foods、drink

桃の果汁を、口の中で絞ったような果汁グミ黄金桃のレビュー感想

果汁グミ黄金桃のパッケージ

 

この果汁グミの黄金桃のパッケージって、すごく目立つんですよね。

一目で目に、飛び込んできました。(桃が大好きだから、というのもあるかもですが…)

 

しかも数量限定。

買うしかないでしょ。。

 

果汁グミ黄金桃レビュー

 

桃って実は、非常に傷つきやすく、デリケートな果物なんですよね。

ですから、扱いが他の果物と違って、より丁寧に扱われるんです。

 

そんな桃がグミになると、手軽に持ち歩けるからありがたい。

黄金桃は、果肉も黄金色の桃みたいで、そんな桃を使ったグミになっています。

 

果汁グミ黄金桃の中身

 

このグミ、封を切った瞬間から、桃の香りが漂います。

まだチャックを、開けてもいないのに。

 

そして開封すると、めちゃくちゃいい匂いがするんですよね。

あんまり最高なんて言葉は使いませんが、最高です。(桃好きなだけに)

 

中からは、黄金の桃グミが出てき…、ません。

見た目の色としては、紅茶みたいな色ですね。

 

これはこれで、アリだと思いますが、黄金だったらもっと良かったなぁと勝手な感想です。

でも、着色料を使っていないので、いいのではないでしょうか。

 

ポイント

実は、太陽の光に当てると、黄金色に輝きます。

 

果汁グミ黄金桃の大きさ

 

形は小ぶりで、桃の形になっているグミです。

香りは、開封した時は、たまらなく桃だったのですが、一粒での香りとしては、ちょっと桃が薄い感じもしました。

 

ですから、口に入れた時の瞬間的な香りは、控えめなのですが、ひと噛みした瞬間から、桃の香りが溢れます。

味も、桃の果汁を、口の中で絞ったような気持ちにさせてくれますよ。

 

しかも、甘さだけではなくて、ほのかに酸味も少しあるんですよね。

甘いだけではない、桃を再現していますよ、このグミ。

 

果汁グミ黄金桃のジューシー感は素晴らしい

 

後味に残る甘さも程よくて、桃のジュースを飲んだあとのような味わいが残ります。

グミなので、当然グミっぽい味も若干ですが、あるにはありますが、口の中に残ってくれる桃の感じが、たまらないです。

 

個人的に、食べている時より、飲み込んだあとからの満足度が高いのはなぜ!?と思ってしまいます。

口の中に、ずっと桃を含んでいるような感覚が続くんですよね。

 

このグミ当り。

 

果汁グミ黄金桃は、食べたあとの後味が最高

 

食感は…、普通のモニュモニュしているグミですね。

噛むと、むにぃーむにぃーって感じです。(若干硬め?)

 

始めから最後まで変化のない食感で、まるまる外も中もグミですね。

グミなので、仕方がないのですが、味がおいしいだけに、イメージしている桃の食感ではないので、少し残念だったりもします。(わがまま)

 

でも、味は申し分ないですね。

甘さと酸味が絶妙ですし。

 

しっかりした食感のグミなので、食べごたえも、十分。

手に持っている時の香りと、口で噛んだ時の果汁感が違うのは不思議ですけど、小さいながらに、一粒の満足感は大きいです。

 

1袋に、21個の桃グミが入っていますよ。

 

原材料やカロリーなど

果汁グミ黄金桃の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

水あめ(国内製造)、砂糖、濃縮もも果汁、ゼラチン、植物油脂、でん粉/酸味料、ゲル化剤(ペクチン)、香料、光沢剤、(一部にもも・りんご・ゼラチンを含む)

 

栄養成分表示(68gあたり)はこちら

エネルギー226kcal、たんぱく質4.2g、脂質0g、炭水化物52.4g、食塩相当量0.03g

 

そして、コラーゲン3600mg入っています。

ゼラチンは、コラーゲンの一種で、グミを形づくる成分なので、グミには、コラーゲンがいっぱい入っているってことですね。

 

パッケージ知識:

黄金桃は、甘味、酸味のバランスの取れた、濃厚な味わいが特徴で、黄桃の仲間です。

長野市川中島で偶然生まれた、品種だと言われています。

 

果汁グミ黄金桃は数量限定

 

見つけたら食べてみる価値はあると思います。


 


 


 


 


 


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ