浮かび上がってくるのです。

 

映画-累で一番ひどい奴ネタバレ

 

丹沢ニナは、顔はよくても演技力が皆無です。しかも特異体質なので、女優としてやっていけないことを分かっています。

累は自分の顔の傷によって、やりたいこともできずに虐げられている人生を送っています。

 

そんな2人のコンプレックスを利用して、2人を裏で操ったのが、浅野忠信さん演じる羽生田釿互という男です。

そもそも羽生田釿互が画策しなければ、2人は顔をめぐって、争いをすることはなかったはずなんです。

 

それに、累とニナは、利害の一致で入れ替わっていましたが、途中から2人とも、元の生活に戻そうとします。

ですが、羽生田はそのたびに、2人を説得し、たきつけているのです。

 

そんな羽生田の言葉に乗せられた方も悪いと言えば悪いのですが、2人の弱い部分を、たくみについて誘導している、羽生田釿互が元凶なのは間違いないです。

しかも、その理由が、累の母(淵透世)、伝説の女優の演技をもう一度見たいという理由で、2人の人生を狂わせているんですから、この人悪いなぁって感じですよね。

 

映画-累の面白さは、2人の争いは、どんな結末を迎えるのか?

という点も面白いのですが、深堀りしていくと、もっと面白くなります。

 

そしてさらに、本当に羽生田釿互が元凶かというとそうでもありません。

そもそも、累の母、淵透世が娘の累に、口紅を渡してしまっていることが問題です。

 

しかも累の母は、累がニナの人生を奪うだいぶ前から、人の人生を奪って大女優となっています。

拘束・監禁までして。

 

累の母が一番ヤバイ人ってことになりますが、そこまでやれる狂気があるからこそ、大女優になれたって部分もあるかもしれません。

 

そうなってくると、元々の淵透世の顔にも興味がわいてきたりするんですよね。

それに、一体淵透世は、どこで口紅を手に入れたのか?ってことも気になってしまいます。

 

そんな謎の多い物語ですが、まとめると、累とニナの争いの元凶は、羽生田釿互ではなく、母親の淵透世でもなく、口紅、もしくは口紅をつくった人?神?ってことになります。

口紅の力が人を狂わせているのですから、元々なければこんなことにはなっていませんので。

 

映画-累のどうでもいいけど気になる部分

 

この映画を見ていると、とてもしょうもないけど、どうにも気になってしまう部分があります。

それは、そもそも口紅は、淵透世の時代から?使っているはずです。

 

ということは、そんなに使い続けていて、口紅はなくならないのか?って部分が、非常に気になってしまいます。

もしかすると、口紅がなくなって終わる…なんて結末もあるんじゃ…とか、途中考えてしまったくらいです。

 

顔を入れ替えてしまうくらいの謎な口紅なので、減らないんだろうなって無理やり思うしかなかったのですが、気になってしまった部分の一つです。

 

丹沢ニナの演技力が、どれほど酷いのかを裏付けるダメ押し

ニナに演技力がないのは、映画の冒頭にて、舞台での演技シーンで分かります。

ほぼ棒読みです。(この演技をする土屋太鳳さんの演技力がすごい)

 

これだけでも、演技の才能が壊滅的なのは分かるのですが、後半、さらにダメ押しとばかりに、ニナの演技力のなさが暴露されます。

シリアスなシーンなんですけど、思わず笑ってしまうくらいに面白いです。

 

ニナは累に一泡吹かせようと、特異体質を利用して寝たふりをしています。

が、それですら累に見破られてしまっているんです…。

 

寝たふりすらもできていないんですよニナは。

一体、どれだけ演技の才能がないのかってことが、ダメ押しされているんです。

 

もっとちゃんと寝たふりが出来ていたならと思うと、考え深いものがあるんですよね。

世の中、誰しも演技をしていたりする部分もありますけど、そんな演技力を上げれば、人生もっといい方向に変わるかもしれないと思わされる映画です。

 

同じ内容のことを話していても、話し方一つで相手への印象がすごく変わりますよね。

そういった点で損をしているなら、演技力を高めてみるのもいいかもしれません。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス