本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

ONE PIECEの実写版1話を見てみた感想…おもしろい?

ONE-PIECEの実写版面白い?

配信日に通知がくるようにしていたくらい、楽しみにしていたONE PIECEの実写版。

尾田さんが納得するまで監修していた事実と、ワンピースが好きなだけに、期待値がかなり上がった状態だったので、ガッカリしそうな気がしつつも、1話を視聴しました。

 

結果、全体的にみて抜群に面白かったです。

 

キャラクターやセリフに、違和感があったりもするのですが、世界観がまず素晴らしいです。

それに内容は、原作とだいぶ違ったりするのですが、ストーリーもしっかりしていました。

 

ところどころで、ルフィーの子供時代の回想が挟まれているのですが、つなぎもスムーズですし、ストーリーがスーっと違和感なく入ってきます。

原作と違う流れも、実写化のよさだったりするので、特に気にはなりませんでした。

 

そもそも全く同じなら、漫画やアニメを見とけばいいだけの話なので。

ですから、ワンピースの実写版は、十分楽しめます。

 

原作との違いを考えながらみるのもいいですし、アニメと実写吹替の声優が同じなので、キャラクターが非常に分かりやすく、見た目があれでも、気になりすぎない点もよかったりします。(声に関しても賛否両論あるんでしょうけど)

それに、実写になると、キャラクターがパンダマン的な感じになっているのも楽しいですね。

 

だいたいは分かりますけど、見ただけでは分からないキャラクターもいたりしますし、一瞬映る鷹の目のミホークを見つけた時にも、ニヤッとしてしまいますので、探す楽しみもあったりします。

 

ワンピース実写版での違和感

実写版で、一番違和感を感じてしまうのは、キャラクターとセリフですね。

ガープは、随分とコンパクトになったなぁからはじまり、ルフィーに対する違和感が特に、個人的には大きかったりしました。

 

顔もそうですが、ルフィーって、ほくろあった?みたいな。

といっても、見慣れてくるとそうでもなくなってきて、のめり込んでしまうのですが、慣れるまでがちょっと…って感じです。

 

ただ、体系はルフィーと激似なんですよね。

全く違和感がないどころか、完璧ルフィーです。

 

そして、アルビダが、ただのおばさんで迫力がなくなっていたのと、コビーがアルビダの金棒?を、軽く持っている姿には、逆に面白かったりもしました。

そんな中で個人的に、キャラクターの実写化で残念な感じがしたのは、マキノさんですね。

 

俳優さんには悪いですけど、まったく似ていないといいますか、残念感が大きかったです。

そのほかにも、いろいろと上げればキリがないくらいには、先入観が邪魔をしてしまう、キャラクターへの違和感は結構ありました。

 

それに、セリフですね。

 

セリフの言い回しが長い

なんといっても、セリフの言い回しといいますか、セリフが無駄に長くなっていたりして、キレがないところも多々あります。

ゴール・D・ロジャーのセリフからはじまり、所々で、わりと違和感が大きかったです。

 

そのせいか、漫画では感動していたシーンなんかで、感動できなかったりもしました。

コビーがアルビダとの決別のセリフがなかったり。

 

そういった点ではガッカリしたのですが、全体的には面白いんですよね。

海賊船の迫力や、戦闘シーンも見ごたえがあります。

 

違和感や嫌な部分もあったりするのですが、そういったことを帳消しにするくらい、世界観やストーリーがよくできているんです。

さすが、2016年からの着工で、制作期間がかかっていることも含め、そもそもの製作費が、1話で約26億円ほど投入されている点でも、本気度がヤバいですよね。

 

それに、キャラクターとしても、バッチリはまり役の俳優さんがいたのも逆に笑えました。

 

コビーが似すぎていて笑った

キャラクターに違和感を感じる俳優さんがいる反面、コビーに関しては、似すぎていて笑ってしまいました。

顔もそうですが、自信なさげな立ち振る舞いとか、コビーそのものって感じです。

 

他のキャラクターでも、ゾロはかっこよく、ナミも特徴をとらえているのですが(どことはいいませんが)、コビーに関しては別物なんですよね。

漫画から、そのままでてきたくらいのインパクトは、十分にありました。

 

ただ、コビーといえば外せないのがヘルメッポで、そのヘルメッポがイケメンで、ムキムキなのはいかがなものかと…。

って感じはありますね。

 

そして、脇役キャラへの力の入れようも素晴らしいです。

 

まとめ

 

十分見ごたえのあるワンピース実写版になっています。

1話分の時間的なボリュームもたっぷりあって、その点でも満足感があります。

 

見だすと終わってほしくない感覚になってしまっていたので、そのボリュームに大満足でした。

キャラクターたちの特徴は、動きや行動と、しっかりと捉えられていますし、ストーリーやセリフも違うにせよ、スピード感があり実写の世界観も、十分楽しめました。

 

1話は最後、バギーの登場で終わりますが、次もすぐに見たくなるくらいのクオリティになっています。

ちなみに、ニュースクーはかわいい感じでいいとして、でんでんむしはリアルになると、ちょっとキモイですね。

 

その辺を見るのでも、楽しめると思います。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス