foods、drink

お菓子の材料はこれでしょ、チョコベビージャンボ、レビュー感想

チョコベビージャンボのパッケージ

 

小さな小さな円柱の形をした、かわいいと言ってしまっていいチョコですよね。

見た目、チョコの赤ちゃんバルクって感じでしょうか。

 

緩衝材に使われそうな形をしています。

ベビーといいつつも、1965年に発売されてから生き残っている、実はヤバイ商品です。

 

新商品として産声をあげて、1年間生き残る商品って今ではほとんどないですからね。

それだけ、人気なお菓子です。

 

チョコベビーのジャンボ、レビュー

 

ジャンボといっても、ベビーチョコの量が増えただけで、チョコの大きさは変わっていません。

逆に、チョコをマシュマロくらいジャンボにして、すでにベビーじゃないじゃん!ってツッコミを入れてみたい気もしますが、別物になってしまいますね。

 

通常のチョコベビー(32g)の量を、容器を大きくして、3倍以上の量にしたのがチョコベビージャンボ(102g)です。

チョコベビーの内容量の端数「2g」って、何か意味があるんでしょうかね。

 

チョコベビーの中身

 

チョコベビーはまず、この容器とふたがいいんですよね。

ずっと変わってない。はず。

 

この完全密閉のプラスチック容器に入っているので、持ち歩きで潰してしまうこともないですし、チョコの香りも逃しません。

 

チョコベビーはチョコがたくさん

 

そして、とにかく小さなチョコが沢山入っているので、好きな量を口に放り込めるのがチョコベビーの特徴です。

その時の気分に合わせて、微調整が自由自在です。

 

ポイント

食べやすいのは当たり前、どれだけ口の中をチョコで満たすかを選択できます。

ひとつひとつが小さいので、喉に詰まる心配もありませんし、安心して子供に食べさせることもできます。

 

さらに、お菓子作りに非常に優秀な材料にもなるんですよね。

細かく砕く必要もなく、手間をかけさせないチョコになっているのも、ポイントです。

 

クッキーにも、シフォンケーキにも、そのまま使えてしまいます。

 

チョコベビーの大きさ

 

この小さなチョコレートを、侮ってはいけません。

見た目はベビーですが、1粒でも味はしっかり満足できるチョコレートです!

 

小さいながらも、1粒の主張が強く、とっても甘いチョコレートになっています。

見た目は子供、中身は大人って感じです。(←こういうのいらない?)

 

少しずつとか、少し食べたい時にちょうどいい、本当に、ちょこっとだけ食べたいを叶えてくれる、唯一無二の存在ですね。

 

チョコベビーの優しい味

 

手も汚れず、糖分補給も手軽にできます。

 

口に入れた瞬間から、しっとりとするチョコレートの食感、そしてくちどけ。

申し分ないです。

 

小さいからこそ、ひとつをじっくり味わえたりします。

あとからくるチョコの香りも、フワッとしていて優しい感じがチョコベビーですね。

 

原材料やカロリーなど

チョコベビージャンボの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、植物油脂/乳化剤、香料、光沢剤、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示(102gあたり)はこちら

エネルギー552kcal、たんぱく質8.1g、脂質30.8g、炭水化物60.6g、食塩相当量0.17g

 

チョコはベビーでも、カロリーがジャンボですね。

量が多いので、当然ですけど。

 

ですが、小さいのでカロリー調整も簡単です。

 

ちょっとだけチョコ食べたい時に、その気持ちを満たしてくれる非常にいいお菓子。

 

チョコベビーはお菓子作りの材料に便利

 

お菓子作りをする人にもおすすめですね。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ