片づけ、整理、掃除術

掃除が楽でも何もない部屋では、来客時に寂しすぎる問題を解決

掃除が楽でも何もない部屋では、来客時に寂しすぎる問題を解決

来客時に部屋の雰囲気を変える方法

 

掃除をなるべくしたくないと思えば、モノを処分したり、持たないようにしますよね。

そうすると、当然ですが部屋が殺風景になってしまいます。

 

自分ひとり、または家族で過ごす場合は気にならないと思いますが、友人が来たりなどの来客があった場合、どうしても居心地が気になってしまうと思います。

 

そんな殺風景な部屋では、ちょっと相手の居心地を気にしてしまったり、何もなさすぎて恥ずかしいみたいな、そんな感じになることもあるかと思います。

何もなくても部屋のデザイン自体で、いい雰囲気である場合は別ですが。

 

確かに掃除には苦労しない部屋だけど、ちょっとこれは、あんまりかな?

そんなふうに思っていたら、読んでみて下さい。

 

その対策を考えてみました。

 

その小物は、自分のためか他人のためか?

 

部屋が、あまりにも殺風景にならないように、飾りモノを置いたりすると思うのですが、その小物は、自分のための飾り物なのか、それとも誰か来た時のために、いい部屋だと思ってもらいたいために、飾っているのかどちらでしょうか。

自分が普段から気持ちよく、雰囲気良く過ごすためならまだいいのですが、いつ来るかも分からない他人のために、部屋をよく見せるためだけに飾っているのなら、掃除も面倒になってしまいますよね。

 

それに、せっかく人が遊びに来ても、小物に埃がかぶっていたら、逆効果になってしまいます。

それなら、人が遊びに来た時だけ飾った方がまだマシです。

 

小物のせいで、普段の掃除もしなくなる

飾るなら自分のために、そして掃除が苦ではない場合にかぎった方が、部屋をきれいに保てます。

小物があることで、掃除が嫌になることがほとんどですから。

 

小物の掃除までしなければいけないと考えると、とたんにやる気がなくなりますし、面倒くさくなります。

埃がかぶりすぎたものは、拭いたりと手間がかかりますからね。

 

それを考えると、通常の掃除も、やりたくなくなってしまう場合もあります。

掃除が嫌いなら、面倒ではない部屋にしといた方がいいと思いますよ。

 

飾ったりするモノは、必ず埃が被ります。

汚くなります。

 

あなたを悩ませるくらいなら、普段は何もなくていい

始めは雰囲気よかった飾りモノでも、埃のせいで雰囲気が悪くなるモノに成り下がります。

あなたを悩ます存在に成り果てます。

 

そうならないためにも、モノを飾る場合は、考えた方がいいです。

普段はなおしているけど、来客がある時だけ、部屋がよく見えるようにすることもできますよね。

 

あらかじめ飾るモノを収納BOXに収納しておき、来客時だけ取り出すのもひとつの手です。

そうすれば、常にきれいなモノを見せることができます。

 

部屋に何もないと、人が来たときに、ちょっと…って思うなら。

試してみてください。

 

 

来客用の小物収納BOXをつくる

 

日本では、おもてなしを強く意識してしまう人が多いので、来客の居心地の良さも考えてしまうと思います。

お邪魔すると、お茶や茶菓子が普通に出てきたりしますからね。

 

普段の掃除を楽にするため、小物などの掃除に時間を奪われることのないようにしているなら、普段は殺風景でも問題ないですが、来客の時には、何もないと寂しい部屋に見えたりしがちです。

来客の時くらいは、部屋をいい感じに見せたいとか、居心地よくなってもらいたいとか、そんな気持ちがある場合。

 

小物2、3個で十分、雰囲気は変わる

そんな時には、来客用の小物収納BOXをつくって、飾るモノを何点か入れておくことで解決できます。

来客の時だけ、活躍するモノたちです。

 

要所要所に2、3個あれば、十分部屋の雰囲気は変わります。

置く場所を、あらかじめ決めておいて、さっと飾れば終わるので、そんな手間でもなんでもありません。

毎回掃除をしなければいけないより、はるかにマシですよね。

 

それに「あっ散らかってるから、ちょっと待って」と、片づけを始めるよりはいいと思いませんでしょうか。

 

「ちょっと部屋をメイキングするから待って」と、言ってみましょう。

ん?と考えさせているうちに、1分もかからず、もてなせると思いますよ。

 

飾っておくなら、手のかからないモノ

それも面倒なら常に飾るモノは、掃除が苦ではないかどうかで、判断するといいと思います。

ひとつふたつくらいで十分ですけど、それでも手のかからないモノがいいですよね。

 

そして、部屋にひとつふたつの置物にしておけば、視線をそこに誘導することもできますし、その家のこだわりを演出することもできます。

 

少しの置物だからこそ、きっとこう思うと思います。

片づけられたきれいな部屋なので、置いてあるモノは厳選されたモノなんだろうなと。

 

ごちゃごちゃしていないからこそ、ひとつふたつに絞ることで、そこに目がいき、こだわりを感じさせる部屋にすることができます。

部屋の雰囲気を変えるには、ちょっとした小物を使うことで、簡単に変えることができるのです。

 

しかもそれが自分でも好きなモノなら、気分も上がりますよね。

ですが、問題もあります。

 

問題ポイント

そうやって始めは楽しく飾ったモノでも、飽きてきて視界に入ることも無くなってくる場合があります。

 

好きなモノでも、常にキレイを保てるかどうかで判断

 

好きなモノを部屋に飾ったはいいですけど、今度は埃をかぶってきて汚くなったりします。

その掃除が面倒で、見てみぬふりをすることになっていませんか?

 

一度気になったことは、掃除しないといけないんだけど…、とずっと頭に残り続けてしまいます。

それに、どんなに高価なモノであっても、埃をかぶってしまうと、ただの汚いモノに成り下がってしまいます。

 

しかも、カッコ悪くなってしまう。

ショーケースに入れているなら別ですが、そうでないなら、定期的な掃除は必須です。

 

定期的に掃除ができるモノかどうか

その掃除が、できるモノかどうかで、普段から飾る飾らないを決めてもいいと思います。

定期的に掃除をしても苦ではないモノなのかどうかです。

 

それすらも嫌なら、始めから飾らないようにした方がいいです。

飾っているモノに、埃がかぶっていることこそ、部屋の雰囲気が悪くなり、汚く見えるものはありません。

 

あなたの部屋のモノはどうでしょうか。

思い出の写真とか動かさないので、特に埃をかぶっていることが多いですよね。

 

そんなふうになってしまう前に、考えておいた方がいいかと思います。

 

「シンプル」と「何もない」は違う

 

家自体が、いい雰囲気の作りであれば、何もなくてもシンプルでいい雰囲気となりますが、そうでない場合は、ただ寂しい感じを与えるだけになってしまいます。

ですから、何もなくてもいい部屋なのか、ダメなのかは見極めなければいけません。

 

シンプルな部屋がいいと思って、モノをなくしてみても、なんか違うと思ったら、来客用収納BOXを検討してみてはいかがでしょうか。

 

常に飾っておきたい雰囲気を明るく変える小物のオススメ

雰囲気を明るく変える小物のオススメ

部屋の雰囲気を、単品でパッと明るくするオススメは、「花」ですね。

 

花がある家は、それだけで違って見えます。

心に余裕のある豊かな家って感じがしませんか?

 

ポイント

まず心に余裕がない人は、そもそも花を飾ろうと思いませんし、ちょっとした手入れ(水を変える)もやりません。

 

消耗品の花は、定期的に買いに行かなければいけませんので、買いに行く余裕を感じさせられることもできます。

ですから、優雅さが出るんだと思います。

 

きっと花を飾らない人が多いというのも、そう見える原因になっているのだと思います。

花は、華やかさにプラスして、豊かなイメージを持ってもらいやすいのです。

 

キチンと整えられた部屋に、花があると目がいきますからね。

豪華な花でなくても、一輪の花がポツンとあるだけでも全く違います。

 

それに今では、花のサブスクもありますので、気になるなら試してみてはいかがでしょうか。

お花の定期便

花は好きで飾っておきたいけど、買いにいく暇もないし、選んでいるような余裕もないって思っていたらオススメです。

お花屋さんが、毎週あなたのもとへ、旬のお花をアレンジして届けてくれますよ。

 

部屋に花があるだけで、印象は全く違うものになりますので、あなたの心の豊かさにも一役買ってくれると思います。


今回はどんな花が、ポストに届いているのか、楽しみを増やすこともできますね。

 

まとめ

 

何もない部屋は、寂しさを感じさせてしまいがちですので、来客時だけでも、ちょっとなんとかしたいと思ったら、普段はなおしておく来客用収納BOXをつくって活用してみてはいかがでしょうか。

来客時だけ飾る小物なので、常にきれいを保てますし、普段の掃除に影響を与えません。

 

普段の花だけでもいいかもですが、来客時にだけでも、自分のこだわりのモノを、ひとつふたつ飾れるようにしておけば、殺風景な部屋とは思われなくて済むと思います。

 

-片づけ、整理、掃除術

© 2021 e-きっかけブログ