本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

キャンプを最後まで楽しくするために甘く考えてはいけない重要なこと編

キャンブを最後まで楽しくするために甘く考えてはいけない重要なこと編

 

キャンプを最後まで楽しくするために必要なことって何?

ここさえ押さえておけば。「キャンプはすごく楽しくなる!」という内容になっていますので、興味があったら、読み進めてみて下さい。

 

キャンプはイメージと違うことが多い?

 

はじめてキャンプをする人にとっては、だいたい頭の中で、こんな感じだろうな、みたいなイメージがあったりすると思います。

それに合わせて、必要なキャンプ道具を揃えたり、もしくは借りたりすると思うんですけど、いざやってみると、意外と思っていたよりも、何かが足りなかったりとかして、不便だったりする思いをすることになります。

 

といっても、ほぼほぼ、調理関係だったり、ちょっとした明かりだったりとかが、主だったりするのですが。

ですが、なんにしても、そういったことも含めて思い出になるので、逆に良かったりもするんですよね。

 

次は、ちゃんと準備していこうとか、逆にこんなに物はいらなかった…とか、勉強にもなったりします。

ですから、不便さがキャンプの醍醐味だったりもするわけなので、そういったことは、ほぼ大したことはありません。

 

そんな中で、ある1つだけの不便だけは、はじめからちゃんと考えておいた方がいいです。

それが、睡眠に関するキャンプ用品です。

 

睡眠に関係するキャンプ用品以外は、実は大したことがない

はっきりいってしまいますと、テントやテーブル、椅子、調理器具などの、そういったキャンプ用品は、季節や環境にもよりますが、大して重要ではないです。

それよりも、1番しんどいのが、寝られないってことです。

 

よくよく考えてみると、地面に寝るんですから、当然なことなのですが、意外と甘く考えがちだったりするんですよね。(私もそうでした…)

グランドシートを敷いて、その上にインナーテントがきて、その中にフロアーマットを敷いたりする場合もあるかと思いますが、それだけしても、はっきりいって寝れたものではありません。

 

ただただ体が痛いです。

ですから、シュラフを下に引いたり、毛布を引いたりとかして工夫するのですが、それでもやっぱり地面は固く(当然)…、意外とキツかったりするのです。

 

そういったことになるので、キャンプ用品で1番重要なのは、寝る時に引くマットです。

これさえちゃんと選んでおけば、キャンプは最後まで楽しいものになります。

 

寝れないとか、眠れなかったというのが、1番こたえますし、楽しくなくなってしまう要素です。

体がだるい中、朝ごはんを作ったり、その後、テントや道具を片付けたりすることになるのです。

 

キャンプは楽しかったけど、なんか疲れた…。

みたいなことが、だいたい、想像できるかと思います。

 

テントで寝てみてはじめて分かること

他にも意外と想像出来ていないと思いますが、テントの中では、家にいる時には気づかなかった、ありとあらゆる音が聞こえます。

本当によく聞こえます。

 

風の音だったり、風が強いと、テントがバタバタと音を立てますし、草や木々がザワザワします。

虫の鳴く音も、いわずもながらで、色んな虫の音が聞こえます。

 

そして、周りにもキャンパーがいる場合には、テントのチャックを開ける音だったり、誰かの歩く音、話し声など、寝ようとすると途端に、今まで聞こえていなかった、色んな音が聞こえてくるんです。

そういうことに敏感な人は、それでもなかなか眠れない、なんてこともあると思うんです。

 

ですから、なおさら地面を感じるようですと、なかなか眠れなくなります。

 

キャンプで重要なのはマットです!

何をおいても、マットは本当に、慎重に選びましょう。

適当に選ぶと、お金の無駄ですし、後悔しかありません。

 

たった1日と思って我慢するのもいいのかもしれませんが、どうせなら最後まで楽しくしたいですよね。

そうでなければ、なんのためにキャンプするのか分からなくなります。

 

たった1日だけなら我慢できると思ってしまいがちですが、そんな状態で、次もキャンプをしたいと思うのかどうかも疑問です。

色々と道具を揃えたあとですと、より最悪ですよね。

 

それに、睡眠が取れなかったことで、次の日、体調が悪くなったら?風邪を引いたら?

家に帰って、またすぐに寝るなら全然いいと思いますけど、そのまま、どこか遊びに行ったりすると、疲れがどっと溜まります。

 

そういう時に限って、体調を悪くするんですよね。(経験済です。)

そういった経験をしてから、マットを買い替えるくらいなら、はじめからいいものを買って置いた方がいいです。

 

その方が、本当にコスパがいいですから。

 

何を置いても睡眠です。

キャンプでの睡眠を甘くみてはいけません。

慣れているキャンパーなら大丈夫ですが、はじめての時は特にです。

 

キャンプは、思っている以上に体を使っていたりするので、疲れます。

ですから、しっかりと休めるように、テントよりも寝具にお金をかけた方がメリットが大きいです。

 

それに、睡眠に直結することですから、ちゃんと寝られるものが、コスパ最強なんです。

しかも、家で使おうと思えば使えますし無駄がありません。

 

いくらコンパクトだからとか、安いからとかで、寝ることが困難なマットだけは、選ばないようにしましょう。

そこだけ押さえておけば、キャンプは楽しいものになります。

 

何か道具が足りなかったとしても、不便なことがあったとしても、大したことではありません。(いい思い出です)

そんなことよりも、ちゃんと寝られるようにしておいた方がいいです。

 

家族がいるなら、なおさらですよね。

何度もいいますが、寝れさえすれば、キャンプは、最高に楽しいものになります。

 

間違いないです。

 

キャンプでおすすめするマット

 

おすすめするのは、10センチ厚みのインフレーターマットです。

地面のゴツゴツ?固い?何それ?って感じで、地面を感じることがありません。

 

めちゃくちゃ優秀です。

下手すると、今家で使っている、自分のベッドよりも気持ちいい可能性すらあると思います。

 

本当に、中途半端な厚みのマットを買うと後悔します。

ですから、はじめから、10cm厚みのインフレーターマットを買いましょう。

 

その方がコスパが断然いいです。

寝れてさえおけば、何でも楽しめますので。

 

VASTLAND、WAQ、コールマン、フィールドアのマットの比較
4種類のおすすめインフレーターマット10cmタイプを写真で比較(コールマン、WAQ、VASTLAND、フィールドア)

  キャンプマット、どうしよう? 銀マットを引いて、シュラフで寝ればいいかな?なんて、簡単に思っていたら大間違いです。 きっと文字通り、痛い目にあうと思います。   まず家の床で、 ...

続きを見る

 

まとめ

 

キャンプで甘く考えてはいけないことは、睡眠です。

よく寝るってことです。

 

それを除いては、ほぼ大したことありません。

ただただ楽しむだけです。

 

ですから、そのためにも、マットだけは、本当に慎重に選んだ方がいいです。

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア