本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

評価低いけど日本版のキューブ映画って明らかに面白い【考察】して謎を解明?


CUBE 一度入ったら、最後

 

途中、ネタバレも含みますので、お気を付けください。

 

なぜ日本版キューブは、評価が低くなっているのか?

 

日本版としてリメイクされたキューブですが、なぜか評価が低いです。

ですが、言うほどひどくはないと思うんですよね。(なぜそう思うのかは後ほど解説)

 

日本版キューブの評価をみたところ、だいたい多いのは2つです。

  • キューブ脱出までの謎の解き方がチープ
  • グロくない

 

確かに次の部屋には罠があるのかないのか、そして出口はあるのかないのか、全体的な建物の解明みたいな、そんな謎解きに関しての面白さや、それを解く際の凄さがなくなってしまっています。

ですから、分けわからない謎をとけてしまう人の凄さといいますか、すごい才能?みたいなものに感動を感じないんですよね。

 

そんな風に、淡々と進みすぎてしまっているせいも評価の低い原因かもですが、キューブの世界観よりも、中に集められた人にフォーカスされすぎているせいもあるかもしれません。(それが本当の謎につながるヒントかもしれないのですが)

それに、グロいという点でも、オリジナル版と比べると、全体的に、ビターキャラメルコーンが、キャラメルコーンになったみたいな、そんなまろやかさになってしまっています。

 

ですから、キューブに閉じ込められているという緊迫感も、いまいち感じられないんですよね。

そういった点から、評価が下がってしまっているんだと思います。

 

そして、そこで分かるのは、オリジナル版キューブを見たことのある人が、評価をしているってことです。

これがみんな、キューブにはじめて触れる人だったら、どんな評価だったのかは、気になるところですよね。

 

といっても、そんなまろやかキューブですが、実は面白いんです。

 

明らかにオリジナル版キューブよりも、分かりやすい

 

キューブの面白さは、人それぞれだと思うのですが、本質的な部分は、脱出ゲームの過程やグロさのある緊迫感ではありません。

ココがポイント

立方体のキューブ自体の謎なんです。

 

たしかに、何かよく分からないけど、キューブのシリアスで不思議な世界観に対する、すごっ!みたいなものはなくなった感じがしてしまいます。

ですが、オリジナル版では、ほとんど何も分からなかったものが、日本版ではヒントが多くなっていて、より謎の答えを絞れるようになっています。

 

⇒ キューブとはなに?

⇒ 何のためにつくられたの?

⇒ 誰がつくったの?

みたいな問いに、こうでもない、あーでもないを考えるためのヒントが、分かりやすく増えています。

 

中に集められた人が脱出できるかどうかとか、誰が生き残るのかとか、どれだけグロいのかなども、楽しみの一つかもですが、どうでもいいというわけではありませんけど、そこは副産物でしかありません。

なので、日本版はそこだけに注目がいかないように、まろやかになっているのかもしれないのです。(といっても日本の社会的な側面が大きいと思いますけど…)

 

そして、脱出ゲーム的な謎解きの方にも、あまりフォーカスされないように、淡々とした展開にしたのかもしれません。

もしくは、集められた人の人間性にキューブの謎を解く答えがあるから、人にフォーカスされているのかもしれないのです。

 

ですから、キューブの面白さは、キューブ自体についての考察にあると思います。

そこが一番の面白いところですよね。

 

たとえば…。

キューブに集められる人には規則性があるのか?

なぜ6人なのか?

罠の種類が違うのはなぜ?

キューブの技術力は人がつくれるものなのか?

杏さんが美人などなど

 

キューブの謎を考察

キューブに集められた人は、のほほんと穏やかに生きている人ではなく、何か重たいものを抱えている人が集められていました。

それが、たまたまなのかどうかは、サンプルが1つだけなので、今回だけでは分かりません。

 

ですが、6人のうちの1人(杏さん)は、あきらかに人ではない何かです。

メタ分析的な感じの表現だったり、行動だったりで、aiっぽい感じがしますけど、人の情報を集めている感じがしました。

 

ですから、人の感情を揺さぶり引き出すためのものがキューブなのかもしれません。

人の感情を動かすためには、恐怖を与えたり、死の危険があった方が、より本質が分かりやすいから、そうなっているのではないでしょうか。

 

そして、何かを抱えている人の方が、分析対象としてもいいサンプルだと思いますし、罠が複数種類あるのは、どんな風に自分が死ぬのか分からないというところに、より恐怖を煽れるんだと推測できます。

そして6という数字は、多分ですがキューブの面を表しているのかもです。

 

サイコロのように、6面体の部屋がいくつもつながったものがキューブなので、それに合わせているんだと思うのですが、そのこだわりの意味は分かりません。

ですが、対象が多すぎると、攻略も楽になりそうですし、恐怖も薄れそうなので、6人くらいがちょうどよかったのかもです。(1人は違うので、実際は5人でしたけど)

 

そして、スキャンしただけで記憶を読み取れる時点で、人が作ったのかどうかも怪しくなります。

ということをふまえて考えると、面白いですよね。

 

ただの予想

杏さんの頭の中で、うのちはるという子供のデータに関して、completed subject relaasedとあるので、解放されたと書かれていました。

その解放が、何を意味した解放なのかも謎ですが、普通に考えたら元の生活に戻れるんだと思います。

 

杏さんが、「外に出ても前と何も変わらないかもしれない」それでも前にすすむ?ってセリフを子供に言っているので、キューブにきた人たちを、実は救済する意味もかねているのかもしれません。(外に出てもいいことないよみたいな)

それに出口もあることから、キューブは人を殺すことが目的ではないってことも、分かります。

 

何者ですか?って聞いているので、人とは何なのかを分析するための建造物であり、キューブから生き残れるような、強い種を求めているともとれてしまいます。

それに、技術力がバグっているので、宇宙人、もしくは未来人なのかなって思っています。

 

宇宙人なら、人を分析するための建造物で、未来人なら、その後絶滅してしまう人類を、未来で復活させるために、人のデータを分析し送っているのかもしれません。

 

それにしても、最後に、杏さんにバイバイと言われた子供ですが、そこでうんうんってうなずくんですよね。

普通に考えて、うんうんではなく、え?ってなりますよね。

 

あんたは出ないのかい!ってなると思います。

一緒に行こうよ!ってなるはずなのですが、子供は何かを悟ったのか、一人で出口に向かっていくのです。

 

その子供の行動にも、謎が多くて分けわかりません。

 

キューブの謎とは関係ない気になる点

 

読み飛ばしてもらってもいいのです。

 

キューブ冒頭のサイコロステーキは、有名?ですが、日本版の冒頭部分では、サイコロステーキが、でかいぷっちょに変わっています。

キューブだからこそ、はじめの犠牲者を、キューブ状にしたかったのかなぁみたいな感じもあるのですが、血がついていないので、ぷっちょにしか見えません。

 

そこはどうでもいいのですが、罠として壁から飛び出してくる鉄枠は、飛び出してくる長さがそれぞれ違いますし、ほとんど部屋の真ん中あたりで止まっているので、もう少し前だったら大丈夫だったのか?

なんて思ったり、最大の謎なのは肉ぷっちょが、どうやって落ちたんだろう?ってことが謎です

 

服が落ちるのは分かります。

立ったままでも、薄いので落ちるんでしょうけど、肉ぷっちょに関しては、真っすぐ立っている体から落ちようがないんですよね。

 

そこが非常に気になって、昼寝ができませんでした。

鉄枠が斜めに刺さって、くり抜かれていたら、下に落ちるのも分かるんですけど、横にまっすぐですからね。

 

落ちるはずがないんですよね、肉ぷっちょ…。

冒頭から謎を残してくれるんですけど、最後も謎なんです。

 

最後の菅田将暉さんの落ち方も、どう考えてもおかしいんですよね。

頭から落ちてきているんですけど、背中から落ちたような感じになっています。

 

くの字に折曲がった状態で、天井の入り口から落ちたなら、下に落ちたときの体勢に納得ができたんですけど、その点もおかしいんですよね。

そして、タイトルがちょっと違う気がする点です。

 

日本版はキューブというタイトルに、「一度入ったら、最後」なんて文句がつけらているのですが、キューブの内容としては、違う気がするんですよね。

キューブで気にするところは、そこではないみたいな。

 

それに、一応クリアといっていいのかどうか疑問ですけど、ゴールがちゃんとあるので、キューブに入っても、最後ではない…とツッコミざるおえなかったりもします。

そして、どうやって連れてきたのか、誰がいちいち着替えさせたのか、トイレはどうしたんだろう…みたいなことも謎だったりします。

 

どうでもいいといえば、どうでもいいことなので、ちょっと気になるみたいな点を最後に上げてみました。

 

動画配信サービス(VOD)の7つの無料おすすめと魅力を徹底解説
暇な時間?消えてなくなる。映画・アニメ【見放題】無料動画(VOD)7つとおすすめ、魅力を徹底解説

  毎日、VOD見放題(動画配信サービス)にて、映画やアニメ、ドラマの何かしらの作品を視聴し続けている私が、徹底的にVODの魅力も含めて解説しています。 個人的に、サブスク契約しているVOD ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス