foods、drink

これは…食べないと損する味。湖池屋Theのり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>がうますぎる

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>パッケージ

 

紙パッケージは、やっぱり触り心地からして、全然違いますね。

見た感じも触った感じも、高級感があります。

 

それに写真では分かりにくいかもですけど、パッケージが結構大きいので、目立ちます。

パッと見た瞬間、買おうって思ってしまう、見た目からして美味しさが漂ってくる感じのデザインです。

 

それに、やってくれましたよ湖池屋さん。

ほとんどのポテチを食べてきた中で、湖池屋の「じゃがいも心地」が、ポテチでナンバーワンだと思っていましたけど、KOIKEYA The のり塩は、それに匹敵する美味さがあります。

 

といいますか、超えてるような、とにかく悩んでしまうくらい、とにかくうますぎです。

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>レビュー感想

 

開封時の香りとしては、カラッと揚げた、ポテチ中心の香りになっています。

ですから、のり塩の感じが、非常に落ち着いた雰囲気なんですよね。

 

そこに若干、唐辛子っぽい辛さの匂いも含まれているので、余計に落ち着いている感じがします。

それに磯っぽい感じの海苔感になっていますね。

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>のり塩の感じが、非常に落ち着いた香り

 

味は、完璧に間違いない味です。

もう、「うまぁ~」って感じですよ。

 

非常に落ち着くうまさがあります。

「うまっ!」ではなくて、「あーこれ、めちゃくちゃうまいやつじゃん」って、心の底からにじみ出てくるうまいが、口から自然とこぼれてしまいます。

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>心の底からにじみ出てくるうまさがある

 

これは、絶対食べた方がいいですね。(絶対なんて言葉は、ほぼ使わないのですが…)

間違いないなくうまいやつです。

 

それに、サクサク感が、非常に落ち着いています。

しっとりとしていて、優しい噛み心地なんですよね。

 

しっとりと言っても、湿気てる感じではないですよ。

通常のサクッと軽い感じではなくて、しっとりしたサァクッて感じの噛み心地です。

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>は、食感にも高級感がある

 

音からしても、違いが分かりやすいと思います。

サクって軽くて高い音ではなくて、響く音がサクっと低いんですよね。

 

ですから、非常に落ち着いた音なので、音にも高級感があります。

厚めに切られているので、食感からして全然違いますね。

 

それに、のり塩の香り、味わいが抜群にうまいです。

開封時の香りと違って、のり塩の味が非常に濃い。

 

塩加減もバチッときまっていますし、のりの味と香りがまたよくて、すごく美味しいです。

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>唐辛子もすごくうまい

 

そして、唐辛子が物凄く合っています。

 

辛さが、のり塩を引き立てる程度の辛さになっていて、違和感が全くないです。

焙煎唐辛子だけの味わいが分からないので、なんともいえませんが、この辛さも落ち着いてるんですよね。

 

辛みはしっかりあるんですけど、海苔塩の味わいを壊さない、気にならない辛さになっていて、そのバランスのとれた味わいは、素晴らしいです。

何、このうまさ…。って感じです。

 

湖池屋やばっ。

 

原材料やカロリーなど

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、香味油、食塩、青のり、あおさ、唐辛子(焙煎唐辛子20%)、レッドベルペパー、シイタケエキスパウダー、梅肉パウダー、酵母エキスパウダー、花椒、かつお節、昆布/調味料(アミノ酸等)

 

栄養成分表示(56gあたり)はこちら

エネルギー314kcal、たんぱく質2.9g、脂質20.3g、炭水化物30.2g、食塩相当量0.7g

 

KOIKEYA The のり塩<粗挽き焙煎唐辛子を添えて>

 

湖池屋ポテトチップス60周年を記念した新商品ですが、それにふさわしいポテチです。

これって、期間限定?なんですかね。

 

間違いなくリピートしますけど、買いだめしといた方がいいのか、悩みます…。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ