foods、drink

もう、お手上げ。ここまで美味いとは…じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>レビュー感想

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>のパッケージ

 

青のりは、定番中の定番ですね。

湖池屋のポテチだけでも、この他に3種類でているので、全部で4種類あることになります。

 

ポテトチップスののり塩(普通にうまい)

プライドポテトの神のり塩(味がかなり独特)

スティックポテトののり塩(口の中でささるけどうまい)

 

これに加えて、じゃがいも心地の素材にこだわった「瀬戸内青のりと天海の塩」味です。

のり塩好きとしては、種類が豊富なのは嬉しいですね。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>

 

開封時の香りは、嫌みのない磯の香りがします。

磯っぽいとなると、生臭い感じがするものもありますけど、これは青のりの香りが濃く強いので、しっかりいい香りになっています。

 

よく嗅ぐと、若干エビっぽい感じもあったりするんですけど、いい香りですね。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>開封

 

口に入れた瞬間に分かります。

青のりがブワッと広がるので、あーこれは間違いなく美味いやつだってことが。

 

青のりの味が、かなり濃いだけでなく、鼻に抜ける香りも抜群に美味いです。

これは、のり塩味のポテチでは頂点じゃない!?って感じですね。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>は、のり塩味で一番うまい

 

塩加減といい、青のりの感じといいパーフェクトです。

文句のつけどころがないって、まさにこのお菓子のことをいいますね。

 

それに、別味の一番搾りごま油と岩塩を食べたときに感じましたけど、このポテチはじゃがいもの美味しさを味わうために、開発されているので、食感も抜群なんです。

噛み心地が、非常に気持ちよくて、厚切りにしている分、しっかりとした食感でありながら、生のじゃいも感のホクホクした感じもあり、じゃがいも自体が非常においしいんですよ。

 

ポテチでホクホクした食感って、なかなか味わえないですからね。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>食感もほくほくしていて完璧

 

どれをとっても、中途半端感が全くないです。

完璧です。

 

厚切りの分だけ、じゃがいもの旨みをしっかり味わえて、表面もガザガサしていない、蒸かしたような滑らかさもあります。

ですから口当たりも食感も良くて、それにのり塩が物凄く美味い。

 

子供も、のり塩大好きなんですけど、これを食べてからは、こちらに切り替えることになりました。

美味すぎて、手を止めることが難しいですね。

 

ここまで美味いと、迷う必要がなくなります。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>ここまで美味いと迷う必要がない

 

磯感が出てるんですけど、生臭くなく、焼き海苔や青のり、青さがブレンドされていて、このブレンドが凄いのか、美味いとしか言いようがなく、口に入れるたびに美味いと言ってしまいます。

そして、塩がすごく効いていますね。

 

海洋深層水から作った、天海の塩を使っているみたいですが、ポテチにバチっときまっています。

青のりのブレンドとも、かなり合っていて申し分ないですね。

 

原材料やカロリーなど

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、食塩、デキストリン、焼き海苔、あおさ、香辛料、酵母エキスパウダー、米粉、魚油、青のり、香味油/調味料(アミノ酸等)、香料、(一部に小麦・えび・さけを含む)

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー316kcal、たんぱく質3.2g、脂質18.6g、炭水化物34.0g、食塩相当量0.6g

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>

 

ポテチののり塩味で、一番うまいと思います。

おすすめしないわけがないポテチです。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ