ヒント

ちょっと待った!自慢話をしても、嫌われない話し方には3つのやり方があります。

ちょっと待った!自慢話をしても、嫌われない話し方には3つのやり方があります。

自慢話をしても嫌われない3つの方法

 

自慢話をして、ドヤ顔したりしていませんか?

そういうことをしていると、たいてい嫌われて終わってしまいますが、嫌われずに自慢話をする方法があります。

 

そこまでしなくても…って感じですが、誰しも多少は自慢話をして、優越感に浸りたい時もあるでしょう。

そんなときは、この3つの方法を試してみて下さい。

 

嫌われることなく、思う存分、自慢話ができます。

 

その方法とは?

  1. まずは相手を持ち上げて、気持ちよくなってもらってから自分の話しをする
  2. 相手のためになる自慢話しをする
  3. 自慢してもいいだけの人物になる

 

この3つです。

3番目は、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、1と2は今すぐにでも使えます。

 

そこまでして、自慢話しがしたいのか!って思う人もいるかもしれませんが、何かしら説明をする際に、そんな風にとられてしまう場合もあるので、きちんと聞いてもらうためにも有効だと思いますよ。

 

まずは相手を持ち上げて、気持ちよくなってもらってから自分の話しをする

 

話しを聞いて欲しいなら、相手を持ち上げる

話しを聞いて欲しいなら、ただ単に自慢話をして、自分を大きく見せようとするより、まず相手が、大きく見えるようにしてあげた方が、聞いてもらえやすいです。

相手の立場になって、考えてみると分かりやすいと思います。

 

自分の話しを聞いてくれる人の話しは、聞いてあげたいと思いませんでしょうか。

あなたに興味がありますよ、あなたは素晴らしい人ですよねって姿勢の人の話しは、特によく聞いてあげたいと思いますよね。

 

その反対に、相手がずっと、自分の自慢話をしている人だったら、もう二度と話を聞きたいと思わないはずです。

ですから、嫌われて終わるのか、気持ちよく自慢話を聞いてもらえるのかは、順番が肝心です。

 

まずは相手、それから自分です。

 

自分を大きく見せようとするだけだから、誰も話を聞いてくれなくなる

交渉事だったり、権威性を出すことで有利になる場合など、何か目的があって、自分を大きく見せる必要があるなら別ですが、そうではなくて、ただ威張りたいだけ、自慢したいだけ、承認欲求を満たしたいだけみたいな感じで、ひたすら自慢話をしていると、逆効果です。

唯一、自分の満足だけは、その場限りで、多少上がるのかもしれませんが。

 

相手の話も聞かず、自分を大きく見せようとすればするだけ、誰も話を聞いてくれなくなるどころか、陰口を叩かれて、自分の知らないところで、想定していない悪い評価まで、もらっている可能性が高くなります。

これも相手の立場になって、考えてみると分かりやすいですよね。

 

相手が興味があるのは、自分自身のことだけです

あなたは、自分の好きな人や、あなた以外の誰かに、興味があるでしょうか。

あなたの興味のない人の、鼻が高くなるような話を聞きたいと思うでしょうか。

 

きっと聞くのも面倒といいますか、会うのすらも面倒だったりしますよね。

ですから、自慢話とか勘弁してくれよって思うはずです。

 

自分を大きく見せるような話に、多少興味を持ってくれる人は、あなたのことが好きな人だけです。

それ以外の人からすると、面倒だなって思われて終わりだったりします。

 

とはいっても、始めは聞いてくれますよ。

ですが、同じようなことが続くと、またか…って感じになってしまい、しまいにはあなたを避けるようになるはずです。

 

ですから、自慢話は、相手を持ち上げて、気持ちよくなってもらってからでないと、するだけ自分の評価を落としていくことになります。

 

相手のためになる自慢話しをする

 

興味があるのは、自分自身ということをさきほど言いましたが、その特性を利用します。

ポイント

自分のためになる話しだったら、たとえ相手の話が、自慢話だとしても許されるのです。

 

聴きたいと思う話は、自分の役に立つ場合だけ

あなたの自慢話が、本当にすごいことで、相手にとっても重要であったり、ためになる話だとしたら聞いてくれます。

といいますか、すすんで聞いてきます。

 

ポイント

ただの自慢話に成り下がるのかどうかを分けるラインは、相手にとって、役に立つ話かどうかです。

 

セミナーやビジネス本などを、思い浮かべると分かりやすいと思います。

自分にとって、役に立つ話ならお金を払ってでも聞きにいきますよね、買いますよね。

 

私はこんなに儲かっているのです!私はこんなスキルや能力があるのです!こんな暮らしをしています!って、ただの自慢話しじゃないですか。

でも、そうなる方法が聞けるなら、自慢話に聞こえなくなったりします。

 

簡単な話し、相手にとって、使える話なのかどうなのか。

そういった話にしてしまえばいいのです。

 

堂々と自慢話ができるようになりますよ。

話がなんであれ、結局みんな、自分のことにしか興味がないんですから。

 

そう思っておいて間違いないと思います。

 

自慢してもいいだけの人物になる

 

あなたはもっと自慢するべきって言われる人になれば、あなたの自慢話を喜んで聞いてくれると思います。

ただ、そうなるまでに時間がかかりますが。

 

そうなれれば、小細工なしで好きなだけ、自慢できてしまいます。

という単純な話しです。

 

その業界で、権威を得られるくらい努力しましょうってことですね。

この人に聞けば間違いないって思ってもらえるくらいは、コツコツやっていれば、そうなることはできます。

 

本当に、自分で自慢してもおかしくないような、そういう理想の自分になればいいんです。

そういった努力もなしに、口だけでいると、メッキはすぐに剥がれます。

 

メッキが、剥がれるなんてことわざがありますけど、よく言い得てますよね。

どれだけ口で表面だけを取り繕っても、そのひとの行動をみれば、一発でメッキは剥がれてしまいます。

 

ですがそういう人の場合、中身がすでにバレていたりするので、メッキが剥がれる以前の問題だったりする場合もありますが。

 

たった6分の暇つぶし時間を使って成長できる
たった6分の暇つぶし時間を使って成長できる【賢くなり自信がつく】

暇つぶしの時間ではなく、人生を楽しむ時間にする方法   なんとなくの暇つぶしや、無意識ないつもの行動…。 そんな無駄な時間を使いすぎて、後悔することってありませんか。   またやっ ...

続きを見る

 

自分を大きく見せようとするのは、実際は小さいから

 

よく自分を大きく見せようと、ありもしない自慢話や、大したことない自慢話をしている人がいますが、それは誰も自分のことを持ち上げてくれないから、自分でいうしかなくなっているともとれます。

そういう場合は、自分をどんなに大きく見せようとしても、実際は違うことが、バレていたりします。

 

そんなことに努力をするくらいなら、周りの人にとって、大きな存在に慣れるように、努力した方がいいです。

何もせずして、ただ口だけで大きく見せようとしたところで、誰も納得しないどころか嫌われて終わってしまいますので、いいことなんて何もありません。

 

その場限りの優越感に浸って終わるような、そんな、ただ嫌われてしまう疲れる生き方はやめた方がいいと思います。

 

あなたの考えていることは、見破られています

どんなに口で頑張っても、中身のない自分誇大は、見破られています。

自分はできる人なんですよって、あからさまに大きく見せようとしても、その小細工は見破られています。

 

そういう状況で、知識をひけらかそうとしても、嫌われるだけで逆効果です。

 

これが非常にヤバイ

つい最近、その人に教えたことを、あたかも私の意見ですよって感じで、教えてくれた本人に対して、得意げに話をしだす人もいます。

それって、この前、私が言ったことだよねみたいな。

 

そのことを、伝えようかどうしようか、迷ってしまうような状況になったりします。

言っている本人も、肝心の誰からそれを聞いたことなのか、覚えていないんですよね。

 

わざと言っているのだろうか?って、ちょっと疑ってしまったりするくらい、ドヤ顔で言っていたりする人もいます。

そうなってしまっている人は、誰からも相手にされなくなっているので、気をつけた方がいいです。

 

まとめ

 

自分を大きく見せたり、自慢話をしたいなら、この3つを使って話しましょう。

まったく違った評価を得られると思います。

 

  1. まずは相手を持ち上げて、気持ちよくなってもらってから自分の話しをする
  2. 相手のためになる自慢話しをする
  3. 自慢してもいいだけの人物になる

 

といいましても、おすすめは誰かに評価される必要はないと思うのが一番です。

 

他人の評価はゴミ以下で、どうでもいい
他人の評価はゴミ以下で、どうでもいい【気に病む必要なし】

他人の評価はゴミ以下で、気にするだけ無駄だということが分かります   ココがポイント 他人からの悪口や文句は、リサイクルもできない価値なしのゴミ。   面と向かって、もしくは知らな ...

続きを見る

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ