foods、drink

人をヤバイ人に変える、UHA味覚糖のコロロ日向夏レビュー感想

コロロ日向夏のパッケージ

 

はい、見つけた瞬間に、すでに美味しいです。

日向夏大好きなんですよね。

 

沖縄のシークワーサーと、宮崎の日向夏に関しては、無条件で買ってしまいます。

南国の果実は、香り、味ともに美味すぎなんですよね。

 

UHA味覚糖様、よくコロロで作ってくださった!

って感じです。(過去にあったかは分かりませんが…)

 

全農のコラボをよく目にするようになったので、全農も頑張っているのかもですね。(ただの知ったかぶりです)

 

コロロ日向夏

 

日向夏の文字だけで美味しいのですが、開封時の香りが、またサイコーなんです。

語彙がないって言われますけど、サイコーです。

 

サイコーとしか言えません。

日向夏の爽やかな香りは、それだけで美味しいのです。(排気ガスの香りも日向夏なら、みんなハッピーなんですけどね…え?)

 

コロロ日向夏の香りは、それだけで美味しい

(↑本当はあと3粒は入っているのですが、食べてしまってます。)

 

中身は、残念ながら少ないですけど許せますね。

ハッキリいって、写真撮ってる場合じゃなかったです。

 

香りから全部、吸い込みたかった。(ただのヤバイ人です)

コロロの美味さを、知っているので尚更なんですよね。

 

コロロ日向夏の食感は、唯一無二

 

まず触り心地も気持ちいいですよね。

プルプルモチモチした、柔らかな触り心地に、日向夏の美味そうな香りが漂ってくるんですから、さらにヤバいです。

 

しかも、見た目からして神々しい。

この黄金の輝きは、宝石ですね、秘宝ですね、日本の宝ですね。

 

コロロ日向夏は、見た目からして美味しそう

 

それに当然、味も申し分ないです。

食べる前から知ってましたよ。(嘘です)

 

ふわふわして滑らかで、モチモチした食感のグミから、宮崎県産「日向夏」の果汁が溢れてきます。

しっかりとした弾力の歯ごたえがまた、果汁の美味さを持ち上げてくれているんですよね。

 

コロロは、口の中で、プチっとはじけるような感覚を楽しめるグミで、中からゼリーみたいな食感の果汁が、あふれてくる感じになるんです。

その果汁が日向夏ですからね。

 

美味しくないわけがないんです。

 

爽やかな香りと、柑橘系の甘さ、そこにほんのりとした酸味が、口の中に広がって、気分をスカッとさせてくれます。

コロロの食感で、日向夏を味わえるなんて、サイコーですよね。

 

コロロ日向夏の美味しさは、気分が上がる

 

気分が、こんなに上がったのは久々かもです。

手に日向夏の香りはつきますけど、ベタつくわけではないので、手を洗いにくいですね。

 

手からの香りも美味しい…ってヤバい人みたいになってしまうお菓子です。

食べたあとは、やっぱり砂糖なので、甘ったるく感じそうですが、香りが非常に爽やかなので、気持ちのいい後味が続きますよ。

 

ちなみに、このコロロをおへその辺りに持ってくると、あら不思議、猫型ロボットの気分も味わえます。

出てくるのは、コロロだけですけどね。

 

原材料やカロリーなど

コロロ日向夏の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、砂糖(国内製造)、水飴、濃縮日向夏果汁(日向夏(宮崎県産))、濃縮みかん果汁、コラーゲン、植物油脂/グリセリン、酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、リン酸水素ニカリウム、クエン酸カリウム、香料、光沢剤、着色料(カロチノイド)、セルロース、乳酸カルシウム、安定剤(CMC)、(一部に牛肉・ゼラチンを含む)

 

栄養成分表示 1製品(40gあたり)はこちら

エネルギー111kcal、たんぱく質0.3g、脂質0g、炭水化物27.2g、食塩相当量0.02g

 

日向夏好きはもちろんですが、柑橘系が好きな人は、買うべきですね。

1袋に9粒と、少なめですが、気になりません。(おいしいから)

 

おすすめです。

 

コロロ日向夏

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ