本記事には広告も含まれています。

foods、drink

メンママニアは、味も香りもどぎつい感じですけど、クセになってしまいます

メンママニア、パッケージ

 

「メンマがポテトチップスになった!」ってすごいインパクトですよね。

それに、本当にメンマの味を再現できているのかも、気になって買ってしまいました。

 

メンママニア

 

開封時に噴き出す香りは、まんまメンマですね。

ですが、よく嗅いでみると、メンマよりもかなりクセが強いです。

 

メンマ自体クセのある匂いですが、さらにメンマに、ごま油やラー油を足したような、結構どぎついクセ感があります。

ちょっとムッとするような感じもありますが、このクセ感にハマる人もいそうな感じですね。

 

メンママニアの香りは、意外とどぎついメンマの香り

 

パッと見、メンマとは、かけ離れた意外な見た目でしたけど、味も香りと同じで、非常にどぎついです。

物凄く味が濃い!って感じの味わいで、一枚の中に、いろんな味が混ざっています。

 

酸っぱかったり、辛かったりと不思議な味わいがあったりするのですが、ベースはしっかりとメンマの味になっています。

そこは全くブレていないですね。

 

メンマの味のクオリティは、非常に高いです。

 

メンママニアは、味も香りと同じで、非常にどぎついです

 

すごくクセのあるメンマの味がしますけど、これが非常にうまいんですよね。

はじめはハッキリいって変な感じがしましたけど、その変な感じも含めて、クセになってしまう味です。

 

私もメンマ好きですが、この味でも、十分納得できるうまさがあります。

ただ、辛味が残るので、辛いのが苦手な人にはちょっと厳しいかもですね。

 

ちなみに、メンマ味とクセ感が強すぎて、じゃがいもの味はしないです。

 

メンママニアは、メンマの味がしっかりとあって、クセになっていく味をしています

 

それに食感も、すごく不思議な感じがします。

分類は、ポテトチップス?みたいなんですが、食感がポテチというよりは、塩せんみたいな感じの噛み心地なんですよね。

 

と言っても、舌触りは違うんですけど。

メンマのような堅さはありませんし、非常に軽いサクサクとした食感でメンマの味なので、そんな不思議な感覚も含めて意外と面白いです。

 

メンママニアは、食感がポテチというよりは、塩せんみたいな感じです

 

全体的な味としては、メンマの味がしっかりとあって美味しいですし、満足できます。

それに、食べれば食べるほどクセになっていく味をしています。

 

あと味もメンマの味がしっかりと残りますので、意外とメンマを食べた感が残るんですよね。

ただ、ちょっと辛みも強いので、ヒリヒリ感は残ります。

 

原材料やカロリーなど

メンママニア原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

乾燥マッシュポテト(米国製造)(遺伝子組換えでない)、植物油脂、米(米国産)、メンマシーズニング、胡麻油、胡麻ラー油、粉糖、粉末醤油、味付鰹節粉末/調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳化剤、甘味料(ステビア、甘草)、(一部に小麦・大豆・ごまを含む)

 

栄養成分表示 1袋(35gあたり)はこちら

エネルギー167kcal、たんぱく質2.2g、脂質7.0g、炭水化物23.9g、食塩相当量0.4g

 

メンママニア

 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink