ヒント 学べる本

不満や悩みは、本を読めば解決します、誰かに相談するより早いし確実。

不満や悩みは、本を読めば解決します

仕事をしていると、日々さまざまなことがあり、その中で不満や悩みって出てくると思います。

どうやって解決すればいいだろうって思えるならまだしも、始めから諦めて、何も考えずにただ我慢するだけって人もいますよね。

不満や悩みは、なかなか誰かに相談しづらかったり、言うまでもないことだったりと大小あると思いますが、解決したいなら、本を読んだ方が早いですよって内容です。

 

本を読む方が、圧倒的に楽です

 

今までも、本を読めばほとんど解決するよって言ってきましたが、ほとんど読まない人が多いです。

本を読むくらいなら、スマホのアプリを楽しんだり、映画見たり、ゲームした方がいいと考えてしまうんですよね。

過去の私もそうでしたし。

読んでみないと、その有用性が分からないってのもありますが、読むのが面倒臭いんですよね。

すごく良く分かります。

 

不満や悩みは、待っていても自分で動かないと消えません

本を読むことと、今までの悩みや不満だらけの毎日をおくり続けるのと、どちらがいいのか考えてみるといいと思います。

ある日突然、そういったあなたを悩ませているものが、何もしなくても解決するなんてことが、稀にごく稀にではありますがおこります。

でもそんなことは、ほとんど起きません。

期待するだけ無駄です。

 

悪循環になる前に、本を読むと楽

ずっと頭の中にかかえたままになってしまいます。

それだけではなく、不満や悩みは解決していかないと増えていくんですよね、厄介なことに。

しかも複雑になってしまったり、あれもこれもって、しまいには身動きとれなくなってしまったりする場合もあります。

さらに悪いことに、何度も毎日考えてしまうので、頭の中に定着してしまうんですよね。

不安や悩みを復習しているのです。。

 

本を読んだ方が楽だった…

そうなることは分かっているはずなんですけど、なかなか解決に動き出せない。

読むと、本の魅力に気づくんですけど、それまでがなかなか行動に移せなかったりするんですよね。

何か、大きなきっかけが必要だったりするのですが、私はこのままだとマジでヤバイってことが起こったので、本で解決策を探しました。

すると本を早く読んでいれば、もっと楽だったってことに気づいてしまうのです。

 

なぜ本なのか?

 

何か問題に直面した時にどうしていますか?

もんもんと悩み続ける人もいるでしょうけど、誰かに相談することもあると思います。

でも、大したことない小さな悩みとか、これ言うと変に思われないだろうかとか、人に聞けないことも中には、あると思うんですよね。

話しづらいこともありますし、いちいち不満や悩みが出てくるたびに、人に聞いたりしないと思います。

 

例え親友がいたとしても、なんでもかんでも話すなんてことはないと思うのです。

そうやって、ずっとそういう思いを抱えたまま、過ごす日々が続いてしまうんですよね。

かといって、仕事から帰ってきたら、そういった悩みに向き合うのではなく、むしろ悩まないように、他のことをするのではないでしょうか。

何か他に楽しい集中できることがあるなら、そっちを優先しますよね。

 

嫌なことに向き合わなくて済みますし、楽だし、何より楽しいから。

でも、その時ばかりは、何かに熱中して忘れることができても、それをやめればまた思い出し悩みます。

それの繰り返しになってしまいます。

一時的に臭いものに蓋を被せただけの状態ですからね。

 

誰にも相談できない不満や悩みは、本を読めば解決策が見つかります。

解決してくれそうな人のところに、わざわざ聞きに行かなくても、同じようなことで悩んでいた人が本に解決策を書いてくれているんです。

わざわざ誰かに打ち明ける必要もありません。

自分で解決できます。

 

誰かに聞いて欲しいだけなら別ですよ。

でも、解決したいのに、解決できない状態って、毎日がしんどいじゃないですか。

それを本に頼るのです。

 

本とか、書籍って言うと、何だか難しいことが書いてあって、どうせ読んでも理解できないとか思う人もいるかもしれませんが、全くそんなことはないです。

 

ネット検索と同じです

実はやっていることはネット検索と同じことです。

分からないことや、解決したいことが出てくると、ググりますよね?

検索するはずです。

そして、そこに書いてあるテキストを読むじゃないですか。

 

それと同じです。

本だからと言って、身構える必要は全くないです。

むしろ、ネットと違って誰が書いているのか、どんな人が書いているのか分かりやすいですし、内容も充実しています。

それに、本の出版に関しては何も知りませんが、たくさんの人が関わっています。(多分、たくさん?)

 

著者はもちろんですが、それを編集する、校閲する、本の装丁などそこまでして出版されているものです。

それでも本の情報が絶対かといったら、そうではないと思うので、読み比べしていけばいいですし、自分にあったやり方が書かれているものが、見つかりますよ。

結構、みんな同じようなことで不満を感じたり悩んでいるんだなって分かります。

自分だけではないってことも勇気づけられますよ。

 

自分で解決策をみつけなくてもいい

頭のいいと言われている人たちも、同じことで悩んでいるし、先にそれを乗り越えて、同じような人達に向けて解決策を提示してくれています。

自分で解決策をみつけなくてもいいって、楽じゃないですか?

せっかくなので、利用させて貰えばいいんです。

わざわざ自分で一から解決策を模索しなくても、本の中にそれは用意されてあって、ただ読んで行動に移すだけなんですよね。

 

本を読むのが面倒臭いとか、読めるかどうか分からないとか思うこともあるかもしれません。

本に頼らなくても解決できるならそれでいいでしょうけど、そうではなくて、あなたの理想とする状況を手に入れられないとか、現状に不満を感じているなら、本を読むくらいどうってことはないですよ。

やってみれば分かります。

 

誰でも読むのは簡単

 

私もマンガは好きでしたけど、活字ばかりの本なんて読んだことなかったです。

学生の頃は、国語も苦手でしたし、読むことに苦痛を感じているほどでした。

国語嫌いは、作文とか読書感想文のせいですけど。

1マスを4つくっつけて、1マスにして書いていたら、めちゃくちゃ怒られたのを覚えています。

 

本に逃げる

そんな感じでしたけど、社会に出てどうしようもない悩みや不安が出てきた時に、本に逃げたのです。

自分で考えることをやめて、本に解決してもらおうと逃げたんです。

こんなところに解決策があったのか!って、それから問題が持ち上がると、解決のために本を読んできました。

今では、毎日読んでいます。

 

自分の中で解決したいことは山ほどあるので。

といっても、選ぶのが面倒なので、目に付いたものを適当に読んでますけど、それでも得られるものが大きいので、やめられません。

不安をかかえ悩み続けて、他の娯楽に逃げるよりも、本を読んだ方が楽なんですよ。

ほんとうに。

 

なぜ学生の頃から読まなかったんだろうって後悔しています。(あんなに読書嫌いの私でも、変われるものですね)

友達とか、どうでもいいから、図書室にでもこもっていれば良かったと思うくらいです。(あとで友達とかつくれますからね)

社会に出たら、みんなそれぞれ何かしら抱えて生きてますし、友達に相談したところで、ほとんど解決しません。

それよりも、自分よりも悲惨な状況だったりする場合もありますからね。

 

本を読むと時間が増える

 

実際に増えるという意味ではなく、自由にできる時間が増えるんです。

暇になるんですよね。

何故かといったら、効率的になるから。

しかも、問題解決も割と容易くできるようになります。

 

本を読む暇なんてないとか始めは思ってしまいますが、読んだ方が時間が増えるんです。

面白いですよね。

逆に読まないから、そんなに忙しいのでは?と思ってしまいます。

それくらい変わるので、オススメしているんですよね。

 

本の影響力は強いので、本を読んでいることを黙っている人もいると思います。

自分だけ成長しようとする人もいるでしょう。

自分より成長して欲しくない人は、本を読んだ方がいいとは言わないでしょうから。

差がつくのは、読書量と行動だと思います。

 

結局は、行動ですが、本を読むと考え方が変わるので、自然と行動が変わってきます。

そんな頑張る必要はないので、気楽に読んでみることをオススメです。

今では、マンガにして解説してくれている本もたくさんあります。

随分と、読むのも楽になっているんですよね。

 

ぜひ、利用してみては?

人生変わるかもしれませんよ。

-ヒント, 学べる本

© 2021 e-きっかけブログ