キャンプギア

やっちまった、1回目のデビューでメスティン焦がす!でもおすすめ。【写真あり】

 

メスティンを始めて使ってみた

 

購入したメスティンは、山善のメスティンです。↓


 

タイトルの通り、始めてメスティンデビューして、楽しみにしながらご飯を炊いてみたところ、豪快に焦がしました!

 

下の写真がその時の物です。

メスティンから黒煙が、もくもくと発生していたので、嫌な予感がしたんですよね。

 

慌てて火を消して…。

 

でも一応、お米炊いたら蒸らす作業があるじゃないですか。

不要になったタオルにくるんで、逆さまにしてみたのですが、においがヤバイ。

 

蒸らしが、焦げの香りを、しっかりご飯につける作業になってしまいました…。

あけてみたら、新品メスティンが無惨な姿に…。

 

メスティン焦げる

 

中の方は、なんとか白いお米でしたよ。(救い?)

一応、普通に食べられましたけど。(食べられたというだけですが)

 

うまい!とかいいながら、自分にウソをついて。

においが焦げ臭くなければ、食感や味は問題なかったですよ。(負けず嫌い)

 

そう、食べた後のあと味は、悪くなかったのですよ。

ただ、すごく焦げ臭いだけで。。

 

使う前にメスティンの下処理は、ちゃんとしたのか問題

 

メスティンは、開封してすぐ使うのではなく、始めのお手入れとしてシーズニングをしなければいけないみたいなのです。

シーズニングすることで、焦げ付きにくくなるみたいで、そのやり方が、山善サイトのレシピブックにのっています。(STEP4ほどあります)

 

やりましたよ!

早くご飯を炊いてみたい気持ちを抑えて、米のとぎ汁を入れて15分ほど煮ると書かれていたので、その工程を!

 

ですが、15分も待てずに、数分でご飯炊きをやってしまったのです…。

それにシーズニングには続きがあって、油で熱したり、野菜の切りくずを炒めたりなどの工程もありましたが、もちろんやりませんでした。(きっぱり)

 

新作ゲームを与えられた子供みたいなものです。

ご飯を早く炊いてみたい!そんな衝動を、押さえられるほど、人間できちゃいません。

 

ウルトラソウル!ですよ。(意味分からん)

そして、黒煙につながるのです。

 

お米の炊き方も書かれていたけど

お米の炊き方も、もちろん書かれているのです。

まぁ、半分は無視しましたけど。(問題はそれか!)

 

火をつけて、20分その場から、離れるという離れ業までやりました。(外が寒かったので)

反省しました。

 

焦げ取りも断念

焦げをなんとかしたくて、酢と水を入れて炊いたのですが、あまりとれませんでしたね。

沸騰させないといけなかったのかもですが、酢の沸点は118℃。

 

沸騰しませんでした。(ただ待てなかった…)

反省点を活かして、2回目を早く炊きたかったのですから、仕方ありません。

ウルトラソウルです。(意味分からない)

 

あまり焦げが取れなかったメスティンがこちら↓

焦げ付いたメスティン

 

一体、何年使ったメスティンかですって?

1回目です…。

 

歴戦のメスティンかのような感じなので、誰かに聞かれたら、5年ほど…と答えておきましょう。

 

そんな反省を活かして考えました。

 

改善点

水の量と、炊き時間が問題なのだと。

 

メスティンの内部に、本体と取っ手をつけている、丸い溶接跡?が3つついているのですが、その上の2つの丸を目安に、1回目はその丸の半分の位置まで水を入れて、20分炊き失敗しました。

ですから2回目は、中の丸が水で浸かるくらいまで入れて、17分にしたのです。

 

その間、最後まで火加減は変えません。(面倒なので)

 

メスティンのご飯を炊く水の位置

 

もちろん、寒いから家に避難しましたよ。(風邪ひくといけませんよね…)

窓から見るような形で。(ちなみに中庭でやっています)

 

すると、2回目は成功です!

メスティンの1回目の焦げはそのままですが、焦げた臭いもしませんし、めちゃくちゃ美味しいご飯が炊けました。

 

見て下さい、この白いお米を↓

メスティンでご飯を2回目炊いたら成功

まわりにご飯粒がついているのは、蒸らしでひっくり返したからです。(3回目で分かる、ひっくり返さなくてもよかった)

 

そして3回目へと続くのです。

 

メスティンで美味しくご飯を炊く、水の量や時間

 

使用しているのはカセットコンロです。

キャンプ用のかっこいいものを用意すればいいのですが、まずはあるもので十分です。(といっても、カセットコンロも借りものだったりする)

 

このメスティンはギリギリ乗る感じでしたので、ちょっと置き方がずれると、こぼれます。

そんな綱渡りも楽しみのひとつ。(嘘です)

 

メスティンの右端の下を見て下さい、浮いてますよね。

それはいいとして、3回目にもなると手慣れたものです。

 

メスティン3回目の炊飯

 

蒸らしもしっかりして、それはそれは美味しいご飯に、ありつくことができます。

唯一の欠点といえば、保温ができないことですね。

1合しか炊かないので、今のところその心配はいりませんけど。

 

メスティンの炊飯、完璧おいしい

 

蒸らしの段階で、逆さまにしなくても大丈夫なのが3回目で分かりました。

 

カセットコンロとメスティンで、おいしくご飯を炊くには

ポイント

お米は1合

  1. メスティン内側にある、上の丸の部分が浸かるまで水を入れます。
  2. コンロの火加減は全開から少し絞り、17分炊きます。
  3. 布でくるんで、10分蒸らしたら完成です。

これで、「焦がすことなく」、おいしいごはんにありつけます。

 

人はこうやって、失敗しながら成長していくのです。

なんの話?

 

今回使ったメスティンスペック

 

メスティン MESS-1

サイズ:幅170mm×奥行95mm×高さ60mm

Campers Collection

 


後で知ったこと

メスティンのお手入れについて

酢など酸性のものや、重曹などアルカリ性のもののご使用は、なるべく避けて下さいと・・。

何もかもが、ダメだった。

 

-キャンプギア

© 2021 e-きっかけブログ