foods、drink

胃で働く乳酸菌、明治プロビオヨーグルトLG21のドリンクタイプアロエレビュー感想

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエのパッケージ

 

明治のプロビオヨーグルトは何種類かあって、その中の1つが、LG21というヨーグルトになっています。

ちなみに、プロビオとは、明治の独自研究で生まれた、新たな健康価値を創造する商品に、つけられているみたいですよ。

 

R-1もプロビオヨーグルトですが、R-1とは違う乳酸菌を使っていて、LG21乳酸菌が入ったヨーグルトになっています。

味もまた違った味になっていますよ。

 

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエ

 

開封時には、ヨーグルトというよりは、アロエのいい香りがします。

 

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエ開封

 

飲み始めは、アロエの香りが強く、酸味が割と強いです。

ですが、飲み慣れてくると、アロエに慣れてくるのか、アロエの感じが弱くなってきて、ヨーグルト感をしっかり味わえるようになります。

 

始めは酸味を強く感じますが、すぐに甘みを感じられるようにもなりますよ。

味としては、甘いは甘いですが、酸味もしっかりあるので、甘酸っぱいアロエって感じになっていますね。

 

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエの中身

 

アロエの香りと甘さがあっても、酸味もしっかりあるので、甘ったるくなくスッキリした味わいです。

程よい甘さと酸味で飲みやすいですし、一口ごとの最後で、ミルクの風味をフワって味わえたりする場合もあります。(たまにですが。)

 

それが、また何とも言えないうまさだったりするのですが、毎回は味わえません。

優しい甘さに、スッキリする酸味、ときどき現れるミルクの風味。

 

味の変化もいいですし、飲みやすく飽きにくい味だと思います。

ヨーグルトの味だけでは、なかなか飲みにくいって人に、おすすめですね。

 

ふたで明治だと分かる特徴

ふたの開けやすさで、明治だってことに気づきます。

R-1のレビューで、散々書いてきましたが、メーカーを意識していなくても、触った感じと開いた感じで、これは…。

 

やっぱり明治か!って分かります。

 

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエのふたも開けやすい

 

このふたは、高さが低いんですよね。

しかも、触った感触が違います。

 

そして1周させるまでもなく開いてくれます。

meijiの文字が、逆さまになる手前の時点で開きますよ。

 

LG21乳酸菌とは?

LG21乳酸菌は、胃酸に強いという特徴があります。

それだけではなく、胃酸の中でも増殖性が強いのです。

 

通常の乳酸菌は、胃酸に負けてしまうのですが、LG21乳酸菌は胃でも生き残るんです。

なかなかに強い乳酸菌です。

 

2500種類の中から、約2年かけて見つけられた乳酸菌で、

「21世紀への希望」という想いが込められているそうですよ。

 

 

原材料やカロリーなど

明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプアロエの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、濃縮アロエ葉肉汁/安定剤(ペクチン)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、茶抽出物、香料、酸味料

 

栄養成分表示 1本(112mlあたり)はこちら

エネルギー52kcal、たんぱく質3.4g、脂質0.6g、炭水化物8.3g、食塩相当量0.12g、カルシウム125mg

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ