foods、drink

枝豆より枝豆している…堅あげポテト<枝豆塩バター味>レビュー感想

堅あげポテト<枝豆塩バター味>のパッケージ

 

堅あげポテトの期間限定商品です。

2022年01月上旬までを予定しているみたいなので、期間限定ではあるんですけど、割と期間が長いので気に入ったら、長く楽しむことができますね。

 

カルビーは期間限定商品が多いので、長めにしてくれているのは嬉しいです。

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>

 

開封時の香りが、まさに枝豆ですね。

枝豆が、本当に入ってんじゃ?ってくらい、枝豆しています。

 

それに枝豆に添えられているかのように、甘そうなバターの香りがくるのも、美味しそうでいい感じです。

ですが面白いんですよね、見た目がポテチで、なんかクシャッとした感じながら、緑の匂いがするので。

 

そのギャップがまたいいですね。

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>は、香りと見た目があっていない

 

味を知らずに食べだ時は、え?ってびっくりしました。

ポテチなんだけど、枝豆みたいな。

 

見た目では、全く枝豆と分からないので、面白いです。

それに枝豆が、バリバリといいますか、ガリガリ堅いっていうのも面白いですね。

 

食感が変わった、堅い枝豆もありだと思います。

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>見た目ポテチで、味が枝豆なのは面白い

 

それに味が濃い。

 

本当の枝豆より、枝豆の味が濃い感じがします。

ですから、逆にポテトは、どこいったって感じなんですよね。

 

明らかにポテチなのに、ポテチの主張がないみたいな。

でも、あと味としてやってきた時に、そこにいたのか!って感じですよ。

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>は、ポテチの主張がない

 

それに、バターのおしとやかな風味も、抜群なんですよね。

枝豆をしっかり引き立てていながらも、ふわっとさりげなく主張してくるみたいな。

 

なかなかのいいバランスになっています。

 

イメージがまさに、枝豆の上でじゅわって、溶け出しているバターって感じです。

じゃがいもとバターが良く合うので、組み合わせとしても抜群なんでしょうね。

 

塩もしっかり効いていますし、バターの風味はそえられているだけで、しっかり枝豆が全面に出てきています。

じゃがいもは、食感で主張して、味は脇役として大人しく潜めてる感じが、うまいこと連携取れてるなぁって感じですよ。

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>は、枝豆が前面にでていて、バターはさりげなく主張している

 

堅あげポテトは、バリバリ、ガリガリとした食感が、お腹を満たすのに一役かってくれていますし、おやつとしても満足感が十分にあります。

食感の力強さと、えだまめのイメージが全く合っていませんけど、かなり美味しいですね。

 

えだまめの食感が、元々そういう食感だったかのような自然さです。

カルビーの、さやえんどうとは違った形での、緑の食べ物を演出してますね。

 

緑ものは、食べた後がさっぱりとしていて、食べたあとの気分がいいってイメージなので、ポテチの油感も薄まっているようにも感じさせてくれます。

 

原材料やカロリーなど

堅あげポテト<枝豆塩バター味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(国産又はアメリカ)、植物油、食塩、きな粉(大豆)、粉末植物油脂、でん粉、砂糖、こんぶエキスパウダー、枝豆パウダー、酵母エキスパウダー、バターパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(豚肉を含む)、酸化防止剤(ビタミンC)

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー305kcal、たんぱく質4.0g、脂質15.8g、炭水化物36.8g、食塩相当量0.7g

 

堅あげポテト<枝豆塩バター味>

 

枝豆好きな人は、ハマるんじゃないでしょうか。

枝豆より、枝豆した味をしていますよ。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ