ブログサイト

どうして!?通販で売れない原因を探る方法【広告編】

通販で売れない原因を探る方法【広告編】

通販で売れない理由~広告

 

ランディングページも準備して、広告も出しているけど…。

売れない…。

という場合、考えるべき要素がいくつかありますが、今回は広告にかんして解説しています。

 

始めはひとつひとつ検証して、改善していかなければいけない地道な作業ですが、慣れてしまえば、楽にできるようになるので、地道にやりましょう。

 

そもそも集客ができていない

売れないのは、単純に集客数の問題かもしれません。

集客さえ、きちんとできていれば、売れるなんてことはよくあります。

 

同じ商品を販売していても、街中で売るのと、山奥で売るのと、どちらが売れるかといったら、人の多い場所ですよねってことと同じです。

 

集客ができていないなら、広告を見直す必要があります。

 

広告ひとつをとっても、考えるべき要素は3つ

 

広告の媒体自体が、商品で得られるメリットとあっていない、または広告に使うキャッチコピーやバナーが、悪い場合もあります。

もちろんですが、その全てが悪いということも考えられます。

 

  • 広告を出す場所が悪い
  • キャッチコピーが悪い
  • バナー画像が悪い

 

広告を出す場所を間違えている

分かりやすい例ですと、男性向けの商品を、女性の集まる市場に広告を出すとかですね。

メンズ服をレディース雑誌にのせるみたいな感じです。

夫や彼氏への、プレゼントとしての需要はあるかもですが、そんな期待は出来ません。

 

そんな冒険をするより、素直に想定したお客さんのいるところに、広告は出した方がいいわけです。

たまに、何も考えずに広告を出している人がいます。

 

広告さえ出せばいいみたいな。

捨て金になるので、広告代理店の言いなりになるのはやめましょう。

 

キャッチコピーが意味不明、バナー画像がボヤっとしている

想定したお客さんのいるところに広告を出していても、キャッチコピーが意味不明ですと、クリックして貰えませんので、集客できません。

それに、バナーの画像が悪すぎる場合も同じです。

 

YouTubeのサムネイル画像を、見てみると分かりやすいと思います。

クリックしてみたくなるものなのか、興味を全くもてないサムネイルなのか。

サムネイルで使われている画像やキャッチコピーが悪いものは、スルーしませんか?

 

バナーやキャッチコピーひとつで、集客人数が変わるので、適当に考えたり作ったりするのは、やめた方がいいです。

 

いきなりの高額な場所への掲載は無駄です

想定している人が見ていそうなところに広告は出しますが、それで集客がうまくいくかどうかは、やって見ないと分かりません。

一気に集客したいがために、大きな枠を購入したりする場合もありますが、はじめて出すような広告に高額な枠を買うのは、やめた方がいいです。

広告はまず、少額から試した方がいいと思いますよ。

 

いきなり大きなお金を出すのを、やめた方がいい理由は、たとえ集客できてもランディングページが悪い場合、売れないからです。

とにかく集客できるのか、できないのかをテストしていきます。

広告は集客できるかどうかなので、売れる売れないはまた別の問題です。

 

想定年齢は関係ない

集客に関しては、年齢とかで区切らない方がいいと思います。

20代向けとか、30代向けとか、あんまり関係ないです。

そういった区切りをするよりも、その商品の持つ特性を、欲しがっている人、もしくは欲しがりそうな人がいそうなところに、アプローチした方がいいです。

 

30代の人に使って欲しいといったところで、あまり意味ないです。

それは、売る側の都合なので、お客さんに関係ありません。

その商品の、メリットを欲しいお客さんが、何歳だっていいですよね。

 

ですから年齢ってあまり基準にならないんですよね。

たとえば白髪染めとか、高い年齢層のイメージがありますが、白髪って30代40代のまだ若い人の方が、解消したい気持ちは大きいと思うのです。

年配の方は、年相応みたいな感じで、白髪なんて気にしていない人もいますからね。

 

おもちゃなどもそうです。

実際に買うのは大人ですし、大人の方がコレクションとして集めていたりしますからね。

ですから年齢よりは、それを解消したい人に向けた方がいいのです。

 

欲求を満たしたい人や、解消したい人に訴求するのです。

年齢はあまりにもざっくりしすぎています。

 

集客改善は、広告か検索対策になります。

集客できていないのに、ランディングページや商品の改善をするのは、「ちょっとまったー!」ってことです。

まず売れるかどうか、集客してはじめて分かります。

集客もしていないのに、売れないな…ではないのです。

 

集客する前にランディングページを準備しておくことは、別の記事で書きましたが、ランディングページがうまく見込み客にささるかどうか、改善するべきかどうかは、集客できてからの判断になります。

 

ランディングページをつくって、あまり集客もしていないのに、「あれ?売れない」っていう判断は早すぎます。

ランディングページを作りなおしてみるか?ではありません。

 

ポイント

まずは、必ず集客できているか確認しましょう。

 

集客ができていて売れないなら、ランディングページか、商品に問題があるということです。

もしくは、広告内容とランディングページの内容があっていない場合もありますが。

 

※集客すれば、売れるみたいなことをいう業者もいますので、気をつけた方がいいですよ。

 

まとめ

 

ポイント

ランディングページも準備して、広告も出しているけど売れない場合は、ひとつひとつ何が原因か確認しましょう。

 

まずは、集客がきちんとできているかを確かめましょう。

集客できて売れていない場合に、ランディングページや商品を見直しましょう。

 

-ブログサイト

© 2021 e-きっかけブログ