エンタメでリラックス

ただ見つめているだけが一番怖い、リブートされたチャイルド・プレイのレビュー感想


チャイルド・プレイ(吹替版)

 

1988年からはじまった、チャイルド・プレイですが、そのリブート版が2019年に製作されました。

IT/イット”それ”が見えたら、終わり。の製作陣を迎え、現代にありがちな人形として、新たなチャッキーが現代版の恐怖をつくり出しています。

 

あらすじはこんな感じ

 

大量生産品の、バディという名の人形の一つが、バディ生産工場で働く、パワハラでヤケになった作業員によって、言動や行動などの制限をかけているプログラムを解除され、出荷されてしまいます。

そんなバディ人形が、アンディ(主人公)にプレゼントされることで、悲劇がおこってくるのです。

 

制限を何もうけていないAIを搭載したバディは、自らをチャッキーと名乗り、親友アンディへの想いが、狂気へと変わっていくのです。

 

チャイルド・プレイ感想

 

リブートなので、内容も全くの別物ですね。

チャッキーが…Aiを搭載された、ハイテク人形になっているので、チャッキーの狂気が、身近で、あり得そうな感じになっている点が面白いです。

 

自動学習をしながら、家族と共に成長していく新たな親友として、カスラン社から売り出されたバディという人形。

それが、リブート版のチャッキーです。

 

Iot、音声認識機能もあるので、バディに頼むと、インターネットで繋がれた家電も操作できてしまいます。

まさに自立行動するアレクサ!?ですよね。

 

現代っぽいです。

そんな人形が、プログラムの制限を受けることなく、親友のために、善悪関係なく何でもやってしまうんですから、これは…、殺人人形というより、殺人マシーンなのでは…、なんて思ってしまいます。

 

ある意味、ターミネーターの人形バージョンみたいな。

AIの学習していく内容が、ちょっとヤバい方向にいくと、こんな風になるみたいな感じですね。

 

そんなAIが、自立歩行できる体を手に入れている点が、さらにヤバさを増しています。

インターネットから情報取り放題で、どうとでも学べるはずなのですが、基準はアンディです。

 

チャッキーは、アンディの楽しいとか、嬉しいが全てで、喜んでくれさえすれば、後のことはどうでもいいって感じですから、頼まれていなくても、アンディを傷つける奴は排除して、喜ぶと思ったら何でもやります。

そんな行き過ぎたプログラムになってしまったチャッキーは、アンディさえも止められなくなっていく暴走感が怖いですね。

 

そして、人形が殺人を犯しているとは、誰も思わないので、そこがまた厄介という点が、チャイルドプレイの面白さでもあります。

 

チャッキーの能力は、カスラン社の規模がものを言う?

カスラン社は、人形を作っているだけの割と小さな?会社かと思いきや、全く違います。

ハイテク機器全般を作っている大企業です。

 

なぜなら、バディ人形は、カスラン社製のネットに繋がっているものなら、何でも操作することができるのですが、チャッキーが動かせる物が多岐にわたっているからですね。

車からラジコン、室内温度まで色々です。

 

ですから、チャッキーの能力は、かなりタチが悪くなっています。

自分が動かなくても、人を殺めようと思えば、できるんですから、こわって感じです。

 

チャッキー老けた!?

子供の親友として売り出されている人形の割には、顔がすでに非常に怖いです。

しかも、かっこうはお茶目でも、顔がなんだか随分と老け込んでるんですよね。

 

まさか初代から30年経っているから!?

なんて考えてしまいましたけど、貫禄がマシマシです。

 

子供が喜ぶとは、とても思えない顔をしています。

恐怖を抱かせるには、いい顔してますけど。

 

よりリアルな表情を、可能とするために、今の形になったのかもですね。

そんなバディの顔で、夜ずっと見つめられたら、それだけで、恐怖です。

 

なぜ名前がチャッキー?

アンディにプレゼントされたバディは、アンディのつけた名前を無視して、自らをチャッキーと名乗るのですが、なぜチャッキーなんでしょうねって疑問がわきます。

AIに、もしかすると、工場作業員の意識が、乗り移っている?みたいな感じもするんですよね。

 

通常のバディ人形と違って、なぜか目の色も変わったりしますし、それに、そのチャッキーのプログラム制限を解除した作業員は、自殺しているので、その人の名がチャッキーで、その魂?が乗り移っているのかも!?なんて考えてしまいます。

友達がいなくて、欲しかったとか、自分をバカにしてきた人たちへの恨みもあって、AIがそれを実行しているとか…。

 

ただの考えすぎかもしれませんが。

 

チャッキーの一番怖いシーン

チャッキーが、ただただ見つめているだけのシーンですね。

いろいろと殺っちゃってくれてますが、動かずじっと見つめるチャッキーが一番怖いです…。

 

ホラー映画は、散々観てきましたけど、鳥肌立ちましたからね。

そんな鳥肌が立っている自分にも、びっくりしたくらいです。笑

 

チャッキーは、アンディのベッドの上で、じっと見つめているのですが、どうやってベッドに上ったのか謎です。

身長低いですし、稼働領域の少なそうな手とか見ると、なぜそんなことが出来るんだろうって、不思議なことが多々あります。

 

そこら辺は、見て見ぬふりをするのが、いいのかもです。

気になると、どうでもいいこと考えてしまいますから、ストーリーが楽しめなくなるかも。笑

 

それに、現代版チャッキーの動力源も謎です。

充電しているシーンがないので、充電は自分でUSBか何かつないで充電しているんでしょうかって感じですね。

 

 

このリブートされたチャイルド・プレイは、これはこれで面白いです。

これから、そんなAI人形がうまれて、リアルチャッキーが出てくる可能性もあるかもしれませんね。

 

チャイルド・プレイを今すぐ見られるのは、下記の動画配信サイトです↓

気になったら、チェックしてみて下さい。

動画視聴サービス

配信期限があったりしますので、2021年8月現在でみれるサイトはこちらです。

U-NEXT

アマゾンプライムビデオ

hulu

Netflix

 

アニメは無料動画よりもコスパのいい動画配信サービス
【おすすめ動画視聴6選】映画やアニメの無料動画配信サービスの価格とメリット、デメリット

  見たいアニメが見つかった時に、このアニメを無料でみれるサイトはないかな? って探すじゃないですか。   でも無料サイトを探すほうが、コスパが非常に悪いです。 どうしてもアニメ動 ...

続きを見る

 

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ