foods、drink

味も香りも、非常に優しい明治ヨーグルトLG21レビュー

明治ヨーグルトLG21のパッケージ

 

LG21は、発売から21周年ということで、期間限定の復刻デザインで販売されています。

わたし的には、こちらのデザインの方が好きですね。

 

中身は変わらないから、デザインなんてって思う人もいるかもしれませんけど、毎日LG21を飲んでいる人にとっては、変化があっていいかもですね。

それにデザインで、売れ行きが大きく変わったりするので、これが侮れないんですよね。

 

明治プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ 112ml

 

ヨーグルトなんて、どれも同じって感じがしますけどね。

全く違います。

 

明治ヨーグルトLG21は、クセがなく非常に優しく飲みやすい

 

ほとんどR-1を毎日飲んでいるので、どうしてもR-1との比較になってしまいがちですが、LG21はクセがなく、非常に飲みやすいヨーグルトです。

クセがないので、ヨーグルトが苦手な人でも、LG21なら手軽に、腸活を始められそうな感じがするんですよね。

 

LG21ヨーグルトの、何がそんなに飲みやすいのかといいますと、味も香りも、非常に優しいんですよね。

どちらかといいますと、ジュースよりの味になっています。

 

酸味もほとんどなくて、甘いので、抵抗なく飲めてしまうんです。

ヨーグルト特有の酸味のある、キリッとしたスッキリするような飲み心地というよりは、まったりゆったりとした飲み心地なんです。

 

ジュース寄りといっても、そこまで甘くはないのですが、優しく疲れが癒されるくらいの甘さなので、ジュースみたいに、糖分が頭にガツンと刺激を与える感じではないって感じですね。

疲れている時なんかに、ゆったり癒されていくような甘さでしょうか。

 

優しい感じで、一息つけるみたいな味になっています。

それに非常にいい味していますよ。

 

ヨーグルトの場合は、味も大事ですが、せっかく飲むなら機能性も気になるところですよね。

体に良さそうだからって理由で、飲んでいる人も多いと思います。

 

LG21の乳酸菌とは、どんなもの?

明治ヨーグルトLG21の乳酸菌

LG21は、明治のプロビオヨーグルトのカテゴリーに入っているヨーグルトです。

プロビオというのは、明治が長年、乳酸菌について研究してきた中で得た成果から、ヨーグルトの新たな健康価値を創造する、商品につけられている名称です。

 

そんなプロビオヨーグルトの中の、LG21ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃で働く乳酸菌として、選び抜かれた乳酸菌になっています。

 

胃で働くとは?

パッケージにも書かれている特徴はこちらです。↓

胃で働く乳酸菌とは、“胃で生き残る力が強く、胃での増殖性が高い”という特徴を「働く」と表現しています。

という特徴があるみたいなんです。

 

通常の乳酸菌は、胃酸に負けてしまうのですが、LG21乳酸菌は胃でも生き残ることができるだけでなく、胃での増殖性にも優れているんですね。

そんな乳酸菌を、2500種類の中から、約2年かけて見つけたみたいで、「21世紀への希望」という想いも込められているそうですよ。

 

そんなヨーグルトを手軽にとれるんですから、気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

原材料やカロリーなど

明治ヨーグルトLG21の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖/安定剤(ペクチン)、茶抽出物、香料

 

栄養成分表示 1本(112mlあたり)はこちら

エネルギー78kcal、たんぱく質3.5g、脂質0.7g、炭水化物14.4g(糖類13.2g)、食塩相当量0.12g、カルシウム128mg

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ