ブログサイト

売れる通販にはどちらが必要?webサイトとランディングページ(LP)

売れる通販にはどちらが必要?webサイトとランディングページ(LP)

売れる通販サイトに必要なのは、ウェブサイトとランディングページのどちらが必要か?

 

売れる通販サイトをつくるなら

  • webサイト
  • ランディングページ(LP)

のどちらがいいのだろう?

 

※ここでのランディングページの解説は、訪問者の着地ページではなく、特化ページのこととして書いています。

 

結論

通販で必要なのは、ランディングページです。

 

ランディングページは、セールスに特化したページに作り上げるので、訪問者にこちらの希望するアクションを、起こしてもらうための内容になっています。

 

通販でのアクションは、

アクション=買ってもらう

ということですね。

 

webサイトとランディングページの違い

 

まずは、webサイトとランディングページの違いをサラッと解説します。

 

webサイト

webサイトは、自社サイトとかホームページとか言ったりしますが、知りたい情報だけを見れられるように、分かりやすくカテゴリーなどで分割して、各ページをリンクでつなげて表示しているのがウェブサイトです。

ひとつのページに全部の情報を書いてもいいのですが、それでは知りたいことを探すのが面倒なので、会社概要はこっちに書いてます、商品案内はこっちですって感じで、いろんな内容を分割してリンクでつなげているのです。

厳密には違いますが、こういった認識がされているってことです。

 

ランディングページ(LP)

ランディングページは、そのひとつのページで完結する、特化したセールスページの意味で使われています。

ランディングページもwebサイトでもあるのですが、通常のwebサイトと違って他のページを見れるリンクなどは基本ありません。

 

なぜかといいますと、買ってもらうためです。

 

目的が違う

  • webサイト:知りたい情報だけを見られるように、分かりやすく複数に分割されている
  • ランディングページ:1ページで完結しており、セールスに特化している

目的が違うということです。

 

もちろんですが、webサイトからランディングページ(LP)にリンクをつなげているので、同じwebサイトで間違いなかったりしますが、ランディングページからは、他のページにつなげていません。

それに、売りたい商品の、ランディングページ1ページあれば販売することが出来ます。

 

ポイント

どちらもあった方がいいですが、直接利益を生み出すのはランディングページ(LP)ということです。

 

なぜランディングページ(LP)なのか?

 

それぞれ、どちらも役割がありますが、ウェブサイトがなくても、ランディングページ(LP)1ページあれば、商品やサービスを売ることは可能です。

 

ポイント

広告で集客する時に、ほとんどの場合、ホームページではなく、ランディングページにつなげます。

 

ウェブサイトは、会社や個人を含め、いろいろな情報を知ってもらうためにありますが、ランディングページは、ひとつの商品やサービスについて、訪れた人にたいしてセールスをします。

 

ウェブサイトが会社や個人を知ってもらうアポの段階なら、ランディングページは、直接あってセールスをかけている状態です。

通販の場合は、訪れた訪問者に、その場で売ってしまわないといけませんので、ランディングページが必要なのです。

 

こちらの想定したアクションを、起こしてもらうためのページ

ランディングページは、その商品を買ってもらうことが目的で作られますので、他の商品も見てもらったりできるように、他へのリンクをつけたりするようなことは、あまりしません。

販売する商品が数種類あっても、相互のリンクすらもない場合があります。

リンクをはると回遊性は増えますが、どちらにしようかと迷いが生まれますよね。

 

まずは買ってもらってから、他の商品も案内した方がいいのです。

他に気を散らせないように、起こして欲しいアクション(買ってもらう)しかできないようにしています。

ですから1ページの単体だけでも問題ありません。

 

ウェブサイトは、ブランディングもかねて、いろいろなページを見てもらうこと、回遊してもらうことが目的なので、ウェブサイトでは、あまりセールスはしていないことの方が多いです。

 

通販では直接の売上につながる、ランディングページ1ページを作りこむことの方が、いいと思います。

 

ランディングページをつくる際の、1番大事なこと

 

ランディングページは、そのひとつのページで、全てを説明します。

ですから非常に長い縦長のページになります。

 

縦長になるワケ

ウェブサイトは、商品はこんなのがあって会社概要はこうです。

社長の挨拶ですとか、それぞれでページをもうけていますが、ランディングページは1ページに全部詰め込むので、縦に長いページになります。

この商品は、○○で、こんな思いで作っているとか、原材料や機能、こんな会社が作っていて安心ですよとか、そういったことも含めて1ページで説明します。

 

もちろん言うまでもないかもしれませんが、1番大事なことは、見込み客にとってのメリットです。

コレはダメ

商品だけの特徴を長々と説明しているランディングページもありますが、それでは売れません。

 

ポイント

見込み客が聞きたいのは、私にとってどんなメリットがあるのか?です。

それを中心に、セールスされているのがランディングページです。

 

ランディングページで出来るアクションは一つだけ

 

回遊してもらうためのページではないので、そのページを離脱されたら、二度と戻ってきません。

ですから、その場で売ってしまうつもりで、作りあげられています。

 

ポイント

そのページを見込み客が離れる時は、買ってもらった時だけというページにします。

ですから顧客になって貰えるように、作り込まなければいけません。

※プログラムで、画面表示を消せないようにするという意味ではありません。

 

見込み客にとって、デメリットになるような要素も、全て説明して説得します

目の前にあたかもセールスマンがいて、あなたを説得して、買ってもらうようにしているのがランディングページです。

リアルの営業と何も変わりません。

 

それをランディングページで行っているってことです。

 

ポイント

選択肢は、買うか離脱するかのどちらかだけです。

 

通販では、ランディングページが必須です。

 

どちらも目的があるので、両方あった方がいいですが、通販は商品を販売することが目的なので、ランディングページがオススメってことです。

ウェブサイトより、ランディングページにお金をかけた方がいいですよ。

 

ウェブサイト全体に何十万もかけるくらいなら、ランディングページ1ページに、50万~100万かけた方がはるかにいいです。

大げさでもなんでもなく、テストして売れやすい商品であれば、お金はかけて損しません。

 

自分で学んでつくるという手もあります。

の名著4冊は参考になりますが、その4冊をたった1冊280ページに凝縮してあるものもあります↓


 

通販ではないリアル店舗の場合は、ウェブサイトが必須です。

そのお店に行くと、何が売ってあるのか、どこにお店があるのかくらいはないと、話になりません。

検索かけて存在していないと、リアルでも見向きもされなかったりします。

だいたい調べてから行きますよね。

飲食店は特にそのような傾向があります。

 

まとめ

 

通販で必要なのは、セールスに特化したランディングページです。

買ってもらうことが目的なので、ランディングページ1ページだけでも問題ありません。

その場合には、ほとんどが広告からの流入なので、広告のキャッチコピーも大きく関係してきます。

こちらも、オススメです→現代広告の心理技術101

 

通販では、ランディングページ(LP)にお金をかけましょう。

 

-ブログサイト

© 2021 e-きっかけブログ