foods、drink

嘘!?全くとろけない?とろけるグミのコーラ味、レビュー感想

とろけるグミのコーラ味のパッケージ

 

グミがとろける!?

って気になりますよね。

 

グミって弾力があって、ぷにぷにしていますが、意外と硬いイメージがあるので、とろけるのなんて、どんな感じなんだろう?

と思って買ってみた商品です。

 

とろけるグミのコーラ味、レビュー

 

開封時の香りは、やっぱり最高ですよね。

これが悪いと食べる気がしないといいますか…。

 

まぁでもグミって、だいたいこんな感じだと思います。

コーラの香りが、際立っています。

 

とろけるグミの開封とろけるグミの開封

 

触った感じは、普通に硬い感じです。

弾力もしっかりあって、とろけるような感じが微塵もありません。

 

形としては、涙といいますか雫みたいな形ですから、とろける感じはするのですが。

 

とろけるグミの弾力

 

そして食べてみると、とろけない。。

全くとろけません。

 

UHA味覚糖やっちまった…って感じです。

コロロのグミが凄いだけに、これは…。

 

ないです…。

とろけるイメージで食べているので、余計に硬く感じてしまいます。

 

確かに、パッケージに書いてある、ぷにぷに食感はあっているけど、とろけはしないですね。

味も普通のコーラ味です。

 

でも香りだけは、いい香りがします。

ですから、若干、本当に若干だけ、シュワっとする感が、なきにしもあらずです。

 

とろけるグミはとろけない

 

最後まで、しっかり噛み応えがあって、これはこれで美味しいグミだと思います。

ですが、とろけるかと言われると、全否定されそうな感じです。

 

食べ方を間違っている!?

パッケージには、「通常よりも融点が低いフィッシュゼラチンを使っている」と書いてありますが、とろけないのはなぜ!?

そして、「口の中で温めて、優しくとろける口どけをお楽しみください」とも、小さく書かれてあります。

 

そういうことみたいです。

噛まずに、口の温度で、とろけさせるのが、とろけるグミの食べ方ってことなのです。

 

とろけるグミの食べ方

 

試してみたところ、確かに、噛まずに口の中で転がす感じですと、表面がじわじわとろける感じがしないでもないです。

物凄く滑らかな口当たりで、確かに優しい口どけです。

 

グミが崩れてヒビ割れていく感じではなく、ぷにぷに滑らかな食感が最後まで続いて、優しい口どけをしています。

これは、噛まずに口の中で転がすタイプのグミで、正解ってことです。

 

そうすれば、すごくいい感じで、とろけていきます。

ただ、その場合コーラの味がイマイチになるんですよね。

 

なぜなら、あったかいヌルヌルした、コーラになってしまうからです。

コーラ味としては、口どけがちょっとデメリットになっているかもです…。

 

とろけるグミはとろけない

 

とろける食感を味わうなら、噛まずに優しい口どけを味わって、コーラの味を楽しみたいなら、噛んだ方が美味しいと思います。

噛まずにとろけるって商品名にした方が良さそうな気がしますね。

 

とろけるグミは、16つぶ入りです。

 

原材料やカロリーなど

とろけるグミ、コーラ味の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

水飴、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、コラーゲン、濃縮果汁(りんご、デーツ、レモン)、殺菌乳酸菌飲料、植物油脂/酸味料、着色料(カラメル)、香料、光沢剤、(一部に乳成分・りんご・ゼラチンを含む)

 

栄養成分表示(50gあたり)はこちら

エネルギー154kcal、たんぱく質3.5g、脂質0g、炭水化物36.4g、食塩相当量0.03g

コラーゲン3400mg

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ