foods、drink

こいつはヤバイ!うま過ぎてヒリヒリしていることに気づかない。甘辛カラムーチョ<ヤンニョムだれチキン>レビュー食レポ

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンのパッケージ

 

カラムーチョには、目がないので、即買いですが、カラムーチョに興味なくても、買ってしまっていたであろうパッケージです。

見つけた瞬間、手に持ってましたから、辛い物好きな人には、抵抗できないかもしれないですね。

 

コイケヤオールスターアソート缶の側面
コイケヤオールスターアソートの詰め合わせ缶の中身はなに!?プライズ品【湖池屋アソート】

  コイケヤオールスターアソートは、UFOキャッチャーなどのクレーンゲームでゲットする、ゲームセンターの景品になっています。 プライズ品ですね。   取ろうと思えば、なかなかの金額 ...

続きを見る

 

甘辛カラムーチョ<ヤンニョムだれチキン>レビュー

 

もう凄いんですよ。

開けた瞬間から、うまみが溢れてきそうな香りと、辛そうな香りが混ざった、うまくないはずがないような香りが漏れ出してきます。

 

見た目は全然、辛そうに見えないんですけど、香りから辛さを物語っているような感じです。

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンの香りがすでに美味い

 

甘辛って、どっち!?みたいな微妙な表現なので、ちょっと想像ができませんでしたが、食べてみると、まさに甘辛です。

まず、甘さが先にくるんですよね。

 

食べ始めは、辛い?みたいに疑問に感じるくらい、甘い味が続くのですが、油断していると、あとから辛味がやってくるんです。

そんな不思議な体験ができます。

 

それからはもう、やめられないくらいの美味さが、押し寄せてきますね。

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンは始め甘くて、あとから辛さがやってくる

 

通常のカラムーチョと違って、辛さだけではない味わいがあって、味が深いです。

そのせいで、ポテチの場合、いつもなら何回かに分けて食べるのですが、この甘辛カラムーチョは、うますぎて、それができませんでした。

 

しかも、疲れている時に食べてしまったのですが、それでも美味しく感じる美味さなんです。

疲れている時に、辛いものを食べると、余計に疲れる感じがするのですが、このカラムーチョは、うますぎて、それでも止められないんです。

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンは疲れていても関係なく食べてしまう

 

口の中に残る辛味を、水を飲んで薄めたくないくらい美味いですし、一気食いしてしまいます。

ヤンニョム風って食べたことないので、いまいち分かりませんが、めちゃくちゃ美味いです。

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンの、深い味に手をとめられない

 

ポテチなんですけど、チキンが薄くパリパリになったような、そんな印象をうける深い味がします。

甘さと辛さの無限ループ!なんて書かれていますけど、甘辛の無限というより、食べることからまず抜け出せないですね。

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンは、食べることから抜け出せない

 

気づくと、ちょっと鼻の頭に汗がでてくる感じがあるのですが、甘さもあるせいか、そこまでの辛さを感じていないような気になってしまうんですよね。

でも、食べ続けていると、体は正直に反応しますね。

 

水分取らずに、一気に食べてしまったのですが、口の周りが特にヒリヒリしていました。

それを気付かせずに、食べ続けさせるなんて、甘辛カラムーチョ恐るべしです。

 

原材料やカロリーなど

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、食塩、香辛料、ミートエキス調味パウダー、粉末酢、たんぱく加水分解物、酵母エキスパウダー、粉末しょうゆ、粉末油脂/調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(ステビア、スクラロース)、酸味料、パプリカ色素、(一部に乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

 

栄養成分表示 1袋(53gあたり)はこちら

エネルギー299kcal、たんぱく質2.5g、脂質19.1g、炭水化物29.3g、食塩相当量1.0g

 

甘辛カラムーチョ ヤンニョムだれチキンは、絶品

 

気づくと、ヒリヒリしているのですが、そこまで気付かせずに食べさせ続けるような、魅惑の味になっています。

甘くもあるので、食べやすいですが、辛い物好きな人には、特にオススメできます。

 


湖池屋 甘辛カラムーチョヤンニョムだれチキン(53g*12袋セット)

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ