foods、drink

プライドポテトにしては普通路線!?<凛凛レモン>レビュー感想

プライドポテト<凛凛レモン>のパッケージ

 

レモンとビネガー味のプライドポテト。

「ビネガーって何!?」って人もいると思いますが、「酢」のことです。

 

じゃー酢って書けよ!とか思う人もいるかもですが、洋風の酢をビネガーなんていったりします。

酢をつくる原料が違ったりするんですよね。

 

湖池屋のプライドポテトは、ポテチ自体はさておいて、味がすごく尖ってますよね。

普通のは食べ飽きた人とか、玄人向けな感じがします。

 

ターゲットを絞っていて、中途半端がゆるされず、思いっきりがいい味といいますか、意外とぶっ飛んでたりですね。

好き嫌いがハッキリ分かれて、好きな人には、これしかない!って感じで、ドハマりするんだと思います。

 

プライドポテト<凛凛レモン>パッケージ裏

 

プライドポテト<凛凛レモン>

 

開封時の香りは、ちょっと微妙?

って感じでしょうか。

 

何か香るんですけど、基本ポテチの香りです。

その何かが、ちょっとポテチと合ってない感じがするんですよね。

 

と言っても、香りだけの時点ではですけど。

 

プライドポテト<凛凛レモン>の香りは、そんなによくない

 

見た感じが、ちょっと油っこいと言いますか、良くいうと、みずみずしいって感じでしょうか。

ですが、食べるとイメージしていたのと、まるっきり違います。

 

ものすごく爽やかな味です。

プライドポテトにしては、普通路線を走っている感じがしますが、めちゃくちゃうまいじゃん!って感じですよ。

 

変な尖り方をしていない、正攻法なうまさ…って感じですね。

袋の中とか、油でベトベトな見た目をしていましたけど、食べると非常に爽やかですし、うまいです。

 

プライドポテト<凛凛レモン>食べると非常に爽やか

 

塩の感じも抜群によくて、塩レモンみたいな、そんな味わいです。

これは、かなりうまいですね。

 

ハマる味わいをしています。

 

プライドポテト<凛凛レモン>塩レモンみたいな味わい

 

爽やかといっても、サワークリームの爽やかさとはまた違っていて、しつこくなく、コクもないので、さっぱりとした爽やかさって感じです。

個人的に、ポテチで爽やかさを求めるなら、断然こちらのレモンの方がいいですね。

 

プライドポテトだけあって、カラッと揚げられたポテチに、この塩レモンはかなりインパクトがあります。

プライドポテトシリーズで一番うまいかもですね。

 

プライドポテト<凛凛レモン>油っこさを感じないくらいうまい

 

どうしてもポテチは、油っこさがあって仕方ないのですが、それを感じさせないくらいに、爽やかです。

レモンの香りといい、塩加減といい、プライドポテトの、ポテチ自体の爽快な噛み心地も、うまさの一因だと思いますが、何より味が申し分ないくらいうまい。

 

ですから、ポテチに全く気がいかず、味に集中してしまいます。

夏の時期なんて、特に最高に美味く感じると思います。

 

原材料やカロリーなど

プライドポテト<凛凛レモン>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、香味油、ぶどう糖、食塩、たんぱく加水分解物(大豆・豚肉を含む)、 粉末酢、クリーミングパウダー(乳成分を含む)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、チキンブイヨンパウダー、 酵母エキス、レモン果汁パウダー、粉末酒/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー310kcal、たんぱく質3.9g、脂質18.2g、炭水化物32.8g、食塩相当量0.9g

 

プライドポテト<凛凛レモン>

 

めちゃくちゃうまい!

間違いないです。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ