foods、drink

単純構造だけど、ずっと食べ続けられる美味しさ、クランキービスケットのレビュー感想

クランキービスケットのパッケージ

 

パフが入った、サクサクしっとりとした食感の、クランキーチョコレートを、ビスケットで挟んでしまった商品ですね。

なんてこと!

 

スモアみたいな、キャンプでやりそうなことを、やっちゃってる感じですね。

ロッテのクランキーチョコレートには、こんな使い方もあったみたいです。

 

クランキービスケット

 

箱を開封すると、中はこんな感じになっていました。↓

 

クランキービスケット開封

 

きっと元は、きれいに並んでいたんだと思います。(多分)

が、一体何が起きたのかは分かりませんが、こんな状態でした。

 

クランキービスケットは活きがいいみたいです。

 

クランキービスケットは個包装

 

クランキービスケットのいいところは、まず個包装されているところですね。

個包装になっているので、持ち歩けますし、誰かとシェアもしやすいです。

 

ただ一応チョコなので、夏場は持ち歩きにくいかもですね。

でもよくよく考えてみると、ビスケットに挟まれているので、案外チョコが溶けても大丈夫かもしれません。

 

見た目は、まんまビスケットですね。

でも結構おしゃれな形をしています。

 

クランキーのパフチョコを、挟んだという単純な形なんですけど、いい感じです。

 

クランキービスケット

 

クランキーチョコレートと、ビスケットを組み合わせて、二重で美味しいみたいな感じですね。

ひとくちサイズで食べられるけど、大きさ的にふたくちくらいで食べたいような、そんな大きさです。

 

香りは個人的に、そこまで美味しそうって感じはしないんですよね。

ちょっと変わったチョコの香りで、甘さの中に、焼き菓子のほんのりとした独特な香りが混ざって、落ち着いているといいますか、あまり主張していない香りをしています。

 

食感は、クランキーチョコを、ビスケットで挟んだことで、よりサクサクになっていて、とても気持ちがいいです。

外も中もサックサクで、まさにサクサク感ギッシリですね。

 

たまにコリってするのは、硬めの香ばしいパフだと思いますが、食感が一瞬変わって、それも楽しいです。

全体的にサクサク感が強いので、チョコのしっとりした感じは薄くなっていますが、それがクランキービスケットの良さですね。

 

クランキービスケットは、クランキーチョコをビスケットで挟んだ単純な形

 

心地よい甘さで、ずっと食べていられる甘さです。

クランキーチョコだけですと、ずっと食べ続けるのは厳しいですが、ビスケットで、挟むことによって、甘さがまろやかになっているんですよね。

 

そして最後に、ちょっと強めの塩っけが出てくるので、そのせいもあるかもです。

味は、抜群にうまいです。

 

1箱8枚入ですけど、全然足りないくらいのうまさですね。

口の中が、幸せになりますよ。

 

原材料やカロリーなど

クランキービスケット原材料やカロリーなど1

 

原材料はこちら

小麦粉(国内製造)、砂糖、ショートニング、全粉乳、小麦全粒粉、カカオマス、植物油脂、ココアバター、モルトパフ、脱脂粉乳、液卵、食塩、モルトエキス/膨脹剤、乳化剤(大豆由来)、トレハロース、香料、着色料(パプリカ色素、カラメル、クチナシ)

 

クランキービスケットクランキービスケット原材料やカロリーなど2

 

栄養成分表示 1枚(11gあたり)はこちら

エネルギー57kcal、たんぱく質0.8g、脂質2.8g、炭水化物7.0g、食塩相当量0.071g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ