foods、drink

バターに癒されながらのほくほく感が最高、じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>レビュー感想

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>パッケージ

 

じゃがいも心地から、昨年も好評だった「富良野産生乳のバター」が、季節限定の新商品として出ていました。

2021年9月20日に発売されていたみたいですが、不覚にも気づかなかった…。

 

といっても、このパッケージの色合いがよくて、買ってからも食べずに、一時飾ってしまっていましたけど。

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>

 

開封時に広がる香りの、バター感にまず癒されますよね。

じゃがいも心地で、この香りですと、うまいに決まっているって、無条件で思わせてくれる、物凄く豊かなバターの香りがします。

 

スイーツのような感じにも思えますし、濃厚なじゃがバターのような感じもあるんですよね。

それに濃厚だけど、優しい味わいをイメージさせてくれるような香りにもなっています。

 

バター感が強いので、ポテチ自体のこってりとした感じは、あまり感じられないです。

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>豊かなバターの香り

 

そんな香りと、分厚く切られた、じゃがいも心地のきれいな見た目がまた、いい感じなんですよね。

このチップスに、生乳のバターが乗っかっていると思うと、見ただけで楽しみで仕方なくなります。

 

香りのバター感が強いので、ポテチの味わいはそこまで感じないかと思ったんですけど、意外にポテチ!って感じです。

じゃがいも心地は、やっぱり、じゃがいもの美味さを、しっかり味合わせてくれますね。

 

バターが思いっきり主張している感じではなく、添えてあるような、そんなおしとやかな味わいになっています。

それに、バターの味わいで、じゃがいもが甘く感じますね。

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>じゃがいもの美味さを、しっかり味合わせてくれます

 

バターがうまい具合に、じゃがいもの旨みを広げてくれます。

口に入れた時に、バターの味わいが優しく広がってくると、じゃがいも心地のほくほく感と塩の感じがやってきます。

 

バターが程よい感じなので、塩にも旨みを感じることができるんですよね。

それにあくまでも、じゃがいもをメインで味わうような感じです。

 

バターが濃厚かと思いきや、そうでもないので、食べたあとでムッとこない感じもいいですし、バターが、じゃがいもの旨みを、ひき立てる味わいになっています。

あと味に残るバター感が、非常に優しくて、最後まで美味しいが続きますよ。

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>バターがじゃがいもの旨みを引き立てる味わい

 

それに、じゃがいも心地の食感は、いつ食べても最高です。

厚切りされていて、力強い食感になっていますが、不思議とポテチの中心に、じゃがいもを蒸したような、ほくほく感を感じることができるんです。

 

これが、じゃがいも心地の旨さなんですよね。

土台のじゃがいもが、ポテチが、文句なくうまい!

 

それがじゃがいも心地です。

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>土台のじゃがいもが、ポテチが、文句なくうまい

 

ハッキリいってしまうと、何も味つけしなくても、これだけで十分美味しいんですよ。

 

それにさらに、うならせるような味付けをしてくるから憎いですよね。

味付けが非常にうまかったり、今回のバターのように、ポテチ自体をさらに引き立たせたりと、なかなかの策士です。

 

ペペロンチーノソルトも、残せば良かったのにって感じがします。

 

原材料やカロリーなど

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、岩塩、ぶどう糖、砂糖、乳等を主要原料とする食品、オリゴ糖、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、バター(乳成分を含む)/調味料(アミノ酸等)、香料(乳・りんご由来)

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー314kcal、たんぱく質2.7g、脂質18.6g、炭水化物34.1g、食塩相当量0.5g

 

じゃがいも心地<富良野産生乳のバター>

 

優しい味わいの、じゃがいも心地です。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ