本記事には広告も含まれています。

foods、drink 生活ヒント

「カップラーメンは太りやすい」は嘘、カロリーみると分かります。

「カップラーメンは太りやすい」は嘘

 

カップラーメンは、太りやすいよね

なんて、聞いたことがあると思います。

 

もしくはそれを信じて、なるべく食べないようにしているかもしれません。

ですが実際には、そんなことはありませんってことを解説していますので、興味のある方は読み進めてみて下さい。

 

カップラーメンは炭水化物の塊だから太りやすい?

 

カップラーメンの栄養成分表示をみると分かりますが、炭水化物の量が多く表示されていると思います。

ですから、イメージ的には、太りそうな感じがしてしまいますよね。

 

ですが、そもそもの話し、炭水化物が多いかそうではないかで、太りやすい太りにくいという判断をするのは間違いです。

太りやすいと思ってしまうのは、ただのイメージですし、実際に太ってしまうのは、カロリー摂取が、カロリー消費を上回っているだけの話しなのです。

 

ですからカロリーには、炭水化物由来なのか、たんぱく質由来なのかなどは、全く関係がありません。

太りやすいのは、ただのカロリーの摂り過ぎ、食べ過ぎだったというだけの話しなんですね。

 

なぜなら

ココがポイント

食べなければ、絶対に太れませんので。

 

私も経験あるのですが、食うに困る状態が、1年ほど続いた時期がありました。

1日1食、食べられたらいいなんて日も多々あり、普通の体形だったのですが、みるみる頬はこけて、あばら骨とかも見えるような感じになったこともあります。

 

ですから、炭水化物がどうこうではなく、たくさん食べられる環境が、「太りやすい」を作り出しています。

 

それに余談ですが、太れるということは、それだけ食べ物にお金を使えるということですから、十分お金持ちともいえますよね。

お金がないと、まず太れません。(本当です)

 

家賃や光熱費、仕事で必要な物などを買っていくと、はじめに意外とお金を使います。

しかも歩合制だったりすると、なおさらで、食べ物にまわせるお金がないのですから、痩せることはあっても太ることはあり得ません。(経験済)

 

ですから、炭水化物をどうこう言う前に、食べ過ぎていないかどうかが、太ってしまうかそうではないかでは重要になります。

 

炭水化物ではなくカロリーをみることが大事

炭水化物ではなくカロリーをみることが大事

 

カップラーメンは、カロリー高そうですけど、意外とそうでもありません。

代表的な日清のカップヌードルですが、1食スープまで飲んでも351kcalです。

 

味噌味は385kcalですし、シーフードにいたっても340kcal、カップヌードルのカレーになると、ちょっと高めですが、それでも422kcalです。

他にも、たくさんのカップラーメンがあります。

 

ラ王(醤油412kcal)

チキンラーメン(どんぶり386kcal)

カップスター(醤油302kcal、豚骨361kcal)

まるちゃん正麺(味噌454kcal、しょうゆ395kcal)

クッタ(醤油345kcal、みそ378kcal)

スーパーカップ豚キムチ(465kcal、MAXとんこつ541kcal)

各メーカーでもいろいろな種類がありますが、意外と大したカロリーではありません。

 

これに、白ご飯やチャーハン、餃子、デザートなどを摂り入れていくと、総合的にカロリーが多くなってしまうのです。

カップラーメンが太りやすいと言うわけでは、決してありません。

 

とはいっても、カップラーメンが太るわけではないからといって、ラーメンばかり食べるのは、体にはよくないです。

バランスを考えて食べることが重要なのは当然ですが、ここでは、カップラーメンは太りやすいかどうかを解説しているので、その点には触れていません。

 

何をもってカロリーが低いといえるのか?

カップラーメンは、1食だいたい約300~500kcal(スープまで飲んで)になりますが、なぜカロリーがそこまで多くはないと言えるのかといいますと、1日の推定エネルギー必要量からみた場合、そこまで多くはありませんということです。

年齢別、活動レベル別で違ってはきますが、どれくらいのカロリーを1日摂ればいいのかという目安が、推定エネルギー必要量になっています。

 

ちなみにですが、12~49歳までの、身体活動量が低い男性で、推定エネルギー必要量は1日、約2300kcal~2500kcalになっています。

ですから、それをふまえると、カップラーメンを毎食食べたところで、大したカロリー摂取にはなりませんということです。

 

気をつけなければいけないのは、炭水化物の量ではなく、総カロリー摂取量です。

これが、1日の消費カロリーを超えてしまうと、余った分のエネルギーは、脂肪細胞として体に蓄えられることになります。

 

炭水化物を減らして食物繊維を摂ろうも嘘

 

炭水化物は、糖質と食物繊維に分かれます。

ですから、食物繊維が多い食べ物も、炭水化物が多くなるのです。

 

炭水化物を減らして、食物繊維をたくさん摂りましょうというのは、おかしな話なんですね。

正確には、糖質を減らして、食物繊維の多いものを摂ろうが正解です。

 

ですが、1日の消費カロリー内であれば、糖質をどれだけ摂ろうが、基本的に太ることはありません。

 

炭水化物をたんぱく質に置き換えても太ります

 

たんぱく質は太りにくいというイメージがありませんか?

ですがそれも、間違いです。

 

ココに注意

実はたんぱく質と炭水化物のエネルギー(カロリー)は、グラム当たり同じです。

どちらも1g当たり4kcalになっています。(ウィルバー・アトウォーターのカロリーメーターから算出)

 

ですから、炭水化物で摂っていたカロリー分を、たんぱく質に変えたとしても意味はありません。

もちろんですが、消費カロリーを上回ってカロリーを取る場合の話しですが。

 

ちなみに脂質は、1g当たり9kcalになりますので、脂質の少ない物が、カロリーとしては低くなります。

 

プロテインダイエットの真実
プロテインダイエットの真実、痩せるとは限りません。実証済

続きを見る

 

まとめ

 

カップラーメンは、スープまで飲んでも、1食だいたい約300~500kcalです。

1日の推定エネルギー必要量は、目安として12~49歳までの、身体活動量が低い男性で、1日約2300kcal~2500kcalになっています。

 

そのことから考えても、そこまでカロリーが高いとは言えません。

問題なのは、カップラーメンよりも、炭水化物がどうのこうのよりも、総摂取カロリーを気をつけておけばいいという事になります。

 

ポイント

気をつけなければいけないのは、総カロリー摂取量

ですから、カップラーメンを毎食食べたとしても、大したカロリーにはなりませんということです。

 

健康上ではよくないので、その辺は注意が必要だと思いますが。

 

追記

あまり食べていないんだけど…というのは、その人にとっては、あまり食べていないということです。

食べる量の基準が人それぞれ違いますので、あまり食べていないのに太ると言う場合、食べている内容を一度書き出してみて、客観的に見て見た方がいいと思います。

 

ダイエットで痩せるための確実な絶対条件は、たったの1つです
ダイエットで痩せるための確実な絶対条件は、たったの1つです。

続きを見る

 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink, 生活ヒント