本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

キャンプのプロと初心者をわける、たった一つの違いとは?

キャンプのプロと初心者の違い

 

手慣れた感じで、キャンプができたら、かっこいいですよね。

キャンプに慣れているプロみたいな感じで、自分なりのこだわりを出しつつ、なんでもそつなくこなせるみたいな。

 

頼りがいがあるようにも見えたりもすると思います。

ですが、そんなプロのキャンパーっぽくみえるような、何かになりたいがために、がんばるのは大間違いです。

 

みたいな感じの記事になっていますので、ちょっとだけ気になるかも?みたいな感じでしたら、読み進めてみるのもいいかもしれません。

 

そもそもキャンプのプロと初心者の違いは何?

 

イメージ的には、キャンプ歴が長かったり、いろいろなことを知っていたり、動きに無駄がないみたいな、あたふたしていない、そんな感じを思い浮かべるかもしれませんが、実際は…?

 

キャンプ歴が長いとプロ?

キャンプ歴〇年のプロ!

なんて言ったりしますが、プロとは、その分野で高い能力をもっていたり、専門的な技術力をもっていたりする、その道の専門家みたいな人のことをいうので、当然、経験がものを言ったりもします。

テントの設営がうまかったり、火のおこし方がうまかったりなどの、基本的なことはもちろんのこと、いろいろな役に立つ情報を知っていたり、できたりなど、そんな人をプロといったりしますが、実際には、何か作業がうまくできたり、知識が他の人よりもあるってだけのことでしかありません。

 

なぜなら、知識をもっていたり、設営などの作業がうまかったりする人なんて、キャンプを一度もしたことがない人でも、知識をもっていたり、できたりする人は普通にいます。

ようするに、知識豊富な人や、手が器用な人は、思いのほかたくさんいるってことです。

 

しかも、キャンプで使う技術でも、キャンプ歴の長いプロ顔負けの、初心者なんて人もいます。

キャンプ歴が長いといっても、人には器用な人もいれば、不器用な人も当然いるわけですよね。

 

何度やっても、テントの設営がスムーズにいかないとか、火をうまくつけられない、料理がうまくならないなど、得手不得手が当然あります。

器用な人は、たとえはじめての経験だとしても、何でも1回でうまく出来てしまったりしますし、何でもうまくこなせてしまったりします。

 

ですから、キャンプ歴が長いからといって、単純にプロとはいえません。

フェザースティックの作り方がうまい!みたいなことを一つとっても、だからなに?って話にもなりますし、普通にライターやバーナーで付ければいいじゃんって感じにもなります。

 

テントをたてるのが早いとか、手慣れているといっても、別にどうでもいい要素なんですよね。

なぜなら、キャンプに限らずですけど、レジャーでやることの目的は一つです。

 

ココがポイント

それは楽しむことです。

 

キャンプのプロと初心者の違いは、ただ純粋に、キャンプを楽しめているのかどうか、たったそれだけの違いになります。

キャンプを満喫して、楽しんでいたら、それはもうプロのキャンパーと同じです。

 

「何からはじめたらいいのか分からない」という人もいますが、ただ楽しめばいいだけです。

なぜならキャンプは、レジャーでやることですし、楽しむために遊びでやるんですから、それがすべてです。

 

いやいやながら、わざわざやるようなことではありません。

キャンプで飯を食べていく!って感じの職業ではないので、楽しめたらそれは、キャンプのプロってことです。

 

全然、つまらなかった…。

というのは、楽しみ方を知らないのですから、初心者になります。

 

楽しかったといえる人は、キャンプの楽しみ方をしっているので、すでにプロです。

 

プロのキャンパー

キャンプのプロは、キャンプをめちゃめちゃ楽しむ人のことをいいます。

色々と知っていて、何かをうまくできたからといって、レジャーでやることなので、楽しめていなければ意味がないということです。

 

ですから、キャンプをはじめてする人でも、キャンプを楽しめたら、それはもうプロということですね。

技術がどうの?、やり方がどうの?そんなこと、全く関係ありません。

 

経験がものを言ったりする世界もありますが、キャンプの場合、だれでもできるので、経験なんてそんなものはいりません。

手慣れていない感じが、また楽しかったりするので、そこもよかったりもしますし、レジャーでやることなんて、何度もいいますが、楽しめる人がプロになります。

 

キャンプのプロと初心者の違い

プロのキャンパーは、キャンプの楽しみ方を知っている人です。

キャンプ初心者は、楽しみ方が分からない人です。

 

いざキャンプをやってみたけど、どう楽しめば?みたいな人が初心者ということですね。

 

リフレッシュたいとか、休息したい場合でも同じ

ただただ本当に何もせずにいたら、逆に疲れますよね。

結局のところ、だらだらでも何でもいいですけど、体を休めるといいつつも、何かしているはずなんです。

漫画見たり、ゲームしたり、映画やアニメみたり、TVみたり、YouTubeみたりや、自然を満喫したり、焚き火をぼーっと眺めながら火をいじったり、無心で料理つくってみたりと、結局のところ楽しもうとしているはずなんです。

本当に何もせず休息したいなら、ずっと寝てればいいんですから。

 

キャンプの楽しみ方に型はない

 

キャンプの楽しみ方に、型にはまったやり方なんてありません。

火をつけるにしても、ライターでもいいですし、マッチでも着火剤でも、バーナーを使おうが、虫メガネを使おうが、スターターで火をつけようが、なんでもいいのです。

 

ただ重要なのは、自分が楽しめる火のつけ方をすればいいだけのことなので、手段が重要ではありません。

ライターで火をつけるのは邪道なんてことは全くなく、結果は同じですし、その先にある楽しみが重要です。

 

楽しみの一つとして、雰囲気を味わいたいとか、そういった楽しむために、ちょっと違うやり方で、楽しく火をつけてみるだけであって、何かが悪いなんてこともありません。

そもそも楽しむためにキャンプをするんですから。

 

僕らのいうところのキャンプは、職業ではないので、楽しむべきものであって、趣味みたいなものですよね。

常にキャンプをして暮らすなんてことは、ほとんどないと思います。

 

ですから、どんな形であれ、キャンプを楽しめる人が、プロのキャンパーです。

 

うまくできたらプロ、なんてことでもありません。

レジャーなんですから、当然そんなわけありません。

 

キャンプは、失敗も楽しい

失敗がまた、すごく楽しくなるのもキャンプです。

ご飯が焦げた、料理がうまくできなかった?

 

そっちの方が思い出に残ったりもしますし、笑えたりもするでしょう。

そういったことも含めて楽しいんですよね。

 

テントのポールが割れて、どうしようもなくなった時とかに、そういったことに、うまく対処できるのがプロかというとそうでもありません。

なんだかんだで、適当に何とかしますよね。

 

うまく対処できなかったとしても、それも、笑えるいい思い出になります。

むしろ、何も知らない、分からない方が、楽しめたりするんじゃないでしょうか。

 

ルーティンのように、何の変化もない、なんの感情も動かない、ただやっているだけみたいな、淡々とするだけのキャンプになってしまったら、それは、キャンプを楽しめない初心者も同然です。

レジャーですることは、楽しむことのできる人が、本当のプロです。

 

といってもキャンプは、自分だけのものではないので、周りに人がいるなら、マナーは守らないといけません。

 

キャンプは最低限のマナーを守って楽しむ

 

言うまでもないかもですが、周りの人や環境、安全に配慮したり、キャンプ場独自のルールがあるなら、それを守るなど、そういったことは最低限やっておかないと、自分だけ楽しければそれでいい、みたいなやり方はNGですよね。

みんな楽しむためにしているんですから、周りが楽しめなくなるようなことにはならないように、気を付けないければいけません。

 

自分さえ楽しければそれでいいでは、ただの勘違い野郎になってしまいますので、その点の配慮もしつつ、思いっきり楽しむ人が、プロのキャンパーです。

そして、もう一つ付け加えれば、命に関して、常に備えて置く人です。

 

火の管理をしっかりとするのはもちろんですが、他に燃え移らないようにしたり、危険なことをしない、危険なところにわざわざいかないなど、基本的なことができて楽しめていれば、十分にプロです。

それがたとえ、はじめてキャンプをしたとしても。

 

それと、なんでもそうですが、キャンプ中は特に、睡眠に関しては、甘く見ない方がいいと思います。

 

キャンプ時の睡眠は大事

キャンプでは、だいたいテントで寝るかと思います。

グランピングやバンガロといった、ちゃんとした部屋ではともかく、はじめてする人は、意外と気づいていなかったりしますが、テント内といっても、ほぼ外と同じです。

 

布で、外や地面を遮っているにすぎませんので、周りの音がすごくよく聞こえます。

それに、地面の冷えや硬さを直に感じることになります。

 

ですから、寝具のマットだけでもしっかりと選んでおかないと、なかなか寝られなかったりする場合がありますので、その点は、しっかりと考えておいた方がいいかと思います。

せっかく楽しむためにキャンプをしているのに、体がバッキバキとか、疲れが取れていなかったら、本末転倒です。

 

何をするにも、睡眠です。

その点は、しっかりと備えておいても、決して無駄にはなりません。

 

VASTLAND、WAQ、コールマン、フィールドアのマットの比較
4種類のおすすめインフレーターマット10cmタイプを写真で比較(コールマン、WAQ、VASTLAND、フィールドア)

  キャンプマット、どうしよう? 銀マットを引いて、シュラフで寝ればいいかな?なんて、簡単に思っていたら大間違いです。 きっと文字通り、痛い目にあうと思います。   まず家の床で、 ...

続きを見る

 

まとめ

 

プロのキャンパーは、キャンプを大いに楽しんでいる人たちです。

なので、キャンプ歴や技術や知識といったことで、初心者やプロを分けるなんてことは、問題外です。

 

どうにも、その区別をしたがる人は、ただマウントをとりたいだけの人だけだと思います。

キャンプはあくまでも、職業ではなく、レジャーでやることです。

 

やり方なんて、どうでもいいです。

楽しむにもセンスがいるので、自分なりに楽しめる人が、プロってことになります。

 

あと、しっかり眠れるれるように、対策はしましょう。

疲れは、楽しみを奪っていきますので。

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア