foods、drink

1枚で気分が変わる!南信州菓子工房の輪切りレモンレビュー感想

南信州菓子工房の輪切りレモンのパッケージ

 

ドライフルーツでレモンを食べるのは、人生初なので、すごく楽しみな反面、酸っぱ過ぎたらどうしようみたいなものもありますね。

ですが見た目が美味しそうだったので、買ってみました。

 

レモンの場合、見た目がキレイで美味しそうに見えるので、中身を見えるようにしているのはいいですね。

中身が見えなかったら、買ってなかったと思います。

 

輪切りレモン

 

輪切りレモンは、ドライフルーツの独特な美味しくなさそう!って香りを、完全に否定するくらい、ものすごくうまそうな匂いを漂わせています。

何の違和感もない、まさにレモンそのものですね。

 

だいたいドライフルーツにすると、香りが変わってしまいますが、レモンの場合は、より生の状態よりも、美味しそうに感じさせてくれるような香りになっています。

生のままだと食べたいと思えないのですが、なぜかこのドライフルーツの香りになると、食べてみたくなる。

 

そんな香りになっています。

 

南信州菓子工房の輪切りレモンの香りは、何の違和感もない、まさにレモンそのもの

 

そして食感は、しっとりやわらかと、なってはいますが、まちまちですね。

皮の部分が若干堅いかなぁってものもあれば、物凄く堅いものもあったりと、ひとつひとつ堅さが違っています。

 

中の果肉の部分は、しっとりやわらかなんですけどね。

皮はそうでもなかったりします。

 

その辺も自然な感じがして、嫌な感じは全くありませんね。

面白い食感だなぁくらいの感じです。

 

南信州菓子工房の輪切りレモンの食感はまちまち

 

それに味も食感と同じで、レモンの場合、変わりますね。

レモンの香りはしっかりするのですが、レモンっていうよりも、みかんの皮って感じの味が強く、酸っぱさはあまりないかもなんて、始めは思っていましたが、2つ目食べると違ったって感じです。

 

この辺も、自然のものなので、同じ種類のものでも、ひとつひとつ甘かったり酸っぱかったりするように、それぞれ違っていて、味が変わるので、なかなかにこんな味とは言いにくいって感じですね。

みかんのように甘いのがあったり、苦味がきついのがあったり、酸っぱさが強めのものがあったりと味が変わります。

 

そういった差が激しいのが、ドライフルーツのレモンって感じですね。

 

南信州菓子工房の輪切りレモンは味の変化が激しい

 

ただ、食べた終わったあとの舌の上には、酸っぱさがすごく残ります。

長々と酸っぱさが残る感じなので、口の中が爽やかといえば爽やかですね。

 

強烈に残る場合もあるので、この辺は好き嫌いが分かれるかなって思います。

ですから、一気に食べるよりは、リフレッシュしたい時に、一枚食べるって感じがいいかもですね。

 

南信州菓子工房の輪切りレモンは、一枚食べるだけで気分が変わる

 

ドライフルーツのレモンは、一枚で十分気持ちが変わると思います。

気分変化するのに、一番向いているドライフルーツかもしれないですね。

 

原材料やカロリーなど

南信州菓子工房の輪切りレモン原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

レモン(国産)、砂糖、ぶどう糖、還元水あめ/トレハロース、クエン酸、ビタミンC、乳酸Ca、酸化防止剤(酵素処理ルチン)、酒精

 

栄養成分表示 1袋(32gあたり)はこちら

エネルギー100kcal、たんぱく質0.3g、脂質0.0g、炭水化物24.7g(糖質22.6g、食物繊維2.1g)、食塩相当量0.0g、ビタミンC195mg、クエン酸672mg

 

南信州菓子工房の輪切りレモン

 

1枚で気分を変えたいなら、レモンですね。

味の変化や堅さもまちまちですが、それも含めて楽しめますよ。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ