本記事には広告も含まれています。

キャンプギア 小物、くじ

総合的に文句がない日焼け止めのおすすめ、塗りやすく、なじみやすく、かつ匂いもいいUVカット

 

結論からいいますと、日焼け防止はもちろんのこと、塗りやすく、なじみやすく、かつ匂いもいい、総合的におすすめできる日焼け止めはこれですね↓


 

なぜ、ビオレUVに落ち着いたのか?

日焼け止めおすすめ ビオレUV、パッケージ

 

ビオレUVを、日焼け止めにおすすめしたのは、総合的に文句がないからです。

日焼け止めは、いろいろな種類がたくさん出ています。

 

全部試したわけではありませんが、クリームからはじまり、ミルクやジェル、ローション、スプレーだったりと、形態だけでも、それはそれは…みたいな感じでたくさんの種類があります。

ですから、全部試そうなんて思いませんし無理がありますよね。

 

それぞれに特徴もあって、UVカット効果もしっかりと期待できるのでしょうが、たくさんありすぎるだけに、どれを選んでいいのか分からなくなると思います。

ですが、自分に合ったものとなると、結局のところ限られてきます。

 

そこで私個人の求める機能がこちらです↓

日焼け止め機能ポイント

  1. 火傷しない
  2. ぬりやすい
  3. 白くならない
  4. 匂いが臭くない

総合的に、文句がないというのは、この4つの基準を満たしてくれるからです。

 

特徴がメーカーによって、さまざまあるんでしょうけど、ようは日焼け(私の場合、火傷)を防いでくれればいいわけで、なおかつ時間をかけたくないので、ぬりやすいもので、いかにも塗った!みたいな、日焼け止めの白さが残らず、匂いがよかったら最高だよねって感じで選んでいます。

ビオレUVには、UVカット成分を含んだ、アクアカプセルが…みたいなことが書かれていますけど、目に見えないことなので、実際のところは分かりません。

 

ですが、「日焼けを防止したい」という欲しい機能は、しっかりと満たしてくれていますし、他の部分でも不快感が全くありませんので、個人的にすごく推せる日焼け止めです。

 

日焼け止めおすすめ ビオレUVは不快感がない

 

私の体質は…

個人的な体質ですが、日焼けが嫌なんです。

というと、みんなそうだと思いますが、肌が元々白いせい?か、ちょっと外で遊んだりするだけで、火傷したみたいに、顔や腕が真っ赤になって、ひりひり、ジンジンしてしまうのです。

 

そうなってしまうと、常に痛いのですが、服を脱ぐとき、顔を洗う時、寝るときは特に痛くて、そんな状態が数日続きます。

その中でも、寝るときは特にひどいです。

 

目をつぶりますし、何もしない状態になりますので、日焼けの痛みに集中してしまうといいますか、より鮮明に痛みが分かるようになるんですよね。

寝てしまうまでの間が苦痛な時間になってしまいますので、それが嫌で、あまり塗りたくはないのですが、日焼け止めに頼っています。

 

ですから、そんな痛い日焼けといいますか火傷状態を、私の場合は、しっかりと防いでくれたら、実際のところなんでもいいのですが、不快感がある日焼け止めは遠慮したいところです。

そんな不満のない日焼け止めが、ビオレUVだったという感じですね。

 

それに、汗かいたときに、汗が白っぽくならないのもいい感じですし、車に白移りしない点も素晴らしいです。(黒基調の内装なので特に)

 

ビオレUVの塗り心地はいい?

日焼け止めおすすめ ビオレUVの液

 

すごく塗りやすいです。

まるで水!?なんて書かれてある通り、本当に水みたいに、スーッと伸びます。

 

ですから、塗り広げるのに時間がかかりません。

なかなか白い日焼け止めを、自然な感じになじませるのが困難なものもあったりしますが、それが全くないです。

 

すごくよく伸びるので、白だまりしませんし、日焼け止め液の、不自然な白さが残らず、すぐに消えます。

日焼け止めおすすめ ビオレUVは、不自然な白さが残らない

 

ほんとうに一瞬でなくなりますので、非常に便利です。

それくらい、スーッとなじみ消えるので、すごく楽ですね。

 

ココがポイント

スーっとなじんで、時間がかかりません。

 

ビオレUVを塗ったあとの肌感

塗った後の肌感は、サラサラとはいかないです。

触るとちょっと、ペタペタとくっつくような感じが残ります。

 

かといって、ベトベトしたりヌルヌルした感じはありません。

塗った直後は、張り付く感じのペタペタ感がありますが、乾くとサラサラになって気にならなくなります。

 

ですから、ペタペタする感じがあるので、ちゃんと日焼け止めをぬれている感じがわかりますし、そのうちサラッとしてくるので、嫌な感じは残りません。

何かを体にぬるのが嫌いな人でも、不快な感じにはならないと思います。

 

個人的に、毎日、朝と夜、お風呂に入るくらい、ベタベタした感じが嫌いなのですが、そんな私でも全然大丈夫です。

それに見た目からも、日焼け止めをぬった!みたいな、白さが残りませんので、自然な肌感になっていて、塗っていることを忘れるくらいです。

 

見た目、若干みずみずしいといいますか、光を反射しているような、肌が明るくなった感じはありますけど。

 

ココがポイント

日焼け止めの、不自然な白さが残らず、ベタベタした不快感がありません。

 

ただ、ここまではいいとして、日焼け止めって、意外と臭くないですか?

 

ビオレUVの匂いは臭い?

日焼け止めおすすめ ビオレUVは、いい匂いです

 

ビオレUVを塗っても、普通にしている分には、匂いはしません。(すごくたっぷり塗ると分かりませんが…)

顔につけていても、あまりよく分からない匂いなので、匂いに敏感な人にとっても、使いやすい日焼け止めになっていると思います。

 

腕になじませた部分の、ビオレUVの匂いをよく嗅いでみると、ほのかに分かる感じです。

日焼け止め特有の香りは、確かにあるにはあるんですけど、全く嫌な臭いではなく、むしろいい匂いに感じます。

 

グリーンフルーティー(フローラルグリーンとフルーツ)の香りみたいですけど、いろんな匂いが混ざっているせいか、言葉では表現できませんが、無駄に匂いを嗅いでしまうほどには、いい香りになっています。

それに、どことなくスティックのりっぽい感じの匂いにも、感じられるんですよね。

 

ですから、身近な香りに感じるので、嫌な臭いに感じないのかもしれないです。

個人的には、気分の上がるいい香りなので、隙あらば匂いを堪能しています。

 

個人的なポイント

塗ったすぐより、ちょっと時間が経ったくらいの香りの方が、とてもいい匂いです。

 

といった感じで、総合的に嫌な感じが全くないので、ビオレUVがおすすめできます。

ビオレUVといっても、タイプがいろいろあるのですが、アクアリッチの水層パックUVがいいかと思います。

日焼け止めおすすめ ビオレUVは見た目もいい

 

これは、ふたがしっかりと閉まり、頑丈なので、あやまって踏んでしまっても何も問題がありません。(踏んでふたが開いて、ビャーみたいになるのも防げます)

そんなことは、ほぼほぼないのですが、1回だけやってしまったことがあったので、人生何があるのか分かりませんってことですね。

 

それに、見た目もいい感じなので、なおさらですね。

私みたいに、火傷みたいになってしまう人にもおすすめできます。

 


 

裏面↓

日焼け止めおすすめ ビオレUVの裏面

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア, 小物、くじ