foods、drink

サクサクというより、まじホクホク!じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>レビュー感想

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>のパッケージ

 

一番搾りごま油と岩塩って、ちょっと変わった組み合わせの味付けですよね。

湖池屋って、そんな面白い味わいを出してくるんですけど、これが意外とうまいから侮れません。

 

じゃがいも心地は、じゃがいもの美味しさを味わうために、開発されているはずなんですけど、それなのに味付けがいちいち面白い。

そういうの、個人的にツボです。

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>

 

開封時の香りから、ごま油の香ばしい匂いが食をそそります。

ポテチを目の前で、ごま油で調理しているかのような、それはそれは美味しそうな香りを出しています。

 

ですから初めて食べる人も、開けた瞬間に、期待大になる感じがするんですよね。

その分、ハードルが上がるのかもしれませんけど。

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>の開封時の香りがすごくいい

 

それに、見た目がすごくキレイな色をしています。

プラス、形も厚めになっているせいか、美味しそうな形に見えますし。

 

今、揚げたばかりなんじゃってくらいの、勢いがあるキレイな見た目をしています。

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>見た目も色もきれい

 

蒸かしたような断面と色合いをしているので、美味そうなじゃがいも感がしっかりでていますし、香りも見た目も抜群ですね。

肝心のお味の方はといいますと、厚切りになっているので、食感が結構しっかりしています。

 

噛み心地が、非常に気持ちがいいっていうのが、第一印象ですね。

サクサクなんですけど、普通のサクサクではなく、もっと重めのカリカリよりのサクサクといった感じです。

 

通常のポテチの食感を、もっと力強くした感じですね。

ですが、しっかりとじゃがいもの生の柔らかさもあるんです。

 

ですから、ホクホクといった方がいいのかもしれません。

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>ほくほくした食感がします

 

とにかく食感がよくて、舌触りも滑らかで心地よく、通常のポテチとは全く違います。

じゃがいもの断面の滑らかさと、ほくほくとした生っぽい食感を、しっかり味わうことができるんです。

 

口の中の心地よさで、ポテチを選ぶなら、断然じゃがいも心地ですね。

そして、ごま油の香りがすごくいいです。

 

ごま油は、結構香りも味も強いので、それだけの味に染まりそうな感じがしますけど、ポテトの旨みも十分に分かるようになっています。

岩塩の感じは分かりにくいですけど、とにかくうまいですね。

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>とにかくうまいとしかいいようがない

 

食感が秀でているので、それだけでも美味しさが上がっているのですが、味付けも抜群です。

じゃがいもの味わいを壊すことのない、絶妙なごま油に、ほくほく食感は、かなりうまいです。

 

通常のポテチとは、全くの別物ですね。

食感にしても、味わいにしても、すべてが深いです。

 

原材料やカロリーなど

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、パーム油、米油、ぶどう糖、デキストリン、岩塩、たんぱく加水分解物、粉末油脂、米粉、ごま油、チキンパウダー、唐辛子、昆布/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、(一部に乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む)

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー316kcal、たんぱく質3.3g、脂質18.6g、炭水化物33.9g、食塩相当量0.6g

 

じゃがいも心地<一番搾りごま油と岩塩>

 

じゃがいものホクホク感に癒されるくらい、食感が秀悦です。

それに、ごま油が絶妙なので、ポテチのうまさを十分に味わうことができます。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ