foods、drink

うますぎて危険、スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>レビュー感想

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>パッケージ

 

カラムーチョは、ヤバすぎるお菓子です。

美味すぎるから、非常に危険なんですよね。

 

たとえ胃が痛かったとしても、手はとまらないですし、汗かきながらでも食べてしまいます…。

この魅力に一度ハマると、どうしようもないですね。

 

あきらめましょう…。

そんなカラムーチョに、焼き海苔がプラスされた商品。

 

気にはなっていたんですけど、定番を食べてしまっていたので初挑戦です。

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>

 

開封時の香りは、スパイシーさと、えびっぽい?感じがするのは私だけでしょうか。

どことなく、中華っぽい感じなんですよね。

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>開封時の香りは中華っぽい?

 

1本食べただけでは、そこまで海苔って感じはしないですね。

ただ若干、甘みがあるので、甘辛くて、美味いカラムーチョって感じです。

 

なんにせよ、美味いのは間違いないですね。

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>は、若干甘さがある

 

そして一気に食べていくと、海苔の風味がほんのりとしてきます。

これがまたいい感じなんですよね。

 

めちゃくちゃ海苔が主張してくるのではなく、ほんのりだから、カラムーチョ本来のうまさを全く壊してないんです。

ふわって感じの、優しい海苔です。

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>海苔がふわっと感じられる

 

ですから海苔の味は、辛いのもあって分かりにくいのですが、食べた後に、海苔がじわじわ効いてきて、うまっ!海苔うまっ!って感じになるんです。

食べている時に感じる、ほんのり海苔のあとは、完全に通常カラムーチョの味になります。

 

ですから2重にうまさを味わえるんです。

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>ポテトのうまみは一番

 

カラムーチョの後からくる、ポテトの旨みときたら、たまりませんよね。

ポテトでは、カラムーチョが1番じゃないですかね。

 

ポテトの旨みを引き出しているのは。

多分、辛いがゆえに、じゃがいもの甘みを、より強く感じるんでしょうね。

 

ただそんなカラムーチョでも、欠点があります。

 

カラムーチョの欠点

食べにくく感じてしまうところです。

細くて小さいので、1本1本では食べやすいんですよ。

 

食べやすいんですけど、かなり美味いから、一気に口に入れたいわけです。

そうなると、食べにくくなるんですよね。

 

スティックの方向が定まっていないので、食べにくい。

うまさゆえの欠点なんです。

 

それに、このスティックのカラムーチョは、美味いからと言って、一気に流し込むと、口の中に刺さって、痛い思いをしたりするんですよね。

分かっているけど、やってしまうみたいな。

 

やっちまった!って思うんですけど、許せてしまう…。

スティックカラムーチョあるあるです。

 

原材料やカロリーなど

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、香辛料、食塩、たんぱく加水分解物(乳成分・大豆を含む)、焼のり、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、デキストリン、昆布/調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、香辛料抽出物、香料

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー542kcal、たんぱく質5.3g、脂質32.0g、炭水化物58.1g、食塩相当量1.6g

 

スティック海苔カラムーチョ<スパイシーのり味>

 

カラムーチョで、味変したいときに使えますね。

食べているときは、ほんのりした海苔なので、カラムーチョのうまさが壊されていません。

 

食べ終わったあとで、海苔がいきてくるので、それがまたうまいんです。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ