本記事には広告も含まれています。

foods、drink

たけのこの里が好きな理由が語れるのか?

たけのこの里

 

きのこの山派か、たけのこの里派かで、なぜか盛り上がれる珍しいお菓子ですよね。

まれに熱く語ってくる人も、いたりいなかったりしますけど、私は語ろうと思えば、そこそこ熱く語れる派です。

 

どうでもいい話しなんですけど、わたしとしては、断然たけのこの里派なんですよね。

味はたけのこの里の方が、すごく美味しいと思っています。

 

ですが、食べたいと言いますか、気持ちよく食べられるのは、きのこの山だったりします。

その違いは、手づかみして、手が汚れるか汚れないかだけの違いだったりするんですけど。

 

ですから、たけのこの里は、美味しいんですけど、意外とクッキー部分が若干粉っぽくて、あまり気軽に食べたくなかったりしてしまいます。

といっても、そこを我慢して、たけのこの里を食べるんですけどね。

 

ポテチは箸で食べますけど、チョコ菓子はなぜか手で食べてしまうので、自分でも謎な部分です。

 

たけのこの里を語ります

たけのこの里、パッケージ

 

たけのこの里の匂いって、好きなんですよね。

チョコレートは当然として、クッキーの香りもしっかりとしているので、すっごく美味しそうな香りを放っています。

 

それに、ミルクチョコレートの、ミルクの香りもすごくいいんです。

さすがmeijiさんって感じがしてしまいます。

 

ミルクでチョコレートを美味しくしている、森永さんのダースの香りにも、引けをとらない感じがするんですよね。

 

たけのこの里の香りは、ダースにも負けない

 

そして、ゴリっとするくらいの、ちょっとした噛みごたえがあるところも、何とも言えない美味さがあります。

ザックザックリとした食感で、食べてる!って感じの食感もあって、その辺も楽しいんですよね。

 

かと思えば、サクサクっとした優しい食感の部分もあったりして、クッキーの食感がとにかく面白いです。

噛むことすらも楽しくさせてくれるのが、たけのこの里って感じですね。

 

たけのこのの食感は楽しい

 

ですが、噛みはじめの味は、そこまで味が広がりません。

ザクザク噛んでいって、ようやくまずやってくるのが、不思議とクッキーの味なんです。

 

ミルクチョコレートが表面にかかっているにもかかわらず、落ち着いたクッキーの味が、まずはじめに味わえるんですよね。

それから、ミルクチョコレートの濃厚な味が、一気にやってきます。

 

多分ですけど、チョコの部分の口どけが若干遅いんだと思います。

なので、まずクッキーのほんのり香ばしい味があってから、口どけし出したタイミングで、ミルクチョコレートの味が一気にやってくるんだと思います。

 

たけのこの里のクッキー

 

ミルクチョコレートの味が広がり出すと、甘さもそうですけど、一気に濃厚になるので、その勢いと濃さときたら、すごいですよね。

しかも、ミルク感がすごく濃厚です。

 

ミルク!って感じが全面に出てきますし、後味もミルクの濃厚さを物語るくらい、主張しています。

ミルクとチョコと、クッキーの混ざりあった味も、すっごく美味しいですし、それぞれの素材の味をちゃんと味わえて、なおかつ混ざりあった味も楽しめる、そんな楽しさが、たけのこの里にはあるんです。

 

ですから、断然たけのこの里が美味しいと思います。

まさにこれです↓「おいしさがとまらない!」

 

たけのこの里は、おいしさとまらない

 

たけのこの里は、甘さも強いので、ちょっとやる気を出したい時や、勢いをつけたい時に食べたくなりますね。

 

頭がシャキっ!て感じになる甘さなので、何かを学ぶときにもおすすめしたいチョコ菓子です。

 

原材料やカロリーなど

たけのこの里、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、小麦粉、全粉乳、カカオマス、ショートニング、鶏卵、植物油脂、ココアバター、卵白、マーガリン、アーモンドペースト、乳糖、脱脂粉乳、食塩、クリーミングパウダー、麦芽エキス/乳化剤、膨脹剤、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示 1箱(70gあたり)はこちら

エネルギー383kcal、たんぱく質5.5g、脂質22.8g、炭水化物38.9g、食塩相当量0.4g

 

たけのこの里

 


 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink