エンタメでリラックス

ツッコんだら負け!?メンインブラック(MIB)インターナショナルのレビュー


メン・イン・ブラック : インターナショナル (吹替版)

MIB(メン・イン・ブラック)は、ド派手な組織

 

メン・イン・ブラックというのは、地球に住むエイリアンの起こす問題を、ド派手に人知れず解決したりする、地球外生命体専門の、誰にも知られていない謎組織です。

やることなすこと、結構ド派手なんですが、誰にも知られていないのは、見られたら人の記憶を、バンバン消して操作してしまうからなんですよね。

 

ド派手に解決して、人知れずというところが、矛盾していますが、それを可能にする技術を持っています。

武器から何から軍より、ヤバイ組織なんです。

 

ソレスタルビーイングみたいに、戦争に介入すれば、いいんじゃね?みたいな組織なんですよね。

そんな組織を今回、突き止めてしまう猛者が出てくるのです。

 

メン・イン・ブラックを突き止める猛者

 

エイリアンやメン・イン・ブラックの職員(エージェント)を見てしまうと、記憶を消された上に、記憶操作をされることになります。(文字面だけみると、ヤバイ組織ですね)

にもかかわらず、その記憶操作から逃れた少女が大人になり、メン・イン・ブラックを突き止めてしまのです。

 

記憶を消されなかったからといって、探し出せるような組織ではないのですが、相当努力して考えたんでしょうね。

エイリアンあらわるところに、メンインブラックありということです。

 

誰も知らない組織なので、組織に入るためには、スカウトされなければいけませんが、スカウトされるのではなく、自ら探し出して入ってしまうのです。

その少女だった子が、今回地球を救うんですね。

 

見どころがストーリーと別にある

 

メン・イン・ブラックの見どころって、さまざまなエイリアンが出てくるので、その辺も捨て難いのですが、個人的には武器やら、乗り物だったり、ギミックが楽しみなんですよね。

もう、ストーリーが、よく入ってこなくなるくらい、ギミックに注目してしまうのですが、それがまた楽しいのです。

 

あれ?どんな内容だったっけ?みたいな。

今何してるんだったか…、あーそうそうって感じで、注目すべき点が、あちこちに飛んでしまうんですよね。

 

何が出てくるのかが、楽しみになってしまって、思考がかき回されるびっくり箱みたいな感じです。

だからなのか、ストーリーは単純なんですよね。

 

よく分かってらっしゃるって感じです。

それに、トランスフォーマー並の変化も見どころです。

 

電車?新幹線?の変形や移動速度も尋常ではないですし、バイクも浮いてますし、空飛ぶしで、なんでもありですね。

 

エージェントは諦めのよさが必須

 

どこに武器を仕込んでるのってくらい、ありえない所から、そこら中から、武器が出てきたり、なぜか初見のエージェントが、その武器を扱えたりと、不思議がたくさんありつつ、なんか笑えるのは、エージェント自身が諦めているからなんですよね。

そんなさまざまなギミックに、メン・イン・ブラックのエージェントは、通常ではありえないような出来事があっても、あたかもそれが当たり前だったみたいな諦め感を出すんです。

 

いちいちびっくりするのが、アホらしくなってしまっているのか、諦めているのか(呆れともいう)、そこが面白いんですよね。

普通なら、え?みたいな、ありえないでしょ!とか、何それ!みたいな感じで、いちいち突っ込んだり、驚いてしまうようなことも、その驚くことが多すぎて、それに反応することを諦めています。

 

メン・イン・ブラックという組織なら、仕方ないみたいな。

諦めというか、呆れなのかもしれませんけど。

 

そういう場面が多すぎて、笑えます。

その受け入れ感が、面白くでているんですよね。

 

諦めが早いことが、メン・イン・ブラックのエージェントになれる、資格なのかもしれないということです。

いちいち驚いていたら、務まらないでしょうからね。

 

切り替え早く、あきらめて現状を受け入れ、流れに身を任せないと、理解が追いつかないので、務められなさそうです。

普通や常識が、全く通じないようなことが、起こりまくりますからね。

 

そんなメン・イン・ブラックの職員、エージェントは、アルファベットて呼ばれていて、今回出てくる主なエージェントは、ハイTとHとM、ときどきCです。

 

突っ込んだら負け?

 

黒のスーツに黒の車、黒のサングラスに黒のネクタイと、メン・イン・ブラックと言うだけあって、エージェントたちは黒でバッチリきめているのです。

それが、メンインブラックなのです。

 

闇に紛れて暗躍する組織みたいな感じで、かっこいいですよね。

目立ってはいけないとなっていますが、逆に目立っていますけど。。

 

そんな黒基調のかれらですが、なぜか、武器やニューラライザーは、黒ではなくシルバーなんです。

時計も文字盤は黒ですが、周りはシルバーですね。

 

なぜに、そこは黒じゃないのかって、ツッコミたくなるのですが、そこはツッコんでしまうと、負けてしまうような気がします。(なんの勝ち負けかしりませんけど)

ですから、その辺は流しましょう。

 

レクサスがかっこいい

エージェントの乗るレクサスが、カッコよすぎます。

レクサスが何台も出てきますが、またこれがメン・イン・ブラックの世界観にあってるんですよね。

 

もうこの車しかないでしょって感じです。

しかも、作中のレクサスは空飛びますからね。

 

そのうち、リアルレクサスも空を飛ぶ時がくるんでしょう、きっと。

レクサスの宣伝効果は抜群なのですが、よくよく考えると、目立ってはいけないなら、軽で良さそうなんですよね。(そこもツッコんでは負けます)

 

今回、船も出てきますが、それもレクサスだったら、もっと良かったかもですね。

 

動画視聴サービス

 

アニメは無料動画よりもコスパのいい動画配信サービス
【おすすめ動画視聴6選】映画やアニメの無料動画配信サービスの価格とメリット、デメリット

  見たいアニメが見つかった時に、このアニメを無料でみれるサイトはないかな? って探すじゃないですか。   でも無料サイトを探すほうが、コスパが非常に悪いです。 どうしてもアニメ動 ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ