本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

イラッとしない?ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかアニメ第三話


神様の刃(ヘスティア・ナイフ)

 

さきに言っておきますと、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」という、タイトル長めな物語ですが、そのアニメももちろん面白いです。

面白いのですが、どうにもイラっとしてしまう回があるんですよね。

 

それが、シーズン1の第2話から3話に続く物語の回です。

ベル・クラネル(主人公)が、冒険者になることを決めた出来事や、ベルがヘスティア(神)と出会うという、大事な要素も含んだ回でもあるのですが、どうにもためすぎていて、イラっとしてしまいます。

 

ダンまちのちょっとしたあらすじ

ダンまちは、タイトルの通り、ダンジョンを舞台に繰り広げられる、出会いと冒険の物語です。

たくさんの神様が下界に降りてきていて、それぞれの神様を中心に、集まった冒険者たちで、ファミリアができている世界です。(クランみたいな感じですね。)

 

冒険者たちは、神様からすれば、みんなが子供たちで眷属という扱いなのですが、ベル・クラネルという少年は、どこのファミリアからも相手にしてもらえません。

ファミリアに入り、ダンジョンで強くなり、あわよくば英雄になりたいと思っているのですが、誰からも相手にしてもらえないのです。

 

そんなどこのファミリアからも相手にされなかったベルを、唯一ファミリアにむかえてくれた?のが、ヘスティアと言う神様です。(拾ったともいう)

といっても正確にいいますと、ヘスティアという神にも、誰も眷属がいなかったので、ファミリアにベルを迎えてあげたといいますか、ヘスティアがベルに拾われたといいますか、そんなお互いに依存?しているような関係性になっている2人(1人と1柱)を中心にした物語です。

 

ヘスティアは、おっちょこちょいで、ベルに寄生しているような、ではなく寄生している、頼りない感じの神様なんですけど、ベルを心底愛しています。

ベルのためなら、なんでもしてあげるような、なんだかんだで、たくさんいる神の中で、1番まともな?神様って感じです。

 

そんなヘスティアが、ベルのために武器を作るのが、2話から3話にかけての物語です。

神様を守りたいベル、ベルを守りたいヘスティアの感動的な回なのですが、シーズン1の第3話で、どうにもヘスティアにイライラしてしまいます。

 

シーズン1 - 第3話「ヘスティア・ナイフ」ネタバレ

 

問題のイライラは、「ヘスティア・ナイフ」を元に起こります。

ヘスティア・ナイフは、強くなりたいベルのために、ヘスティアがこしらえた、使い手の成長に合わせて強くなる、生きているナイフです。(想いのこもった感動的な武器)

 

といっても、ヘスティアがつくったわけではないのですが、神匠ヘファイストスに頼み込んで、ようやく手に入れた、貴重な武器なんです。

そして、そんな武器の完成とともに、モンスターフィリアという、ダンジョンのモンスターを調教する祭りの開催中に、街に魔物が逃げ出すという事件が起こります。

 

逃げ出した魔物は、シルバーバックといって、ベルからすると格上の魔物かつ、サイズ的にもかなりデカいモンスターです。

そんなモンスターが、なぜかヘスティアを、執拗に狙ってきます。(ある神の仕業なんですけど)

 

シルバーバックからヘスティアを守るために、ベルは格上の相手に対し、自身をおとりにするのです。

そこまでは感動的でいい話しなのですが、シルバーバックの戦闘に役に立つであろう、出来上がった武器、ヘスティア・ナイフを、渡せるタイミングがいくつもあるにも関わらず、ヘスティアはダラダラとしていて、渡さないんですよね。

 

その点がためすぎといいますか、もったいぶっているといいますか、引っ張りすぎているんです。

ダラダラ話している暇があるなら、さっさと渡した方が…とかって思ってしまい、イラっとしてしまうんですよね。

 

しかも、狙われる神様(ヘスティア)を守るため、ベルの武器が壊れるところを見ていたはずなのにも関わらずです。

ヘスティアが「やっと渡せるよ」なんてセリフをいうのですが、ホントだよ…って感じなんです。

 

ベルは、受け取ったヘスティアナイフでシルバーバックを見事倒します。

のですが、もっと早く倒せたんじゃ…なんて思わなくもないわけです。

 

そしてもう一つ。

 

ダンジョンに出会いを求めなくても、出会いすぎな件

街中の戦闘で、シルバーバックを倒した瞬間に、どこから出てきた!?ってくらいの街の人に囲まれます。

どこにいたんだよって感じですが、そんな街の人たちから、賞賛の嵐をうけます。ある意味英雄ですよね。

 

ですから、そりゃーもうモテるでしょう。

って感じです。

 

酒場に勤めるシルなんて、ベルに対して、「見惚れちゃいました」とか言ってますからね。

ですからベルは、ダンジョンに行く必要はありません状態です。

 

タイトルの「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」でいえば、ダンジョン行く資格なし!なんですよ。

そもそもの話し、神様とイチャコラしている時点で、ぐぬぬって感じですから、さらにダンジョンで出会いを求めるなんて、どれだけ女好きなんや!みたいなね。

 

ダンまちアニメの、シーズン1の3話というのは、そういう男の恨みつらみも発生させる回なのです。(しらんけど)

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス