foods、drink

最悪でした。開封時に後悔、でも…青森のアップルシナモン、感想

青森のアップルシナモンのパッケージ

 

りんごは2年間、毎日食べていた時期もありますし、今でも定期的に食べている果物です。

シャリシャリした食感と、そこから溢れるりんごの果汁が、たまらなく好きで食べているのですが、りんごのドライフルーツも大好物なんですよね。

 

たくさん食べてきたので、多少個人的なわがままがあったりしますが、りんごなら基本何でも好きなんです。

ただ今回のは、シナモンが、そこまで好きではないので、商品名を見て微妙な感じでしたが、とりあえずりんごなので買ってみました。

 

でも開封してみると…、ショックを受けたのです。

 

アップルシナモンの半生ドライフルーツ、レビュー

 

封を開けた時、失敗した…と思ったんです。

シナモンの香りが非常に強い。

 

かなりツーン!!ときます。

しかも、強いだけではなく、辛みといいますか変なスースーする感じも、香りだけで伝わってくるほどだったのです。

 

それくらい強烈で、りんごの香りは一切なく、やってしまった感がありました。。

 

パッケージの説明には、半生のドライフルーツにしたりんごに、優しくシナモンをまとわせたって書いてあったので、そこまでシナモンは、強くないんだろうなって思っていたので余計です。

 

シナモンが苦手な人は、無理かもしれないくらいの強烈な香りです。

そして見た目は、りんごというよりは柿っぽい感じかなって感じですね。

 

青森のアップルシナモンの中身

 

香りには、ガッカリしましたけど、せっかく買ったので気合いを入れて食べてみました。

すると…。

 

めちゃくちゃ、うまいやん!

 

がっかりしていた分も上乗せされた感はありますけど、思った以上に美味いです!

 

シナモンが強烈にくるのかと思っていたので、恐る恐る食べてみたのですが、ちょうどいい香りなんです。(とても不思議)

口に入れる前にシナモンの香りが、ふわっと優しく鼻に届く感じで、それから半生のドライフルーツになった、りんごの食感が優しくてとてもいい!

 

青森のアップルシナモンの食感絶妙

見た目は、なんだか硬そうですよね↓

青森のアップルシナモンのやさしい食感

 

ですが、食べやすい大きさになっていて、しっとりシャリ感って感じです。

しっとりしていながらも、少しだけりんごのシャリ感が残っている感じでしょうか。

 

非常に優しくなった食感です。

半生っていうのが、いい食感を出しています。

 

通常のりんごの食感とはまた違ったシャリシャリ感で、「シャリっ!」って感じが、「しゅ~わ~りぃ~」みたいな。

とてもしっとりとした柔らかさです。

 

青森のアップルシナモンの味も絶妙

青森のアップルシナモンの香りも食感も楽しめる

 

シナモンの香味とりんごの味が、絶妙なバランスになっています。

とても食べやすいです。

 

シナモンかな?ほんの少しだけ、ピリッとくる感じもあるのですが、りんごと蜜漬けの甘さと一緒になって、ちょうどいい甘さに仕上がっています。

りんごのよさを、全く消していません。

 

食感も楽しいし、香りも苦にならないと言うよりは、むしろ良くなっている。

一気に食べるのはもったいないので、自然と少しずつ、かじって食べてしまいます。

 

あれだけ失敗したと思っていたのがウソみたいでした。

 

青森のアップルシナモンは、まじうまい!

まごころ農場というところが作っていますが、いい仕事をしています。(なぜか上から目線)

まごころっていうくらいに、優しさが伝わってくる商品ですよ。

 

使われているりんごは、青森県産で品種は「ふじ」。

酸味と甘みのバランスが特徴の品種ですね。

 

この特長を残すために、低温でじっくり蜜漬けをした、半生タイプのドライフルーツになっています。

 

食べやすいひとくちサイズで、シナモンをまとわせたりんごのドライフルーツですが、りんごのよさを引き出しています。

これは、買いですよ。

 

原材料やカロリーなど

アップルシナモンの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

りんご(青森県産)、砂糖、シナモンパウダー/トレハロース、酸化防止剤(V.C)、(一部にりんごを含む)

 

栄養成分表示1袋(35gあたり)はこちら(推定値)

エネルギー118kcal、たんぱく質0.2g、脂質0.1g、炭水化物29.2g、食塩相当量0g

 

原材料は結構シンプルです。

不要な物を、極力使わないようにしているのでしょう。

 

裏面にある、るるぶのQRコードは、商品とは関係なく、奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)の情報に、アクセスできるようになっています。

これも楽しんでもらおうという、まごころの表れなのか!?

 

りんご好きは食べましょう

全然硬くなく、しっとりシャリ感。

りんごの甘みと蜜の甘みが広がりますが、シナモンと一緒になっているので、ほどよい甘さに抑えられていて、ほのかにシナモンの香りが広がっていく。

 

でも、不思議なことに、食べた後にシナモンが残らず、

りんごの甘みが残るんです。

 

スーッと抜けていく感じですね。

シナモンが、自分の役割を分かっているような感じがします。

 

開封時は、恐ろしくシナモンが主張しているのですが。

 

青森のアップルシナモンは、りんぐ好きは食べた方がいい

 

食べて後悔というよりは、食べないと後悔するかもです。

りんごの、また違った魅力を引き出してくれています。

 

仕事中や、仕事終わりのリフレッシュには、ほっとできる瞬間をつくってくれるでしょう。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ