ブログサイト

物販で1億!ネット販売、通販に必要な3つ【これさえあれば売れる】

物販で1億!ネット販売、通販に必要な3つ

ネット販売、通販で1億稼ぎたいなら、必要なことは3つ

 

ネット通販をしてみたけど、全然売れない…

通販でモノを売るには、どうすればいいのだろうか?

 

と悩んでいたら、読み進めてみて下さい。

あぁこれを学べばいいのかっていうのを、さらっと簡単に解説しています。

 

ネット通販で、年間1億円の売上げをつくるのに

必要なことは、たったの3つです。

この3つについて学んで行動すれば、売れるようにはなります。

 

結論

ネット通販で、1億の売上をつくる3つの要素がこちら↓

 

  1. 商品
  2. LP(ランディングページ)
  3. 広告

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、これだけです。

ただ自分でやろうとすると、ひとつひとつの奥がとても深いですよ。

 

ポイント

ちなみにですが、webサイトやホームページがなくても、LP(ランディングページ)1ページがあれば、モノは売れます。

 

なぜこの3つだといえるのかの根拠

 

なぜこの3つだと、言いきれるのかと言いますと、経験からです。

ネット通販を始めて約12年目(まだ現役)になりますが、年間売上1億円以上をつくった実績があるからです。

年間出荷個数、5万個とか6万個くらいの時もあったり、受注だけで大変な思いもたくさんしてきました。

人によっては、1億なんて大したことないって思うでしょうけど、その過程で分かったことは、やり方さえ分かれば誰でもできるってことです。

 

誰でもできるとかいうと怪しいのですが、事実なので仕方があまりせん。

知っているか、いないかだけの差だと思います。

所詮、そんなものです。

ただ楽に、とは言えませんが。

 

始めは全く売れていなかった

私も通販を始めた頃は、月に1万円も売れていませんでした。

そもそも、どうすればいいのか全く分かっていなかったですし、商品をネットに上げればいいくらいにしか思っていませんでした。

あとは運頼みで、月に10万売れたらいいなとか、思いながらやっていたのを思い出します。

それが2、3年続きました。

 

その当時やっていたのが、ヤフオクです。

ホームページで、買い物カゴの設置とかできなかったので、ヤフオクで売るしか出来なかったのですが、よく売れた月で2、3万です。

それから大量に同じ商品を出品して20万、30万くらいは売れるようになるのですが、受注が大変すぎて、今では辞めました。

そんなころもあったり、とにかく12年の間に、大量の資金と時間と労力を費やしてきた中で分かったのが、通販で必要なことは、たったの3つってことです。

 

シンプルですよね。

でも奥は深いです。

 

年間売上1億円つくるための要素1.商品

 

商品は、当たりまえですよね。

売るものがないと、通販は成り立ちません。

 

では、どんな商品がいいのか?ってことですが、商品はありさえすればいいって感じです。

こんなこと言っていいのかあれですが、だいたい何でも売れるんじゃないですかね。

売りやすい、売りにくいはありますが、何でもOKです。

 

売れないからといって、商品のせいかというとそうでもない

良い商品さえあればとか、良い商品ではないと売れないって、商品ばかりに目がいきがちですよね?

私もそう思っていましたが、事実はそうではありません。

 

売れないのは、商品がよくないからだって思うこともあるかもしれませんが、そんなことは全くないのです。

豆腐だって普通に売れますよ。(豆腐をバカにしているわけではありません)

※スーパーにいけば、安くで買える豆腐でも売れるという意味です。

もちろん最低限の品質は必要ですし、人の欲求を満たしている必要はあります。

 

むしろ、どんなに良い商品でも売れないものは売れません。

さっきは、商品はありさえすればいいと言っていたのにどういうこと?って思うでしょうが、商品だけではダメだと言うことです。

 

3つの要素がそろって、はじめて売れます。

 

粗悪品でも売れる

なんでもいいといっても、粗悪品でも確かに売れますが、売るべきではないです。

当然ですが信用がなくなり、継続が難しくなります。

 

そんな一時のために努力するなんて、ダルいだけです。

その月だけ儲かっても、あまり意味がありませんからね。

 

継続してコンスタントに売れていくようでないと、やる意味がありません。

継続が大事なので、良い商品なら途中から、何もしなくても売れていくようになりますよ。

 

 

年間売上1億円つくるための要素2.LP(ランディングページ)

 

大事なのがLP(ランディングページ)です。

売るための商品ページですね。

 

気をつけて!

よく広告で、集客すれば売れるなんていう業者がいますけど、完全なポジショントークです。

広告を売るために言っているだけなので、何を言われても取り合わない方がいいです。

広告のセールスをしている人は、何も分かっていない人が多いと思います。

 

広告でどんなにアクセスを増やしても売れないものは売れません。

それは、ランディングページがない、またはきちんと作っていないからです。

 

通常モノを売るときにすることを、当たり前のようにウェブ上でもすることが大事

セールスしなければいけません。

まず、アクセスしてくれた見込み客にたいして、セールスしなければいけません。

何かモノを売るときに、どうしますか?

説得しますよね?

 

何の説明もなしに商品だけ置いて、お金を頂くなんてことはしないはずです。

その商品の説明、買ってもらえるように説得をするのが、LP(ランディングページ)の役割です。

 

Amazonはどうなの?

Amazonでは、そういったランディングページがほとんどないのですが、それは元々のやり方が違うからです。

とてつもなく多くの商品を集めて、集客すれば何か売れます。

スーパーにきてくれた人が、買う予定のなかったものを衝動買いして帰る、そんな感じですね。

ネット版のスーパーみたいな感覚でしょうか。

財布をもって、ただ何か買いたいと思っている人たちを、集めているっていうことです。

 

アクセスしてもらったら、その場で自分の商品を売らなければいけません

自社、自分の商品を売る場合は、そんな方法は使えません。

Amazonのように、さまざまな商品がたくさんあれば、その商品を売らなくても、他の商品を買ってもらえれば問題ないのですが、自分メーカーの商品では、ひとつひとつを、売らないといけません。

ですから、商品ひとつに1ページのランディングページが必要になります。

 

それを売らないといけないのですから当然です。

他者の同じようなものを、買ってもらっては困るのです。

 

ポイント

その時その場で、買ってもらわなければ、見込み客は二度と戻ってこないと思った方がいいです。

 

キレイなだけのLP(ランディングページ)では売れません

キレイなスタイリッシュに見える商品ページってありますが、キレイに作られているだけでは売れません。

見た目、素人が作ったような、古臭い商品ページでもきちんと売れます。

ちゃんと買いたくなるような、セールスがされているからです。

 

ただ見た目だけ見繕っているランディングページは、デザインが洗練されていて、キレイに見えてよくできてるなぁって思いますけど、売れません。

なぜかといいますと、ただ、キレイなだけだからです。

そういったLPは、キレイに見せることが目的になっているんですよね。

 

買いたくなる、思わずポチってしまうランディングページは、多少見た目がどうであれ、売れます。

これも、経験済みです。

なぜ、こんな古臭いランディングページで売れるんだろうって不思議に思うと思いますが、ちゃんと読むと分かります。

 

買いたくなるように、しっかり作られているんです。

ポイント

そういったランディングページを準備してから、ようやく広告です。

※先に集客しても意味がありません。

 

広告費を無駄にしないためにも、ランディングページは、しっかりしたものを作りましょう。

 

年間売上1億円つくるための要素3.広告

 

2つをそろえてから、ようやく集客をすることになります。

何もセールスしていないところに、人を呼んでもなんにもなりませんってことです。

 

通販に広告は、必要です。

広告を使わずに集客の手もありますが、時間がかかりすぎます。

じわじわと、じっくり上げていきたいのでしたら、広告は使わなくてもいいのでしょうけど、相当覚悟がいります。

 

広告はテスト

広告はテスト

広告は、いきなり大金をかけることは、やってはいけません。

2~5万の広告でも、30~50万売り上げる、いい広告もあります。

 

商品に合わなかったり、売れない広告もありますので、少額でテストしていくことになります。

それに、広告に合わせて、ランディングページも修正していかなければいけない場合もあります。

 

ポイント

この3つがあって、ようやくまともに売上が上がるようになります。

 

※逆にLPを作り込めば、売れます!っていう業者もポジショントークです。

どんなにLPがよくても、集客しなければ売れません。

 

自分広告

広告で一気に人を集めて集客をしていけば、購入してもらえるようになります。

そうなってくると、顧客リストが手に入りますよね。

今度は、その買ってくれた人達に、定期的にメルマガを流していくことで、無料の広告をだしていけるようになるのです。

 

 

まとめ

 

ネット通販で、1億の売上をつくる3つの要素↓

  1. 商品
  2. LP(ランディングページ)
  3. 広告

この3つをおさえておけば、間違いないですが、どれか抜けても難しいので、3つはセットです。

 

さらっと概要だけ解説しましたが、通販でモノを売るには、何を学べばいいだろうと思ったら、この3つを学べば、通販でモノを売ることはできます。

受注とか出荷の問題も確かにありますが、まず売らないことにはいくら考えても仕方がありません。

売れてからでも、どうとでもなるので、そこまで心配はいらないかと思います。

売れるようになってから、心配しましょう。

 

-ブログサイト

© 2021 e-きっかけブログ