foods、drink

本当に贅沢だった…まるっきり違いが分かる、ポッキー贅沢仕立て、感想

ポッキー贅沢仕立てのパッケージ

 

贅沢って言っちゃうところが面白い。

と思うのですが、食べてみると分かります。

 

確かに贅沢になっていますよ、このポッキー。

始めの食感から、味、鼻に抜ける濃厚な香りまで、まるっきり違います。

 

ポッキー贅沢仕立てレビュー

 

とにかく始めの印象が濃厚。

通常のポッキーとは、香りも甘さも味も全然違うのが、はっきり分かります。

 

別物です。

贅沢と、いっちゃうだけはあります。

 

逆に甘いものが苦手な人は、ムッときてしまうかもしれませんね。

それくらい濃厚になっているので、きっとブラックコーヒーと相性がいいと思いますよ。

 

見た目も太い↓

 

ポッキー贅沢仕立てのポッキーは太い

 

小分けの袋に2本だけ、この太いポッキーが入っています。

ちょっと少なすぎる感じがするかもしれませんが、チョコの厚みがまず違うんです。

 

ポイント

チョコの量が1本あたり3.8倍

 

ということは、1本で通常のポッキーチョコレートの、約4本分を食べられることになるのです。

チョコとしては、1袋で7本分ってことになります。

 

ポッキー贅沢仕立てはチョコが3.8倍

 

カリっと食べてみて、縦にして見るとよく分かりますよ。

土台になっているビスキュイの、まとっているチョコの層が、とにかく厚いのです。

(ビスキュイとは、スポンジ生地とか硬い焼き菓子の意味。ポッキーの土台の部分ですね。)

 

その土台についているチョコの層が厚いので、食感も楽しくなっています。

 

ポッキー贅沢仕立ての食感

チョコの部分が厚い分、しっとりとした食感を感じる部分が長く、

それから、サクッとした食感がくるのです。

 

しっとりの部分のチョコの厚みが、通常のポッキーと全然違うので、食感も楽しく、贅沢になっています。

 

ポッキー贅沢仕立ての贅沢

ポッキー贅沢仕立ての味は濃厚

 

味の決め手はこの2つ。

ポッキー贅沢仕立てのポイント

  • ミルクショコラ
  • 発酵バタービスキュイ

 

まずミルクショコラの味が口いっぱいに広がります。

そして、カリッときた時に、バターの濃厚な香りが混ざり合って、とにかくおいしい。

 

あっ贅沢。

って思わされてしまいます。

 

ビスキュイの棒の部分もさっくさくだし、バターもガツンとくるし、ミルクチョコも濃厚なのか、ミルクとチョコの組み合わせがいいのか、とにかくおいしい。

 

「濃厚なミルクチョコレートに、発酵バターが香るさっくりビスケット」

これに嘘はありませんね。

 

発酵バタービスキュイ、ミルクショコラなんて、名前からしておいしいですし、

上質な組み合わせとも書いてありますけど、まさにそれです。

 

ポッキーチョコレートとは、別物だと思って間違いありません。

 

原材料やカロリーなど

ポッキー贅沢仕立ての原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖(外国製造、国内製造)、小麦粉、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳糖、ショートニング、小麦たんぱく、ミルクシーズニング(生クリーム、脱脂粉乳、乳糖、砂糖)、発酵バター、食塩、バター加工品/乳化剤、膨脹剤、香料、調味料(無機塩)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

 

栄養成分表示1袋(標準12gあたり)はこちら(推定値)

エネルギー65kcal、たんぱく質0.99g、脂質3.6g、炭水化物7.2g、食塩相当量0.072g

 

発酵バターを練りこんださっくりとしたビスキュイに、
ミルクチョコレートをたっぷりとまとわせた、
まろやかでコク深い味わい

 

1袋に2本しか入っていないのも憎いですね。

1本を贅沢に味わうって感じがして、演出的にもいいです。

 

来客とかあった時に、コーヒーに1袋添えてあげると、喜んでもらえると思いますよ。

贅沢な時間を一緒にすごしてみては、どうでしょうか。

 

ポッキー贅沢仕立てをそえてコーヒーを出す

 

箱の方は8本入りですが、20本入りもあります↓


 

他にも2種類の味がありますよ。

 


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ