foods、drink

王道を裏切らないチップスター<のりしお>レビュー感想

チップスター<のりしお>パッケージ

 

ポテチは、のりしおがないと始まらないですよね。

チップスターの、海苔塩はちょっとまた、味わいが違います。

 

チップスター<のりしお>

 

チップスターの、のりしおを開封すると、当然ですが見慣れた緑のパッケージがでてきます。

外と中のパッケージの色は、味に合わせて統一されていますので、違う色のパッケージが入っていることはないのですが、なぜか違う色が入っていたら面白いと思って、毎回期待してしまうんですけど、裏切られます。笑

 

まぁ入ってたら入ってたで、困惑するんでしょうけど。

 

チップスター<のりしお>ふた開封

 

このフィルムのパリパリ感って、個人的に好きなんですよね。

他のポテチの袋にはない、重厚感があるといいますか、触り心地が気持ちよくて、なかなかにナイスなんです。

 

きっと私と同じ人もいると思います。(ごくまれに、1万人に1人くらいは…いて欲しい願望)

 

チップスター<のりしお>の中のパッケージ

 

のりしお味は開封時に、すごく海苔のいい香りが広がりますね。

そんなのりの香りの中にも、ポテチの旨味や、じゃがいもの甘さなんかも、一緒にしっかり伝わってくるから面白いです。

 

三つのそれぞれの感じがよく分かるって、意外と珍しいような気もします。

チップスターは、海苔だけではなく、チップス本体もうまいって雰囲気を漂わせていますね。

 

チップスター<のりしお>の香りは、3つの香りが混在

 

のりしおは、やっぱり流石にうまうまですね。

間違いのない味です。

 

のりしお選んでおけば、大概問題ないというポテチの王道を裏切りません。

 

パリッパリとした気持ちのいい食感から、鼻に抜ける海苔とチップスの混ざった香りも、とてもいいですね。

それにあと味で、海苔がフワッと香る瞬間がありますけど、それものりしお好きには、癒しの瞬間になります。

 

チップスター<のりしお>裏切らないうまさ

 

チップススターの海苔塩は、海苔の風味だけでなく、チップス自体がこれまた美味いです。

この美味さを土台にして、のりの加減と塩の加減が絶妙なんですよね。

 

それに、海苔が芳醇な感じもします。

どこか焼きのりっぽいような印象もあるんですよね。

 

ポテチと合わさることで、そう感じるだけかもですけど、このポテチの味わいに、海苔が絶妙なバランスでうまさを持ち上げています。

 

チップスター<のりしお>ポテチの味わいに、海苔が絶妙なバランス

 

そして、塩加減も絶妙です。

バチっとキマるくらいの強めの塩加減ではなく、程よい感じなんですよね。

 

そのせいか、塩っ辛さに意識がいかずに、自然と海苔に意識がいってしまうんです。

のりの主張が、上手いことできてるんですよね。

 

ですから、じゃがいもの旨みがしっかり味わえるのもそうですけど、海苔の磯感が主張されるような味わいになっています。

 

一枚一枚のクオリティーが高く、サイズが一定なので非常に食べやすいですね。

ストレスなく食べられるのもチップスターの特徴です。

 

原材料やカロリーなど

チップスター<のりしお>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ポテトフレーク、植物油脂、青のり、食塩/乳化剤、調味料(アミノ酸等)

 

チップスター<のりしお>原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー539kcal、たんぱく質6.3g、脂質31.8g、炭水化物56.8g、食塩相当量0.8g

 

表面がゴツゴツな感じなのは、味をしっかりまとわせるため?

どちらにしても、純粋にうまいのは間違いないです。

 

チップスター<のりしお>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ