foods、drink

まじでうまい…ファミリーマートの冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)レビュー感想

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)のパッケージ

 

ファミリーマートのスイーツです。

ファミマのスイーツって、あんまりハズレがないんですよね。

 

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)

 

開封時の香りは、クロワッサンというより、シュークリームっぽい感じです。

そして形としては、クロワッサンっぽいのですが、表面の見た目や質感が違う感じなんですよね。

 

そのワケは、パッケージに書いてありました。

ダマンド生地をのせて焼き上げている。

ダマンド生地とは?

アーモンドのクリームでつくる、タルトの土台に使われる生地です。

 

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)は、シュークリームっぽい香り

 

ですから、質感が違ってみえたんですね。

開封時から、香りなどが商品名と違う感を漂わせていますが、食べるとそんなことは関係なくなります。

 

物凄くおいしいです。

半分に切ってみると、シュークリームと違って、空間なくギッシリとクリームが詰まっています。

 

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)の中は、ぎっしりとクリームが詰まってます

 

半分に切ったので、真ん中から食べたのですが、クロワッサンの表面は、メロンパンっぽい食感があり、冷やしているからか、クロワッサンの層はしっとりとしています。

そして、カスタードホイップと出会った時のうまさと来たら、感動です。

 

一気に味が変わります。

バニラの爽やかな香りとともに、甘さが口いっぱいに広がって、なめらかなクリームが、シュワァって口溶けしてく感じも、たまらなくうまいです。

 

クロワッサンの独特なもっちり食感に、なめらかなふわふわなクリームが、抜群にあっています。

冷やしているので、クリームの見た目が、若干硬そうに見えるのですが、口の中で消えていくんですよね。↓

 

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)のクリームは口どけが素晴らしい

 

しかも、カスタードホイップの味が美味すぎて、文句のつけどころがないです。

それに、クロワッサンのほどよい甘さに、カスタードホイップの甘さが加わっても、下品な甘さにならずに、ちょうどいいんですよね。

 

クロワッサンの両端部分には、カスタードホイップは入っていないのですが、そもそものクロワッサンが美味いです。

しっとりとした食感で、しっかりしているので、噛み締めたくなる弾力があります。

 

香りもいいですし、甘さのあとにくる塩っけの感じは、まさに美味いクロワッサンそのものです。

カスタードホイップとクロワッサンが混ざると、クロワッサンの味は、薄まってしまいますが、最後にはしっかりクロワッサンを口の中に残してくれるので、2度美味しい感じになっていますよ。

 

原材料やカロリーなど

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉(国内製造)、カスタードフラワーペースト、ホイップクリーム、バター入りマーガリン、糖類、卵、アーモンドパウダー、マーガリン、パン酵母、発酵風味料、食塩、麦芽エキス、食用精製加工油脂、でん粉、麦芽粉末、バニラシード/トレハロース、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、グリシン、ソルビット、乳化剤、香料、膨張剤、調味料(無機塩)pH調整剤、ポリリン酸Na、イーストフード、ショ糖エステル、酵素、V.C、カロテノイド色素、(一部に乳成分・卵・小麦・アーモンド・大豆を含む)

 

栄養成分表示(1包装あたり)はこちら

エネルギー293kcal、たんぱく質4.3g、脂質19.7g、炭水化物24.5g、食塩相当量0.4g

 

冷やして食べるクリームクロワッサン(カスタードホイップ)の見た目や表面の質感は、クロワッサンぽくない

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ